Windows 標準の”Windows ファイアウォール”の管理を容易にするソフト

Windows Firewall Control のアイコン

Windows Firewall Control
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2012/2016
バージョン:
6.0.2.0(2019/03/04)

Windows 標準のファイアウォールを管理しやすくし、”Windows ファイアウォール”の機能を拡張し、4段階のフィルタリングレベルから簡単に選択、変更できるようになるソフトです。
通信の許可/ブロックは、「規則の管理」から設定可能。
規則を追加するには、プログラムを参照して指定したり、ウィンドウをクリックしたり、実行ファイルの右クリックメニューから指定して設定できます。

提供元:

Windows Firewall Control の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ右の「Current version」下の「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wfc5setup.exe)からインストールします。
  3. インストール最初の画面で次の項目が表示されます。
    • Create program shortcuts in Start Menu and Desktop
      スタートメニューとデスクトップにショートカットを作る
    • Start automatically at user logon
      ユーザーログオン時に自動的に起動する
    • Create Windows Firewall Control recommended rules
      Windows Firewall Control 推奨のルールを作成する
    画面右下の「Install」ボタンをクリックしてインストールします。
    インストール

使い方

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動するとコントロールパネル画面(メイン画面)が表示されます。
    左メニューから「Options」をクリックします。
  2. 「Options」画面が表示されます。
    「User Interface language(ユーザーインターフェース言語)」項目下の「English」プルダウンをクリックし、「日本語」をクリックすると日本語化されます。
    ※ 一部英語表記が残ります。

フィルタリングレベルを変更する

本ソフト起動時にタスクトレイicon アイコンが表示されます。
icon アイコンをダブルクリックするか、右クリックして「コントロールパネル」をクリックしてコントロールパネル画面を表示します。
左メニューから「プロファイル」をクリックすると、プロファイル画面が表示され、次のフィルタリングレベルから選択できます。
  • レベル - 高
    すべての受信、送信接続をブロック - コンピュータのすべての接続がブロックされます。
  • レベル - 中(推奨)
    規則に合致しないすべての外部への送信をブロック - 規則によって許可されたプログラムのみ送信が許可されます。
  • レベル - 低
    規則に合致しないプログラムの外部への送信を許可 - 規則によってブロックされたプログラムのみが遮断されます。
  • フィルタリングなし
    Windows ファイアウォールを無効にします - 他のファイアウォールを使用する場合以外は無効にしないことが推奨されます。
初期設定では「レベル - 低」が設定されています。
クリックして選択するだけで、すぐに設定が適用されます。

通知の設定

コントロールパネル画面の左メニューから「通知」をクリックして、通知を設定できます。
  • 中(推奨)
    ブロックされた外部への接続をすべて通知する - svchost.exe およびシステムによって試みられた接続は無視されます。

  • 有効なデジタル署名がされているプログラムのネットワークへのアクセスは自動的に許可され、未署名のプログラムによる接続のみが通知されます。
  • 無効
    通知を表示しない
初期設定では「無効」が設定されています。
クリックして選択するだけで、すぐに設定が適用されます。

規則(ルール)を作成する

タスクトレイの icon アイコンを右クリックして「規則の管理」をクリックするか、コントロールパネル画面左下の Windows ファイアウォールの規則管理 をクリックすると、通信を行っているプログラムとその規則が一覧で表示されます。
名前、グループ、プログラム、場所、有効、動作、方向、ローカルポート、リモートポート、リモートアドレス、プロトコル、サービスの項目が表示されます。

各項目をクリックし、画面右下の「設定」から次の設定ができます。
  • 許可
  • ブロック
  • 有効
  • 無効
  • 削除
  • プロパティ

また、画面右側の「新たな規則を作成」から次の規則作成/ブロックができます。
  • 参照して許可
  • クリックで許可
  • 参照してブロック
  • クリックでブロック
参照して許可、参照してブロックは、実行ファイルを選択して許可/ブロックを設定できます。
クリックで許可、クリックでブロックは、開いているウィンドウをクリックすると、そのプログラムに対して許可/ブロックを設定できます。

設定

次の項目を設定できます。
  • シェルへの統合
    実行ファイルのコンテキストメニューに Windows Firewall Control の通信の許可/ブロックの項目を追加します。
  • ユーザーのログオン時、自動的に起動
    Windows が起動時に Windows Firewall Control を起動します。
  • グローバルホットキー
    「コントロールパネル」、「規則の管理」へのホットキーを設定できます。
  • 外観
    インタフェースの色を赤色、緑色、青色のスライドバーを動かして変更できます。
  • ユーザー設定のインポート、エクスポートまたは復元
    設定内容のエクスポート(保存)、読み込み、または規定値にリセットできます。


更新履歴(英語)

Version 6.0.2.0 (2019/03/04)
  • New: The notifications for svchost.exe include now the service name which generated the blocked connection under the Name. Creating a rule for svchost.exe from the notification dialog will always include the service in the newly created rule.
  • New: Connections Log has now a new column for the Service name which is used by svchost.exe. The lookup is made based on the ProcessID, therefore for older entries, the exact service name can't be detected.
  • Fixed: The width of some strings from Dashboard was extended to display properly when a different language is used.
  • Fixed: Rules properties are not updated in Rules Panel if they are open while changing the user interface language.
  • Fixed: Some group names are not displayed correctly in Rules Panel.

Version 6.0.1.0 (2019/02/27)
  • Fixed: The installer can't continue if another security software is registered in Windows Security Center with firewall capabilities.
  • Fixed: In some cases, the connected location is reported Public instead of Private.
  • Fixed: The uninstall process does not always remove all files.
  • Fixed: The tabs width in Main Panel has a fixed width which prevents the tab name to be displayed completely.
  • Improved: If the PDF user manual is downloaded and placed in the same folder as wfc.exe, when launching the user manual the local file will be opened instead of the PDF file located on the web site.

Version 6.0.0.0 (2019/02/26)
  • New: The user interface was updated to follow the Malwarebytes theme.
  • New: A new Dashboard tab was added which displays the state of Windows Firewall, the status of inbound and outbound connections and the connected Location.
  • New: Multi language support was added in the Options tab. All available translation files are extracted automatically to a subfolder named "lang". Switching the language of the user interface is now easier.
  • New: The user manual was migrated from .chm to an online .pdf file. It can be opened by using the new question mark buttons from the user interface and also by pressing the F1 key.
  • Improved: When changing the profile in WFC, if the inbound connections are allowed, which is a security risk, they will be set to be by default blocked. If they are already set to be blocked or all blocked (through WFwAS) then their status will be preserved.
  • Fixed: The profile reported in WFC might not be accurate on the first run if the outbound filtering has different values for different locations.
  • Fixed: Pressing on "Check this file" in Rules Panel or Connections Log when the program path is empty generates an exception in WFC log.
  • Fixed: The connected location displayed in WFC is displayed as 'VPN' instead of 'Public' when multiple network adapters are active.
  • Fixed: Checking for updates is made through http instead of https.
提供元サイトによる更新履歴はこちら

ユーザーレビュー

  • 5

    バージョン6.0.1.0 ・日本語言語ファイルをダウン…

    いいですね
    いいですね
    投稿数: 11件
    Windows

    バージョン6.0.1.0

    ・日本語言語ファイルをダウンロードしなくても、設定から日本語にできました
    ・CPUの上昇も見られません
    ・不安定さが今のところないです
    ・接続が遅くなったりしない
    ・Malwarebytesなので、ある程度信用がある

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】Malwarebytes は、メジャーリリース版…

    owl
    owl
    投稿数: 299件
    Windows 10

    Malwarebytes は、メジャーリリース版(6.0.0.0)を初公開しました。
    既存ユーザーには、「更新通知」がポップアップされることがあります。
    しかし「新しいバージョンをダウンロードして更新する」を「はい」を選択しても、その直後に通知プロンプト「新しいバージョンへのインプレースアップグレードを実行することは不可能」が表示され、進展できません。

    当アプリ(binisoft.org)を傘下に収めた Malwarebytes は、正常な移行更新を行うため「上書き更新」を否定し、旧版を Remove(手動でアンインストール)後に、公式 Web サイト
    https://www.binisoft.org/wfc.php
    から「Windows Firewall Control 6.0.0.0」をダウンロードする手順のみを有効化しました。

    注:旧版を削除する前に、まずファイアウォールの規則とユーザー設定をエクスポートすることをお勧めします。 [オプション]>[ユーザー設定のファイルへのエクスポート]>[ルール]>[Windowsファイアウォールルールのファイルへのエクスポート]の順に選択します。 それ以外の手法では、既存の規則や設定を失う可能性があります。

    新装されたメジャーリリース版(6.0.0.0)での主な変更点:
    フィルタリングはデフォルトで「低」に設定されています。
    通知は、アウトバウンド接続に対して「無効」に設定されていますが、「通知を表示する」または「学習モード」に変更することをお勧めします。
    インバウンド接続のプロファイル切り替えが変更されました:デフォルトで許可されている場合、ユーザーがプロファイルを切り替えると、着信接続は自動的にブロックされます。
    詳細は、https://www.binisoft.org/wfc.php


    修正版「6.0.1.0 」がリリース(27.02.2019/US 時間)されました。
    https://www.binisoft.org/changelog.txt
    何れにせよ、
    https://www.binisoft.org/wfc.php には「最新版」のみが提示されます。


    当アプリ開発責任者:Alexandru Dicu の Forums(掲示板)
    https://www.wilderssecurity.com/threads/windows-firewall-control-wfc-by-binisoft-org.347370/
    started by alexandrud, May 20, 2013.
    Page 1 of 196 Next >

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    やたら便利ですね!基本的な操作は直感でできます。 フリーソ…

    助かりました
    助かりました
    投稿数: 14件
    Windows 7

    やたら便利ですね!基本的な操作は直感でできます。
    フリーソフトなどをよく使用する方に特に向いているかもしれません。
    通信しているはずがないと思っていたソフトなんかがピョコンと通知でお知らせされるので
    さっそくブロックか許可か簡単に命令できます。
    このソフトを使用する前はネットプロセス監視ソフト等で
    不審な通信がないかチェックしていましたが
    そうなるとブロックするためにHostファイルをいじったり
    セキュリティが強化されたファイアウォールから設定をしたりと
    数手間かかっていました。
    でもこのソフトを導入したあとではその手間が格段に減りましたよ。
    それとこのソフト自体で勝手な動作をすることがないので
    安心して使用できます。
    これだけかゆい所に手が届くのに動作も重くなく大変便利です。
    こんなに良いソフトがあったと知っていればもっと早く導入していたのに(苦笑い)

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Windows Firewall Control に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)