Windows 標準の”Windows ファイアウォール”の管理を容易にするソフト

Windows Firewall Control のアイコン

Windows Firewall Control
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Windows Server 2012/2016
バージョン:
5.4.1.0(2019/01/03)

Windows 標準のファイアウォールを管理しやすくし、”Windows ファイアウォール”の機能を拡張し、4段階のフィルタリングレベルから簡単に選択、変更できるようになるソフトです。
通信の許可/ブロックは、「規則の管理」から設定可能。
規則を追加するには、プログラムを参照して指定したり、ウィンドウをクリックしたり、実行ファイルの右クリックメニューから指定して設定できます。

提供元:
※ v5.4.0.0 より通知機能を無償で利用できるようになりました。

Windows Firewall Control の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ右の「Current version」下の「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wfc5setup.exe)からインストールします。
  3. インストール最初の画面で次の項目が表示されます。
    • Create program shortcuts in Start Menu and Desktop
      スタートメニューとデスクトップにショートカットを作る
    • Start automatically at user logon
      ユーザーログオン時に自動的に起動する
    • Create Windows Firewall Control recommended rules
      Windows Firewall Control 推奨のルールを作成する
    画面右下の「INSTALL」をクリックしてインストールします。
    インストール

使い方

日本語化手順

日本語化言語ファイルを適用することで、日本語で利用できます。
  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ右下の「Select your language」プルダウンをクリックして「Japanese」を選択するとダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードした日本語言語ファイル(wfcJP.lng)をインストールフォルダーへコピーします。
    ※ デフォルトのインストールフォルダー「C:¥Program Files¥Windows Firewall Control」
  3. Windows Firewall Control を再起動すると、日本語表記になります。

フィルタリングレベルを変更する

本ソフトを起動するとタスクトレイに Windows Firewall Control アイコンが表示されます。
そのアイコンをダブルクリックするか、右クリックして「コントロールパネル」をクリックしてコントロールパネル画面を表示します。
プロファイル

プロファイルの内容が表示され、次のフィルタリングレベルから選択できます。
  • レベル - 高
    すべての受信、送信接続をブロック - コンピュータのすべての接続がブロックされます。
  • レベル - 中(推奨)
    規則に合致しないすべての外部への送信をブロック - 規則によって許可されたプログラムのみ送信が許可されます。
  • レベル - 低
    規則に合致しないプログラムの外部への送信を許可 - 規則によってブロックされたプログラムのみが遮断されます。
  • フィルタリングなし
    Windows ファイアウォールを無効にします - 他のファイアウォールを使用する場合以外は無効にしないことが推奨されます。
デフォルトでは「レベル - 低」が設定されています。クリックして選択するだけで、すぐに設定が適用されます。

規則(ルール)を作成する

タスクトレイの Windows Firewall Control アイコンを右クリックして「規則の管理」をクリックするか、コントロールパネル画面左下の Windows ファイアウォールの規則管理 をクリックすると、通信を行っているプログラムとその規則が一覧で表示されます。
名前、グループ、プログラム、場所、有効、動作、方向、ローカルポート、リモートポート、リモートアドレス、プロトコル、サービスの項目が表示されます。
Windows ファイアウォールの規則管理


各項目をクリックし、画面右下の「設定」から次の設定ができます。
  • 許可
  • ブロック
  • 有効
  • 無効
  • 削除
  • プロパティ

また、画面右側の「新たな規則を作成」から次の規則作成/ブロックができます。
  • 参照して許可
  • クリックで許可
  • 参照してブロック
  • クリックでブロック
参照して許可、参照してブロックは、実行ファイルを選択して許可/ブロックを設定できます。
クリックで許可、クリックでブロックは、開いているウィンドウをクリックすると、そのプログラムに対して許可/ブロックを設定できます。

コントロールパネル右下にも同様のアイコンが表示されており、コントロールパネルからでも規則の追加ができます。

設定

次の項目を設定できます。
  • シェルへの統合
    実行ファイルのコンテキストメニューに Windows Firewall Control の通信の許可/ブロックの項目を追加します。
  • ユーザーのログオン時、自動的に起動
    Windows が起動時に Windows Firewall Control を起動します。
  • グローバルホットキー
    「コントロールパネル」、「規則の管理」へのホットキーを設定できます。
  • 外観
    インタフェースの色を赤色、緑色、青色のスライドバーを動かして変更できます。
  • ユーザー設定のインポート、エクスポートまたは復元
    設定内容のエクスポート(保存)、読み込み、または規定値にリセットできます。


更新履歴(英語)

Version 5.4.1.0 (2019/01/03)
  • Fixed: ...(省略)

Version 5.4.0.0 (2018/08/01)
  • New: The notifications system is now available for free and the program does not require activation anymore.
  • New: The installer and the files are now digitally signed.
  • Updated: A new EULA is available when installing the software.
  • Reverted: Secure Rules feature was reverted to the old implementation from version 5.0.2.0. The implementation from versions 5.1.x.x-5.3.x.x creates too many problems than it solves.
  • Fixed: ...(省略)

Version 5.3.1.0 (2018/04/24)
  • New: Added a confirmation dialog before enabling Secure Rules and Secure Profile, informing the users that they should consult the user manual to understand the effects and the side effects of enabling these features.
  • Fixed: ...(省略)

ユーザーレビュー

  • 5

    やたら便利ですね!基本的な操作は直感でできます。 フリーソ…

    助かりました
    助かりました
    投稿数: 14件
    Windows 7

    やたら便利ですね!基本的な操作は直感でできます。
    フリーソフトなどをよく使用する方に特に向いているかもしれません。
    通信しているはずがないと思っていたソフトなんかがピョコンと通知でお知らせされるので
    さっそくブロックか許可か簡単に命令できます。
    このソフトを使用する前はネットプロセス監視ソフト等で
    不審な通信がないかチェックしていましたが
    そうなるとブロックするためにHostファイルをいじったり
    セキュリティが強化されたファイアウォールから設定をしたりと
    数手間かかっていました。
    でもこのソフトを導入したあとではその手間が格段に減りましたよ。
    それとこのソフト自体で勝手な動作をすることがないので
    安心して使用できます。
    これだけかゆい所に手が届くのに動作も重くなく大変便利です。
    こんなに良いソフトがあったと知っていればもっと早く導入していたのに(苦笑い)

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】非常に、有用です! 以下、参考に(抜粋・意訳)…

    owl
    owl
    投稿数: 271件
    Windows 10

    非常に、有用です!
    以下、参考に(抜粋・意訳)
    ghacks.net「Windows Firewall Control is now free」
    ://www.ghacks.net/2018/08/01/windows-firewall-control-is-now-free/
    マルウェア対策ソフトウェアで人気のメーカー「Malwarebytes」は、2018年 6月に「Windows Firewall Control」の binisoft.org を買収しました。
    https://www.binisoft.org/
    2016年には、人気のアドウェア除去ツール「AdwCleaner」
    2015年に、不要と思われるアプリケーションを駆除する「Junkware Removal Tool」を入手しました。
    Malwarebytes は 6月に公式のプレスリリースで発表し、そのコア製品(Malwarebytes)にそれらを統合する予定だった。 同社は、当アプリをスタンドアロンプログラムとしても残し、Malwarebytes のブランドで利用を継続できることを宣言し、既存ユーザーを安心させた。

    「Windows Firewall Control」を最大限に活用するためのヒント:
    https://www.ghacks.net/2018/03/06/windows-firewall-control-tips/

    「Windows Firewall Control」://www.binisoft.org/wfc
    ・Program Overview(概要)
    ・Program Features(特徴)
    ・Known Limitations(既知の制限事項)
    ・Multi language support(多言語互換)
    ・FAQ ://www.binisoft.org/faq

    注意事項:
    Installfile「wfcs.exe」から実装しますが、Windows Defender が問答無用でブロックします。基幹システムへの意図せぬ侵入を防ぐための(Windows Defender の)原則的な Security 対策なので、面倒ですが「許可」が必要になります。


    インターネットトラフィックをフィルタリングするので、PC 運用時に於ける新規のアウトバウンド接続がブロックされ、確認を促す通知がポップアップ表示(可視化)されます。
    学習モードでは、デジタル署名されたプログラムの送信接続は許可されますが、署名のないアプリケーションの通知が表示されます。
    ポップアップ画面右上には「Virus 検査」ボタンが備わり便利です。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    Windows10 FCアップデートにインストールしたところ…

    THX-1139
    THX-1139
    投稿数: 5件
    Windows 10

    Windows10 FCアップデートにインストールしたところ
    インストール直後に同梱の「wfcs.exe」が
    Windows Defenderにトロイの木馬と判断され隔離されました。
    Virus Totalで調べてもSentinelOne (Static ML) しかウイルス扱いしてないので
    誤認だとは思いますが…。
    Win10Cアップデートまでは普通に使えてたんですがね。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Windows Firewall Control に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 7 件)