ウイルス、マルウェア対策はもちろん、インターネット上のあらゆる脅威からPCを保護するインターネットセキュリティ

カスペルスキー セキュリティ のアイコン

カスペルスキー セキュリティ
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

最大15%OFF セール実施中!

対応OS:
Windows 7/8.1/10, macOS 10.12/10.13/10.14, Android
バージョン:
19.0.0.1088(2018/09/07)

インターネット上のあらゆる脅威にリアルタイムで対抗する「プロアクティブディフェンス」、アンチフィッシング&個人情報を保護する「プライバシープロテクション」、特定Webサイトへのアクセス制限が可能な「ペアレンタルコントロール」、疑わしいアプリケーションを仮想実行環境で動作して試すことができる「セーフデスクトップ」機能を備えています。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。

カスペルスキー セキュリティのプロモーション動画

カスペルスキー セキュリティ の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Windows用」の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版の場合は「Mac用」の「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ インストールが終わると、Windows を再起動する必要があります。

使い方

定義データベースをアップデートする

  1. 本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
    最初に「アップデート」をクリックします。
  2. 初回起動時は「定義データベースが長期間アップデートされていません」と表示されます。
    「アップデートする」ボタンをクリックして定義データファイルのアップデートを行います。

ウイルススキャン

「スキャン」をクリックするとスキャン画面が表示されます。
画面左から次のスキャン方法をクリックした選択した後、「スキャンする」ボタンをクリックしてスキャンを行います。
  • 完全スキャン
    コンピューター上のすべてのファイル、フォルダー、領域をスキャン
  • 簡易スキャン
    Windows 起動時に読み込まれるオブジェクトと一般的なフォルダーをスキャン
  • オブジェクトスキャン
    選択したファイル、フォルダー、オブジェクトをスキャン
  • カスタムスキャン
    ファイルの参照またはドラッグ&ドロップでファイル/フォルダーをスキャン
  • 外付けデバイスのスキャン
    接続されたUSBメモリー等のリムーバブルドライブをスキャン
  • タスクマネージャー
    実施されているスキャンの状況、過去に行われたスキャンのレポートを表示
  • スキャンスケジュール
    完全スキャン/簡易スキャンについて、手動で開始/毎日/平日ごと/週末ごと/毎週/毎月のスケジュールを設定できる

ネット決済保護

オンラインバンキングのサービスやインターネット上での決済を保護されたブラウザーで安全に使用できます。
「保護されたブラウザーを開く」から保護されたブラウザーを開くことができ、拡張機能(カスペルスキー プラグイン)のインストールが必要になります。

保護者による管理(ペアレンタルコントロール機能)

コンピューターやインターネットの使用時間制限、アダルトや違法サイトなどの閲覧サイト制限、使用可能なアプリケーション制限、メッセンジャーやSNSの使用制限などを設定できます。子供の有害サイト閲覧を防止したり、決まった時間のみパソコン使えるようにしたりと、管理が可能になります。
  1. 「保護者による管理」をクリックすると、「パスワードによる保護」画面が表示されます。
    第三者による変更を防止するために、最初にパスワードを設定して「続行」ボタンをクリックします。
    ※ 今後このパスワードが必要になってくるので忘れないようにしておきましょう。次回以降はパスワードによるログインが必要になります。
  2. 「パスワードの適用先」画面が表示されます。
    「保護者による管理の変更」、「本製品の設定」にチェックが入っています。「本製品の終了」、「本製品の削除」は任意ですが、ここにもチェックを入れておくとより安全です。
    • 本製品の設定
      本ソフトの設定を変更する場合にパスワード入力が必要になります。
    • 保護者による管理の変更
      「保護者による管理」の変更する場合にパスワード入力が必要になります。
    • 本製品の終了
      本ソフトを終了する場合にパスワード入力が必要になります。
    • 本製品の削除
      本ソフトをアンインストールする場合にパスワード入力が必要になります。

    「パスワードの作成」ボタンをクリックして次へ進みます。
  3. 「パスワードの入力」画面が表示されます。
    設定したパスワードを入力して「入力」ボタンをクリックします。
  4. Windows にログイン可能なユーザーが表示されます。
    設定したいユーザーの「管理が無効になっています」のスライダーをクリックして緑色にすることで、保護者による管理を有効にします。
    詳細な設定はユーザーの「制限の設定」をクリックして設定できます。

「保護者による管理」で設定できる項目
  • コンピューター
    コンピューターを使用する時間帯や最大使用時間の制限、一定時間ごとのコンピューターの使用をブロックして休憩時間を取る設定
  • アプリケーション
    年齢制限によるゲームのブロック、カテゴリごとのゲームのブロック、指定アプリケーションのブロック
  • インターネット
    インターネットを使用する平日の最大使用時間、週末の最大使用時間の設定、セーフサーチエンジンを使用した検索、Webサイトへのアクセスを制限(ブラックリスト方式(禁止するWebサイトのカテゴリ指定)、ホワイトリスト方式(許可されたWebサイト以外を閲覧禁止))、インターネットからのファイルのダウンロード制限(音楽、映像ファイル、アプリケーション、アーカイブのカテゴリごと)
  • 通信
    SNS(Facebook、Twittter など)やインスタントメッセンジャー(ICQ、QIP、mIRC など)のメッセージのやり取りを管理・制限(ブラックリスト方式(禁止する連絡先を指定)、ホワイトリスト方式(許可する連絡先以外の連絡禁止))
  • 個人情報とキーワードの制限
    登録した個人情報(クレジットカード番号、自宅の住所、電話番号など)の第三者への送信禁止、やりとりされるメッセージや Web フォームの中に、特定のキーワードまたはキーワードの組み合わせが含まれていないか監視

プロファイルを利用する
任意のプロファイル(アクセス制限のテンプレート・ひな形のようなもの)を利用して制限できます。
プロファイルを利用することで、望ましい設定が見えてきます。
いったんプロファイルを設定した後、細かいカスタマイズを行うとよいでしょう。

プロファイルを利用するには、「保護者による管理」⇒「制限の設定」画面にて、画面上部の「プロファイル:カスタム制限」をクリックして変更できます。

  • 情報収集
    ユーザーの操作に関するデータの収集のみ行います。
  • 子供のプロファイル(4歳以上)
    ユーザーの操作に関するデータ収集、望ましくない Web サイトの閲覧やファイルのダウンロードをブロックします。
  • 青少年のプロファイル(12歳以上)
    ユーザーの操作に関するデータ収集、望ましくない Web サイトの閲覧をブロックします。
  • 既定の設定
    既定の設定に戻します。

プライバシー保護

Web カメラへのアクセス制御、Webトラッキングの防止を行います。

便利ツール

「便利ツール」をクリックして便利ツールを表示できます。

セキュリティ
  • クラウドプロテクション(レピュテーション機能)
    Kaspersky Security Network(KSN)によって世界中のカスペルスキーユーザーとリンクし、保護機能をリアルタイムにアップデートします。
    本機能により次のメリットがあります。
    • 未知の脅威に素早く対応
    • ソフトウェアや Web サイトの最新の評価を利用できる
    • 最小限のインターネット通信量
  • 隔離
    ウイルス駆除のために変更または削除されたファイルのバックアップコピーを保管されます。
  • セキュリティキーボード
    カスペルスキー製のソフトウェアキーボードを利用できます。
  • レスキューディスク
    Kaspersky Rescue Disk により、感染して起動できなくなったコンピューターを起動するCD/DVD/USBドライブを作成します。
    感染したOSをスキャン、駆除、復元するように試みます。

マイ ネットワーク
  • セキュアコネクション
    通信を暗号化しプライバシーを守りながらインターネットを安全に利用できます。
    Hotspot Shield をベースにしたVPN機能です。無料で利用する場合、1日200MB、接続する国は自動選択という制限があります。
  • ネットワークモニター
    すべてのアプリケーションのネットワーク上の活動を表示します。

アプリケーションの管理
  • ソフトウェアアップデーター
    インストール済みソフトのアップデートを検索し、コンピューターのパフォーマンス向上、ソフトの不具合や脆弱性修正を支援します。
  • アプリケーションコントロール
    アプリケーションを監視し、危険な活動をブロックします。
  • 実行アプリケーションの制限
    カスペルスキーのデータベースに登録されている、信頼済みのアプリケーションのみを実行可能にします。
  • 脆弱性スキャン
    OSとインストール済みソフトのプログラムコードに保護されていない部分がないかどうかスキャンします。

整理整頓と最適化
  • PCクリーナー
    削除済みソフト、ほとんど使用されていないソフト、アドウェアを検出します。
  • プライバシークリーナー
    コンピューターの操作履歴(最近使ったコマンド、アクセスしたファイル、Web サイトの Cookie、キャッシュ、ログなど)を消去して、ユーザーのプライバシーを保護できます。
  • Internet Explorer 設定診断
    Internet Explorer の設定のセキュリティを分析します。
  • Windows 設定診断
    悪意のあるソフトウェアの活動、システムクラッシュ、システム最適化ツールの不適切な動作によるシステム設定の破損、異常を診断します。

ユーザーレビュー

  • コメント

    ソニー製の音楽アプリを使用しながら「ネット決済」ブラウザを起…

    usericon あわもり
    投稿数: 15件
    Windows 10

    ソニー製の音楽アプリを使用しながら「ネット決済」ブラウザを起動すると
    音楽アプリが勝手に止まります
    すぐに再生ボタンを押すと「エラー」のポップアップが出ます
    「ネット決済」ブラウザを消してアプリの再起動をすると正常になります

    サポートチームに報告しカスペ側も「事象を確認できた」との事ですが
    「現状回避策は無い」との回答でした

    結局そのまま契約期間は残っていましたがアンインストールしました

    さて、ここからなのですが
    まだ日本では発表前の「Kaspersky 2019」についてです

    https://help.kaspersky.com/KIS/2019/en-US/119653.htm

    2019の試用版をインストールし「ネット決済」ブラウザを起動すると
    やはり音楽アプリが止まってしまいました

    不具合を報告してから1年ほど経過していますが未だに解決されていないようです

    些細な理由ですが有償にもかかわらずバグを放置したままの
    ソフトを利用するには抵抗があります

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    ◎良い点 ・第三者機関のテスト、VB100、AV-Comp…

    usericon アバスツ
    投稿数: 5件
    Windows 10

    ◎良い点
    ・第三者機関のテスト、VB100、AV-Comparatives、AV-TESTで高い評価を獲得し続けていることもあり、マルウェア検出力については全幅の信頼を寄せることができます。
    ・保護者による管理はそこまで使っていないのですが、細かく設定できるのがよさそうです。

    ◎悪い点
    ・私の環境では若干重いです。
    ・ネット決済保護を利用すると通信の安全性が担保される―――ということですが、いちいちログイン情報を手入力するのは面倒です。
    安全のためなので仕方がないと言えば仕方がないのですが。
    それと、オンラインショッピングでPayPal決済があるときか何か忘れたのですが、一度決済用の別のサイトに飛んで戻ってくるという処理があったサイトで接続が安全ではないとなって処理が中断されたことがありました。
    そのサイトの仕様が悪いんでしょうけどちょっと不便だなと思いました。
    ・少し価格が高いです。

    総合評価としては4点です。
    重さは感じるものの安全性には代えられないのかなというところで。
    どうせなら軽いほうが良いので本当は3.5くらいにしたいところです。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    【追記あり】ソフトの評価は、 当アプリに付帯されている「セ…

    usericon owl
    投稿数: 231件
    Windows 10

    ソフトの評価は、
    当アプリに付帯されている「セキュアコネクション」についてです。
    この機能は、Wi-Fi ホットスポット利用の「VPN」サービスですが、
    その本体は、AnchorFree™ 社の Hotspot Shield(https://freesoft-100.com/review/hotspot-shield.html)そのものです。

    有効化すれば、
    JavaScript のコードがパソコンに自動的に埋め込まれてしまい、
    否応なく、“PC 起動時の全てのブラウジング履歴” が「AnchorFree, Inc.」に勝手に吸い上げられ、
    「利害関係先のドメインにリダイレクトされる」など個人情報が漏洩されることになります。

    その問題を回避するためには、
    決して「有効化」してはいけません。
    この仕組は、セキュアコネクションの起動に関わらず、
    パソコンに自動的に埋め込まれた「JavaScript のコード」によって、常時、収集された情報が送信され続ける(オフライン時には書き込まれ、オンライン時に一括送信される)厄介なものです。
    先ず「カスペルスキー セキュリティ」を(設定も残さずに)完全削除し、
    その後、カスペルスキーを再実装する手間が必要になります。

    欧米で「Kaspersky 利用による個人情報の漏洩」問題が話題になっていますが、
    そのほとんどは、利用者の過失(使用上の注意義務違反)として、Kaspersky に責任を問えない類いです。
    Kaspersky の使用開始時には、
    default(規定)仕様を安直に使用せず、
    面倒でも「全ての設定項目」を確認し、細心の注意が肝要です。

    余談ですが
    Norton が、Norton ユーザーに有償で斡旋している「ノートン WiFi プライバシー」は、
    本体が「OpenVPN」で、サーバ間に暗号化されたトンネルを作成するためのオープンソースフトウェアです。
    GNU General Public Licenseでリリースされており、信頼性(個人情報は暗号化され、ログを記録せず、オンライン上の活動や位置情報が追跡または保存されることはありません)が確立されています。


    当アプリに対する(owl)一連の投稿での「事由」により「Kaspersky」に見切りを付けました。Kaspersky 絡みの全てを抹消するため、念のため 2018年03月03日に「OS のクリーンインストール」で完全初期化を実行しました。今後は、二度と「Kaspersky」には関わらない考えです(私見)。


    過去の経歴についてを あげつらいたくはないのですが:
    Kaspersky 氏は、旧ソビエト時代の悪名高き「KGB」の技術顧問でした。その当時の KGB 長官は、プーチン現ロシア大統領です。その経歴&プーチンとの間柄は、欧米では疑念されており(現在に至っても)くすぶり続けています。

    11人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

カスペルスキー セキュリティ に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 28 件)