高い防御力、直感的に操作できるデザインが魅力の総合セキュリティ対策ソフト

ウイルスバスター クラウド

ウイルスバスター クラウド

ダウンロード購入する

15%OFF セール実施中!

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.11, macOS 10.12/10.13, Android

ウイルス、スパイウェアのリアルタイムチェックによる感染ファイルの自動駆除やPCを使用していないアイドル時間に自動でスキャンを行うスマートスキャンを搭載したセキュリティソフトです。外部からの不正アクセスやネットワークウイルスなどの感染を防止する「ファイアウォールチューナー」、未知のランサムウェアからファイルを不正に暗号化されないようにブロックする「フォルダシールド」、迷惑メールやフィッシング詐欺メールのシャットアウト、有害サイトのフィルタリングを行う保護者による使用制限機能など、PCを保護するための豊富な機能を備えています。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。
※ Windows と Mac では利用できる機能が一部異なります。

複数(2台目)のパソコンで利用する方法

ウイルスバスター クラウド の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料体験版をダウンロードする」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ シリアル番号の入力画面が表示されたら「製品版」ではなく、「体験版 (期間限定版)」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ インストール完了時に「メールアドレス」を入力して「完了」ボタンをクリックします。トレンドマイクロからのメールが不要の場合は、「トレンドマイクロの最新情報を受信する」のチェックを外しておきましょう。

使い方

初期設定

  1. インストールが終わると、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)対策に有効な「フォルダシールド」を有効にするかの確認画面が表示されます。
    「フォルダシールドを設定する」ボタンをクリックして有効にしておきます。
  2. フォルダシールドによる保護するフォルダーの選択画面が表示されます。
    不要なフォルダーを×ボタンをクリックして除去し、「保護するフォルダの追加」をクリックして保護対象にしたいフォルダーを追加します。
    設定が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 「フォルダシールドが有効です」画面が表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。

初期設定が終わるとウイルスバスター クラウドのメイン画面が表示されます。

ウイルススキャン

「スキャン」ボタンをクリックすると、クイックスキャンを開始します。
「スキャン」ボタン横の▼をクリックすると、次のスキャンオプションを選択できます。
  • クイックスキャン
    脅威が潜伏する可能性の高いコンピュータの領域のみをスキャンします。
  • コンピュータ全体のスキャン
    外付けドライブとコンピュータ全体をスキャンします。
    ※ ネットワークドライブはスキャンしません。
  • カスタムスキャン
    ドライブ/フォルダーを選択してスキャンします。
※ クイックスキャン、コンピュータ全体のスキャンは、チューニング(不要なファイル、プライバシーデータ、不要なファイル)できるファイルがないかのスキャンも併せて行います。

設定・レポート

メイン画面のスキャンボタン横にある メニュー ボタンをクリックして、設定、セキュリティレポートを表示できます。

設定
ウイルス対策とシステムチューナー設定、有害サイト/迷惑メール対策、例外設定、その他の設定を行うことができます。
  • ウイルス対策とシステムチューナー設定
    リアルタイムスキャンや保護レベルなどを設定できる「スキャン設定」、セキュリティ上の問題チェックや不要ファイルの削除設定の「システムチューナー」、定期的にウイルススキャンを行う「予約スキャン」
  • 有害サイト/迷惑メール対策
    危険なWebサイトをブロックする「Web脅威対策」、「迷惑メール対策」、ファイアウォールチューナーを有効にできる「ネットワーク対策」、外部リンクの安全性評価を行う「メッセンジャー対策」
  • 例外設定
    ファイル/フォルダー、Webサイト、無線LANアクセスポイントの例外設定ができます。
  • その他の設定
    コンピュータ起動時の動作を設定できる「起動時の設定」、プロキシサーバーの設定ができる「ネットワーク設定」、脅威情報をトレンドマイクロに送信してユーザ保護を強化する「端末情報の送信」、設定をパスワード保護して第三者に変更できないようにする「パスワード」、メイン画面の背景を変更できる「テーマ」

セキュリティレポート
次のレポートを表示できます。
  • Web脅威
    Web脅威のレポート。
  • コンピュータへの脅威
    検出されたウイルス、スパイウェア、疑わしいプログラムのレポート。
  • システムチューナー
    不要ファイルやレジストリの不要エントリを削除して改善されたチューニングレポート。
  • 保護者による使用制限
    保護者による使用制限によりブロックしたWebサイトのレポート。

コンピュータを守る

コンピュータを守る設定です。
  • コンピュータの保護設定
    リアルタイムスキャン、Web脅威対策についての設定。
  • システムチューナー
    不要ファイルの削除、スタートアッププログラムの停止、履歴や Cookie の削除を行い、ディスク空き容量の回復、パフォーマンス向上を行うスキャンを実施。
  • サイレントモード
    緊急でない通知を一時停止して仕事やゲームに集中できるモードです。
    タスクトレイicon アイコンの右クリックメニューから手軽にサイレントモードにできるほか、サイレントモードの有効時間を設定することもできます。

個人情報を守る

個人情報を守る設定です。
  • プライバシー設定チェッカー
    プライバシー設定をチェックできます。SNS(Facebook、Twitter、Google+、LinkedIn)の公開範囲、Webブラウザ(Internet Explorer、Google Chrome、Firefox)のプライバシー設定やインターネット使用履歴を追跡されないように設定できます。
  • SNSプロテクション
    Facebook 等のSNSに含まれる外部リンクの安全性を評価します。
  • 情報漏洩対策
    クレジットカード番号、パスワード、メールアドレスなどの大切な個人情報をハッカーやスパイウェアによる盗難から守ります。

データを守る

データを守る設定です。
  • フォルダシールド
    ランサムウェアからファイルを保護するツール。
    指定したフォルダーを監視し、未知のランサムウェアなどの疑わしいプログラムからのアクセスをブロックします。
    また、ごみ箱を右クリックしたときにも「ごみ箱を安全に空にする」が選択できるようになります。
  • データ消去ツール
    不要ファイルを復元不可能に消去するツール。
    削除ファイルをランダムなデータで上書きする「セキュリティレベル:中」、削除ファイルを7回上書きする「セキュリティレベル:高」によりファイルを復元不可能にします。
    このツールを有効にすると、ファイルを右クリックして「データ消去ツールで削除」が選択できるようになります。
    また、ごみ箱を右クリックしたときにも「ごみ箱を安全に空にする」が選択できるようになります。
  • リモートファイルロック
    ファイルをロックし、ファイル内容の安全を守ります。万が一パソコン盗難されてしまった場合でも、ファイルをリモートロックできます。
    ※ 体験版では利用できません。

家族を守る

家族を守る設定です。
  • 保護者による使用制限(ペアレンタルコントロール)
    危険または有害なWebサイトのブロック、インターネットの使用時間制限、インターネット使用履歴レポート表示ができます。
    子供に有害サイトを見せたくない場合などに利用できます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    まず初めに日曜日はどうでしょう様と、管理人様のいち早い対応で…

    usericon YORUYAKANI(1)Windows 10

    まず初めに日曜日はどうでしょう様と、管理人様のいち早い対応でFall Creators Updateが出来ました(対応前3回失敗)ありがとうございます。ソフトの方はまだ半年しか使用していないため評価はしませんがFfと一緒に使っていると重い印象です(メモリー4GBでは厳しい感じ)し.今回の一件であまり良い印象はしませんしね。他のセキュリティーソフトに乗り換えも有ですかね。

  • コメント

    レビューでない事を、先にお断りしておきます。 ウィルスバス…

    usericon 日曜日はどうでしょう(27)-

    レビューでない事を、先にお断りしておきます。
    ウィルスバスターをインストールしている環境下で、Windows 10 Fall Creators Updateを適応するとブルースクリーンが発生するようですので、注意が必要です。
    下記のInternet Watchの記事を参考にされて下さい。
    尚、ブルースクリーンが表示されても、記事の内容では適応前の状態に戻る様です。
    ■https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1087011.html

    また、トレンドマイクロ社は10/20付で、修正ビルドを配布する模様です。

  • 1

    タスクマネージャーを開いてみると、Trend Micro A…

    usericon nikuman(1)Windows 10

    タスクマネージャーを開いてみると、Trend Micro Anti-Malware Solution Platformtoというリアルタイムスキャン?のプログラムがCPU(intel core-i5 2.3GHz)の20~30%と、メモリ(8GB)の40%を常に使用していてとても重いです。最新バージョンに更新しても何の効果もありませんでした。
    起動も15秒ほど遅くなっていました。
    軽いという宣伝文句を信用して3年版を導入したのに、とんだポンコツで残念です。
    会社は日本なのだとばかり思っていましたが中華の企業だったんですね。
    それなら納得できる気がします。
    はっきり言ってお金を出してまで導入する価値はありません!
    購入を検討されている方は、有名だからなどという理由で選ばないほうがいいと思います。
    他に優れたウイルス対策ソフトはいくらでもありますので、買わないことをお勧めします。

ウイルスバスター クラウド に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 73 件)