フォルダーごとの使用容量を円グラフ表示するソフト

HDGraph のアイコン

HDGraph
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.5.1(2015/08/11)

フォルダーごとの使用容量を円グラフでわかりやすく表示するソフトです。
サブフォルダー以下の使用容量も表示されるため、パッと見て何がディスクやフォルダーを占有しているのかが視覚的にわかりやすいのがポイントです。
右クリックメニューからフォルダーの解析を行えるようにしたり、作成された円グラフを画像ファイル(PNG)として保存したり、といったことも可能です。

提供元:

HDGraph の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(HDGraph_1.5.1.zip)を解凍し、HDGraph.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

フォルダーを解析して円グラフ表示する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    画面上部の「Direcotry to analyze」横のテキストボックスに解析したいドライブ/フォルダーを入力するか、Browse をクリックしてフォルダーを選択した後、Scan / Refresh ボタンをクリックします。
  2. 解析を開始します。
  3. 解析が終わると、指定したドライブ/フォルダーを中心とした円グラフが表示されます。
  4. 詳細を見たいフォルダーをダブルクリックすると、そのフォルダーを中心とした円グラフに変わります。
    ※ 右クリックメニュー「Center Graph on this directory」をクリックしても同じ動作となります。
  5. 元の円グラフ表示に戻したい場合は、ツールバーの Navigate background をクリックして一つ前の円グラフ表示に戻すことができます。
    同様に、ツールバーの Navigate forward をクリックして一つ先の円グラフ表示にやり直すこともできます。

リスト表示で確認する

右クリックメニューから「Show details」をクリックすると、「Details」画面が表示されます。
Name(名前)、Total size(総サイズ)、File size(ファイルサイズ)が表示され、Total size 順に並べて表示されます。
Name、Total size 、File size をクリックすると、それぞれの項目でソートされます。
※ 2回クリックすると昇順/降順が切り替わります。

各項目の右クリックメニューから次の操作が可能です。
  • Show details in a new window
    選択した項目の「Details」画面を新しいウィンドウで開きます。
  • Center graph on this directory
    選択した項目を中心とした円グラフを表示します。
  • Open this directory in Windows Explorer
    選択した項目をエクスプローラーで開きます。

円グラフをカスタマイズする

画面右上の Advanced をクリックすると画面右にカスタマイズ用のメニューが表示され、円グラフ表示をカスタマイズできます。

Scan options
表示するフォルダーの深さを調整します。
数字を大きくすればするほど深い階層まで解析を行います。

General draw options
  • Print sizes
    チェックを入れると、フォルダーサイズを表示します。
  • Show free space on root
    チェックを入れると、空き領域を表示します。
    ※ ルートフォルダー(ドライブトップ)のみ。
  • Show tooltip
    チェックを入れると、マウスカーソルを乗せたときにツールチップを表示します。
  • Auto complete graph
  • Rotation
    円グラフを回転します。
  • Text density
  • Graph depth
    グラフの表示を調整します。
    1 の場合は1階層のみ、2 の場合は2階層を表示します。

Draw engine specific
  • Draw engine
    描画エンジンを選択します。
    ※ Basic のみです。
  • Color style
    カラースタイルを選択します。
    • Random colors (neutral)
    • Rondom colors (bright)
    • Linear
    • Linear 2


円グラフを保存する

フォルダー構成を保存する
作成した円グラフのフォルダー構成を保存できます。
  • ツールバーの Save をクリックするか、メニューバーから「File」⇒「Save current graph as...」とクリックして保存できます(.hdg)。
  • フォルダー構成を保存しておくと、ツールバーの Open をクリックするか、メニューバーから「File」⇒「Open a previously saved graph」とクリックして開くことが可能です。
    後で過去のフォルダー構成を見返したいときに便利です。

画像として保存する
メニューバーから「File」⇒「Export graph as image」とクリックして、PNG形式の画像ファイルとして保存できます。

右クリックメニューから利用できるようにする

右クリックメニューに追加する
メニューバーから「Tools」⇒「Explorer Integration」⇒「Add me to the explorer context menu」とクリックします。
「Integration successfull! Try to right click on a folder...」ウィンドウが表示されれば追加完了です。
フォルダーの右クリックメニューから本ソフトを利用できるようになります。
右クリックメニューから HDGraph の実行が可能に


右クリックメニューから削除する
メニューバーから「Tools」⇒「Explorer Integration」⇒「Remove me to the explorer context menu」とクリックします。
「HDG has been successfully removed from the explorer context menu.」ウィンドウが表示されれば削除完了です。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.5.1 (2015/08/11)
  • 新着
    ・Windows 8 以降(Windows 10など)で使用する準備ができました: HDGraph は、3.5(手動でアクティブ化する必要がありました)ではなく、.Net Framework v.4.5(デフォルトでアクティブ化されます)を使用するようになりました。まだ Windows 7 を使用している場合は、HDGraphv 1.4.2 を引き続き使用するか、.Net Framework 4.5.x をインストールすることで利用できます。
  • 修正
    ・バグ13: Win8- 4分の1のみをエクスポート
    ・Windows エクスプローラーからドライブを右クリックしても、正しいフォルダーが開かなかった

Version 1.4.2 (2012/07/26)
  • 追加
    ・シンボリックリンク、ジャンクションポイント、またはボリュームマウントポイントによる重複を回避するための新しい「再解析ポイントを無視する」オプション。
    ・除外されたフォルダがレポートリスト([詳細設定]タブ)に表示されます
  • 修正
    ・バグ 3442099: Windows 8 x64 で実行するとクラッシュする(AdamNCasey に感謝)
    ・マイナーな i18n バグ

Version 1.4.1 Beta (2011/01/09)
  • 修正
    ・バグ3153690:「、」または「;」でパスをスキャン中にエラーが発生しました
    ・空のフォルダーのUIを修正しました

ユーザーレビュー

  • コメント

    容量解析ツールはドライブやフォルダー右クリックから呼び出すのが便利…

    hagemage
    hagemage
    投稿数: 18件
    Windows 10

    容量解析ツールはドライブやフォルダー右クリックから呼び出すのが便利ですね。フォルダー右クリック時のメニュー名を変えたいときは、regedit で
    HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell\HDGraph

    私はグラフ型より詳細表示が好みなので「MeinPlatz」を右クリックから呼び出しています。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい