PC内の占有率の高いファイル、フォルダーを見つけてパスのコピー、コマンドプロンプトで開くことができる解析ソフト

WizTree のアイコン

WizTree
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
3.34(2020/08/29)

PCの容量がひっ迫してきたときにどのファイル、どのフォルダーがどれだけの容量を占有しているのかを解析できるソフトです。
右クリックメニューからエクスプローラーで開く、コマンドプロンプトで開く、フルパスをクリップボードにコピーすることも可能。
「ファイルビュー」表示でドライブ内の占有率・ファイルサイズの大きい順の表示にできるので、使用容量の多いファイルを特定して削除することで、ディスクの空きスペースを増やすことができます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

WizTree の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「DOWNLOAD INSTALLER」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「DOWNLOAD PORTABLE」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wiztree_3_34_setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動し画面左上の「選択」のプルダウンから対象ドライブを選択して「スキャン」ボタンをクリックすると、スキャン結果が表示されます。
「+」をクリックするか、フォルダーをダブルクリックすると展開できます。

右クリックメニュー
ファイル、フォルダーを右クリックして次のメニューを利用できます。
  • フォルダを探索
    エクスプローラーでそのフォルダーを開きます。
  • コマンドプロンプト
    コマンドプロンプトを開き、そのフォルダーの場所へ移動します。
  • パスをコピー
    フルパスをクリップボードにコピーします。


ファイルビュー
画面上部の「ファイルビュー」タブをクリックすると、占有率の多い、ファイルサイズの大きいファイル順にファイルが表示されます。
画面上部の「検索フィルタ」を利用して、特定のファイル、フォルダーを絞り込んで表示することもできます。

更新履歴(英語)

Version 3.34 (2020/08/29)
  • When sorting by allocated size, the percentage of parent calculation will now use allocated size values
  • Improved MFT file scanning method. Should greatly improve scanning speed on drives with very large MFT files.
  • Menu items using non English alphabet will no longer have auto generated shortcuts added to them
  • some minor UI tweaks (file groups now line up properly, percentage display slightly wider, progress bar lagging fixed)
  • WizTree can now be configured to display the maximum "last modified date" for all files and folders within a folder instead of the standard Windows last modified date.
  • To do this edit the WizTree3.ini file and change the following setting:
  • ShowMaxModifiedDate=1
  • Default setting is off (0). WizTree3.ini is located in %appdata%\WizTree3\WizTree3.ini (for installed version) or in the same folder as the WizTree exe file for the portable version.
  • Updated translations for Russian (thanks to Dmitry Yerokhin), Japanese (thanks to maboroshin), Korean (thanks to Kim YoungCheon)

Version 3.33 (2020/05/14)
  • Network and substituted drives that may not have been visible to WizTree when running as administrator will now be selectable. This is a work around for a Windows bug/feature that does not allow elevated applications to access network and substituted drives that were created by a non elevated process. See: https://technet.microsoft.com/en-us/library/ee844140(v=ws.10).aspx
    In such a case WizTree will display the contents of the network drive using the UNC name (e.g. \\servername\sharename) instead of the mapped drive letter. Similarly substituted drives will display the contents of the local folder the drive is mapped to instead of the mapped drive letter.
  • Added option to display values in TB. Values larger than 1024GB will be displayed in TB in dynamic value display mode.
  • /filterexclude would not work unless a /filter was specified (fixed)
  • Folder names will now be matched against the filter specification using a trailing backslash
    (setting a /filterexclude to "C:\windows\" would export the "C:\windows\" folder record incorrectly as it would filter using "C:\windows" instead of "c:\windows\")
  • Files without an extension can now be filtered for by using "*." filter. This did not work previously as the period was not included in the filename used to match against the filter.

Version 3.32 (2020/01/27)
  • Windows Explorer integration was not working correctly with windows desktop and in folder backgrounds (fixed).
    Toggle Windows Explorer integration off and on again if you already had WizTree installed before upgrading to this version to fix the problem.
  • Adding or removing a USB drive will now update the drive list automatically
  • Updated various translation files

ユーザーレビュー

  • 5

    WizFile(https://freesoft-100.com/…

    owl
    owl
    投稿数: 365件
    Windows 10

    WizFile(https://freesoft-100.com/review/wizfile.html )と同一の開発元(米国)です。その絡みで、当アプリを見知りました。
    大変、有用です。

    以下、公式 HP からの転載(意訳)
    WizTree とは何ですか?
    世界で最速のディスクスペースアナライザです。 ハードドライブをスキャンし、最も多くのディスク容量を使用しているファイルとフォルダを表示します。 それは可能な限り最速の方法でこれを行います。
    WizTree が提供する情報を使用して、ハードドライブから「スペースホッグ」をすばやく見つけて削除します。
    警告:PC の正常な動作に必要なファイルを削除しないように注意してください。

    特徴
    ・ハードドライブ上のスペースを最大限に利用してファイルとフォルダを検索します。
    ・とても早い! WizTree は NTFS でフォーマットされたハードドライブから直接 MFT を読み込みます
    ・Visual Treemap を使用すると、大きなファイルや大きなファイルの小さなコレクションを一目で確認することができます
    ・ハードドライブ上で最大のファイルを検索します。 ハードドライブ上のすべてのファイルは、サイズ順に並べ替えることができます。
    ・ファイル名の検索 - ファイル名またはワイルドカードでファイルをすばやく検索
    ・ファイルデータを CSV(カンマ区切り値)ファイルまたはクリップボードにエクスポートする
    ・コマンドライン CSV ァイルのエクスポート
    ・ハードドライブ全体の内容をフォルダサイズでソートし、オプションでファイルとフォルダを削除する
    ・すべてのハードドライブのファイルシステムの種類(NTFS、FAT、FAT32、ネットワークなど)および/または個別のフォルダをスキャンする

    詳しくは、
    https://antibody-software.com/web/software/software/wiztree-finds-the-files-and-folders-using-the-most-disk-space-on-your-hard-drive/ を。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい