PC 内の占有率の高いファイル、フォルダーを見つけてパスのコピー、コマンドプロンプトで開くことができる解析ソフト

WizTree のアイコン

WizTree

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
4.12(2022/12/01)
価格:
無料

PC の容量がひっ迫してきたときにどのファイル、どのフォルダーがどれだけの容量を占有しているのかを解析できるソフトです。
右クリックメニューからエクスプローラーで開く、コマンドプロンプトで開く、フルパスをクリップボードにコピーすることも可能。
「ファイルビュー」表示でドライブ内の占有率・ファイルサイズの大きい順の表示にできるので、使用容量の多いファイルを特定して削除することで、ディスクの空きスペースを増やすことができます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

WizTree の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「DOWNLOAD INSTALLER」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「DOWNLOAD PORTABLE」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wiztree_4_12_setup.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動し画面左上の「選択」のプルダウンから対象ドライブを選択して「スキャン」ボタンをクリックすると、スキャン結果が表示されます。
「+」をクリックするか、フォルダーをダブルクリックすると展開できます。
指定ドライブの解析 - ツリービュー表示

指定ドライブの解析 - ツリービュー表示



右クリックメニュー
ファイル、フォルダーを右クリックして次のメニューを利用できます。
  • フォルダを探索
    エクスプローラーでそのフォルダーを開きます。
  • コマンドプロンプト
    コマンドプロンプトを開き、そのフォルダーの場所へ移動します。
  • パスをコピー
    フルパスをクリップボードにコピーします。
右クリックメニュー

右クリックメニュー



ファイルビュー
画面上部の「ファイルビュー」タブをクリックすると、占有率の多い、ファイルサイズの大きいファイル順にファイルが表示されます。
画面上部の「検索フィルタ」を利用して、特定のファイル、フォルダーを絞り込んで表示することもできます。
ファイルビュー表示

ファイルビュー表示



ツリーマップを非表示にする
メニューバーから「オプション」⇒「ツリーマップを表示」とクリックして「ツリーマップを表示」のチェックを外すと、メイン画面下部のツリーマップが非表示になります。
「オプション」⇒「ツリーマップを表示」

「オプション」⇒「ツリーマップを表示」



更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 4.12
(2022/12/01)
  • ファイル サイズ フィルター (>1g など) がフォルダーを正しく処理しない問題を修正しました
  • 場合によっては一致するファイルが表示されない可能性があるファイル フィルターのバグを修正しました。
  • 新しいチェコ語の翻訳が追加されました (DrTactless のおかげです)

Version 4.11
(2022/10/26)
  • 「Today」ファイル検索フィルター (=today) が一部のタイム ゾーンで正しく機能しなかった問題を修正しました
  • /filter および /filterexclude のコマンド ライン パラメーターで、リテラルの二重引用符がサポートされるようになりました。これは、フィルターがスペースを「AND」演算子として処理するのを防ぐために、スペースを含むパスをフィルタリングするときに役立ちます。
    次のように、一重引用符を使用して二重引用符を表します。
    WizTree64.exe /filter="'C:\Program Files\'|'C:\Program Files (x86)\'"
    上記の例では、「include フィルター」を
    "C:\Program Files\"|"C:\Program Files (x86)\"
    上記のフィルターは、「C:\Program Files\」または「C:\Program Files (x86)\」を含むファイル名と一致します。

    2 つの一重引用符が連続すると、1 つのリテラル一重引用符として扱われます。
    WizTree64.exe /filter="'C:\Program Files\'|'C:\Program Files (x86)\'|'C:\Bob''s Folder\'"
    これにより、「インクルード フィルタ」が次のように設定されます。
    "C:\Program Files\"|"C:\Program Files (x86)"|"C:\Bob's Folder\"

    引用符がないと、フィルタリングは期待どおりに機能しません。
    C:\Program Files\|C:\Program Files (x86)\
    これは、"C:\Program" AND ( "Files\" OR "C:\Program" ) AND "Files" AND "(x86)\" を含むファイル名と一致します。

    以前は、この問題を回避する方法として、次のようにスペースをワイルドカードの疑問符に置き換えていました。
    WizTree64.exe /filter="C:\Program?Files\|C:\Program?Files?(x86)\"

  • WizTree 4.09/4.10 を "SYSTEM" ユーザー ("NT AUTHORITY\SYSTEM") として実行すると、新しく追加されたドラッグ アンド ドロップ機能の問題が原因でクラッシュすることがあった - 修正済み
  • イタリア語翻訳の表面的な問題を修正

Version 4.10
(2022/08/29)
  • 「空き容量を表示」オプションが選択されていない場合 (マップされた Google ドライブや携帯電話のスキャン時など)、ツリーマップが正しくレンダリングされないことがある - 修正済み
  • 4.09 で追加された新しいドラッグ/ドロップおよびダブルクリックで開く機能を無効にすることができるようになりました。 これを行うには、WizTree を閉じて WizTree3.ini ファイルを編集し、[frmWizTreeMain] セクションで次の 2 つの設定を変更します。
    ・[fromWizTreeMain]
    ・enabledragdrop=0
    ・enabledoubleclickopen=0
  • 「/exportalldates」パラメーターを使用した場合にまれに発生するコマンド ライン エクスポート エラーを修正しました
  • 「ツリーマップを png ファイルとして保存」オプションを複数選択し、空き領域を表示するオプションを使用すると発生するエラーを修正しました
  • 韓国語、セルビア語、ポーランド語の翻訳を更新

ユーザーレビュー

  • 5

    NTFSのマスターファイルテーブル(MFT)を直接読むので、処理速…

    ssk
    ssk
    投稿数: 32件
    Windows 10

    NTFSのマスターファイルテーブル(MFT)を直接読むので、処理速度がむっちゃ早いです。
    秒ですよ秒。他のは要らないんじゃないかな。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    同機能をもつ古参の「WinDirStat」よりもスキャンがかなり速…

    VerUP
    VerUP
    投稿数: 3件
    Windows 10

    同機能をもつ古参の「WinDirStat」よりもスキャンがかなり速いですね。
    これからはこの「WizTree」に乗り換えます。

    余談ですが、同じ開発元の「WizFile」(全ファイル検索)はまだいまいちで、ちょい古株の「MasterSeeker」には速度で負けてるので乗り換えには至りませんでした。ご参考までに。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    パソコンの内部のお片付けに使ってみました

    助かりました
    助かりました
    投稿数: 26件
    Windows 10

    パソコンの内部のお片付けに使ってみました。
    特に確認したかったのが
    画像ファイル絡みです。
    Windows標準では
    ファイルサイズが出ないフォルダがあったので・・・。
    調べたかったのはフォルダサイズはやや大きめだけど
    そこに実際に画像があるのかどうかを
    手早く調べたかったので
    WizFileでもお世話になっているので信頼して
    こちらのソフトを使用させていただきました。
    とにかく速い。
    Cドライブ全表示にかかる時間が速いです。
    なのでもう後は目的はすぐに終えることが出来ました。
    結果SimiPixで重複画像を捨てていった時に残った
    cache.spxが残っているだけだとわかったので
    フォルダごと削除して作業を終えることが出来ました。
    パソコンは一年以上とか使っていると
    気をつけてはいても
    このフォルダはなんのために作ったんだっけ?とか
    今はもう使っていないソフトが
    残していった専用フォルダがあったりだとかで
    膨らんでいってしまいがちなんですけど
    WizTreeみたいに個人のPC環境に
    依存しないソフトが有るおかげで
    サクッと終えられますね。
    本当に助かりました。
    ありがとうございました。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

WizTree に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 5 件)