ディスク容量を圧迫しているファイル、フォルダーが何かを突き止めることができるソフト

TreeSize Free

TreeSize Free
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
バージョン:
4.1.0.396(2017/11/21)

ドライブを解析することで、使用容量の多いファイル、フォルダーが何かを特定できるソフトです。使用容量の多い順にリスト表示され、使用容量に応じて棒グラフが長く表示されます。フォルダーを展開していくことで根本原因を取り除くことができます。また、容量表示からパーセント表示に変更したり、ファイル総数の表示に変更したりもできます。

提供元:

TreeSize Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ左の「Download」ボタンをクリックします。
  2. ダウンロードページが表示されます。
    「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ プルダウンをクリックして「TreeSizeFree-Portable.zip (Zipped Executable, 7.19MB)」を選択すると、USBメモリー等で持ち運べるポータブル版をダウンロードできます。
  3. ダウンロードしたセットアップファイル(hide-files.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    ツールバーの「Select Directory」をクリックするか、メニューバーの「ファイル」⇒「Select Directory」とクリックして、解析したいドライブまたはフォルダーを選択します。
  2. 解析が始まり、解析結果が表示されます。
    Name(名前)、Size(サイズ)、Allocated(割り当てサイズ)、Files(ファイル数)、Folders(フォルダー数)、% of Parent (Allocated)(親フォルダーに対する割合)、Last Modified(最終更新日時)が表示されます。

    解析するドライブ、フォルダーによっては管理者権限が必要になる場合があります。
    その際に表示されるウィンドウで、「Restart as administrator」をクリックして管理者権限で再起動させます。
  3. フォルダーをダブルクリックしてフォルダーを展開し、容量の多いフォルダーを特定できます。

表示を変更する

Name(名前)、Size(サイズ)、Allocated(割り当てサイズ)、Files(ファイル数)、Folders(フォルダー数)、% of Parent (Allocated)(親フォルダーに対する割合)、Last Modified(最終更新日時)をクリックして、順番をソートできます。
また、ツールバーの「Size」、「Allocated Space」、「File Count」、「Percent」をクリックすると、「Name(名前)」の場所の数字と棒グラフの表示が変わります。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?