強力な圧縮率を誇る 7-Zip を利用できるオープンソースの圧縮・解凍ソフト

7-Zip のアイコン

7-Zip

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012/2016
バージョン:
21.07(2021/12/26)

圧縮レベルを「無圧縮、最速、高速、標準、最高、超圧縮」から選択して圧縮できます。
7-Zipに対してドラッグ&ドロップしても圧縮・解凍を実行できます。
海外製のソフトですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
● 圧縮形式 : 7z, xz, bzip2, gzip, tar, zip, wim
● 解凍形式 : arj, cab, chm, cpio, cramfs, deb, dmg, fat, hfs, iso, lzh, lzma, mbr, msi, nsis, ntfs, rar, rpm, squashfs, udf, vhd, wim, xar, z

7-Zip の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスし、32 bit 版、64 bit 版、64 bit 版(arm64)いずれかのリンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いの環境が 32bit、64bit のどちらかわからない場合は、Windows バージョンの調べ方を参照してください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(7z2107.exe または 7z2107-x64.exe または 7z2107-arm64.exe)からインストールします。

使い方

圧縮する

  1. 圧縮したいファイル/フォルダーを右クリックし、「7-Zip」⇒「圧縮」をクリック。
  2. 「ファイル圧縮」画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックすると圧縮できます。
    ファイル圧縮

    ファイル圧縮


    その際に、次のような設定を利用できます。
    • 圧縮先、書庫形式(7z / tar / wim / zip)
    • 圧縮レベル(無圧縮、最速、高速、標準、最高、超圧縮)
    • 圧縮メソッド(LZMA / LZAM2 / PPMd / BZip2)
    • 辞書サイズ(64KB~64MB)
    • ワードサイズ(8~273)
    • ソリッドブロックサイズ(ソリッドなし~無制限)
    • CPUスレッド数
    • 書庫の分割
    • 更新方法(全てのファイルを上書き、ファイル追加と更新、変更したファイルのみ更新、ファイルを同期させる)
    • 自己展開書庫作成
    • 共有されたファイル圧縮
    • パスワード暗号化

解凍する

  1. 解凍したいファイルを右クリックし、「7-Zip」⇒「展開」をクリック。
  2. 「展開」画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックすると解凍できます。
    展開

    展開


    その際に、次のような設定を利用できます。
    • パス名出力方法(絶対パス / パスなし)
    • 上書き方法(上書きするときは確認する / 常に上書き / ファイルが存在するときはスキップ / 自動的にリネーム / ファイルが存在するときは自動リネーム)

※ USBメモリー対応 : 7-Zip Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 21.07
(2021/12/26)
  • 7-ZipでVHDXディスクイメージ(Microsoft Hyper-V 仮想ハードディスク v2 形式)を抽出できるようになりました。
  • 新しいスイッチ: -spm および -im!{file_path} は、パスの末尾にパス区切り文字が含まれていない指定されたパスの処理からディレクトリを除外します。
  • [アーカイブに追加]ウィンドウで、コマンドラインのように[パラメータ]フィールドに -m プレフィックスを使用できるようになりました:-mparam。
  • アーカイブ内のファイルの並べ替え順序が少し変更され、あるディレクトリの名前が別のディレクトリまたはファイルの名前のプレフィックス部分と同じである場合の一貫性が向上しました。
  • 7-Zip によって作成された TAR アーカイブは、GNUTAR プログラムによって作成されたアーカイブとの整合性が向上しました。

Version 21.06
(2021/11/24)
  • [アーカイブに追加]ウィンドウで、圧縮に使用されるメモリ使用量(RAM)の制限を設定できるようになりました。
  • 新しいスイッチ -mmemuse={N}g / -mmemuse=p{N} は、圧縮と解凍のメモリ使用量(RAM)の制限を設定します。
  • バージョン 21.00-21.05 のバグが修正されました:7-Zip はアーカイブの抽出中にディレクトリの属性を設定しませんでした。
  • いくつかのバグが修正されました。

Version 21.04 beta
(2021/11/02)
  • 7-Zip は、RAM サイズが大きな LZMA2 ディクショナリでの圧縮に十分でない場合に、圧縮のために動作する CPU スレッドの数を減らすようになりました。
  • 7-Zipは、sha256sumプログラムと互換性のある形式のファイル名とSHA-256チェックサムのリストを含む「file.sha256」テキストファイルを作成およびチェックできるようになりました。
    7-Zipは、アーカイブなどのチェックサムファイルを処理できますが、これらのファイルには実際のファイルデータは含まれていません。
    「sha256」ファイルを作成およびテストするためのコンテキストメニューコマンド:
    ・7-Zip / CRC SHA / SHA-256 -> file.sha256
    ・7-Zip / CRC SHA / Test Archive : Checksum
    コマンドラインバージョンのコマンド:
    ・7z a -thash file.sha256 *.txt
    ・7z t -thash file.sha256
    ・7z t -thash -shd. file.sha256
    新しい -shd{dir_path} スイッチは、「テスト」操作のために「file.sha256」ファイルによって参照されるファイルをチェックするために使用されるディレクトリを設定します。
    -shd{dir_path} が指定されていない場合、7-Zip は「file.sha256」が保存されているディレクトリを使用します。
  • ディレクトリアイテムを処理から除外するための新しい -xtd スイッチ。

ユーザーレビュー

  • コメント

    【追記あり】緊急警報:

    owl
    owl
    投稿数: 452件
    -

    緊急警報:
    Windows 版 7-Zip 21.07 までは(拡張子が .7z のファイルを Help > Contents エリアにドラッグすると、権限の昇格とコマンドの実行が可能な)エクスプロイトの脆弱性「CVE-2022-29072」が確認されました。この問題は、ローカルにのみ悪用できるようです。

    脆弱性は、7-Zip プログラムに同梱されているヘルプファイル「7-zip.chm」を悪用するために使用されます。その詳細(技術的な情報と、エクスプロイトの短いデモビデオ)は、GitHub で公開されています。
    https://github.com/kagancapar/CVE-2022-29072
    根本的な修正は未定なので、当面の回避策が示されました。
    回避策:
    7-zip の修正版が公開されるまでは、7-zip.chm ファイルを削除することで脆弱性は解消されます。
    全ユーザーの場合には、7-zip に読み取り権限と実行権限だけを与える。


    CHM(.chm)ファイルは、マイクロソフトが開発した独自の独自のオンラインヘルプファイル形式でしたが、セキュリティ上の理由から(新たな「Microsoft Assistance Markup Language」に移行し)廃止されています。
    Google レビューでは、CHM (”.chm”)ファイルは「ブロック」リストに掲載されています。要するに、そのファイルは「潜在的にリスキー」です。


    この事例を踏まえれば、
    この「7-zip」プログラム以外の他のアプリでも、CHM(.chm)ファイルが同梱されている場合は、削除することが賢明です。

    10人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    使ってみて、ほかのソフトよりもエラーが起きにくく感じました

    xeonファン
    xeonファン
    投稿数: 1件
    Windows 10

    使ってみて、ほかのソフトよりもエラーが起きにくく感じました。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    処理速度を計測してみました

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1170件
    Windows 10

    処理速度を計測してみました。
    本ソフトは使用経験があるので処理速度は承知していますが、簡易計測してみました。
    テスト用のファイルは、コマンドプロンプトから「fsutil」を使用して手間をかけずに、
    とりあえずファイル容量は「10GB」とした上、「10進数」を指定して作成しました。
    このファイルを「7z」に圧縮するのに約4分、元の状態に展開するのに約25秒でした。
    このファイルの場合、約1.5MBに圧縮され、展開すると元どおり10GBに戻りました。
    処理中の「残り時間」等の表示精度が良好であり、使い勝手も素晴らしいと思います。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

7-Zip に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 48 件)