複数の PDF ファイルの容量を一括縮小できるソフト

ORPALIS PDF Reducer Pro のアイコン

ORPALIS PDF Reducer Pro

  • 海外
  • 日本語✕
  • シェアウェア
  • 体験版✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
4.0.7(2022/08/26)

PDF ファイル内に含まれる画像ファイルの圧縮、不要なオブジェクトの削除を行い、PDF のファイルサイズを削減するソフトです。
指定フォルダ内に含まれる PDF ファイルに対して一括処理を実行できます。
画像圧縮処理は Low ~ Very High までの4段階で画質を指定可能。
画質を低下させればファイルサイズが軽くなる代わりに、ドキュメントとして見づらくなる可能性があるため、仕上がりを見て可否を判断することをお勧めします。
初期設定の Medium であれば、一定の視認性は担保されます。
画像が多く含まれるドキュメントであれば、50%以上の容量を減らすことも可能です。
メールに添付するファイルが大きすぎて添付できない、ディスク容量を軽減したいなどの用途に合わせて実施を検討しましょう。
変換時には、インプットとアウトプットのフォルダーを指定できるため、元ファイルが上書きされる心配はありません。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、無料で試用できます。体験版では圧縮機能を利用することはできません。

ORPALIS PDF Reducer Pro の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Free Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(pdfreducerpro4.exe)からインストールします。

使い方

PDFを圧縮する

  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    ORPARIS PDF Reducer - メイン画面

    ORPARIS PDF Reducer - メイン画面

  2. 「Source:」項目右の Select a source file をクリックしてファイルを選択するか、Select a source folder をクリックしてフォルダーを指定します。
  3. 「Destination:」項目右の「…」ボタンをクリックして、出力先フォルダーを指定します。
  4. 「Start batch」ボタンをクリックすると、圧縮処理を行い、指定した出力先フォルダーにPDFファイルが作成されます。
    Source(ソースファイル)、Destination(保存先フォルダー)を指定

    Source(ソースファイル)、Destination(保存先フォルダー)を指定


オプションを設定する

メニューバーの「Options」をクリックすると、「Options(設定)」画面を表示されます。

「General(一般)」タブ
  • Process subfolders
    サブフォルダを処理します。
  • Only process PDF files
    PDFファイルのみを処理します。
  • Warn when source and destination directories are identical
    ソースディレクトリと宛先ディレクトリが同一の場合に警告します。
  • Export logs to destination folder
    ログを宛先フォルダーにエクスポートします。
  • Automatically check for updates
    更新を自動的にチェックします。
  • Delete original files after successful size reduction
    サイズ縮小に成功したら、元のファイルを削除します。
  • Notify page progression
    ページの進行状況を通知します。
Option - General(一般)タブ

Option - General(一般)タブ



「Compression(圧縮)」タブ
Fonts(フォント)
  • Optimize fonts
    フォントを最適化します。

Color detection(色の検出)
  • Enable color detection
    色検出を有効にします。
  • Apply character repairing after threshold
    しきい値の後にキャラクター修復を適用します。

MRC (Mixed Raster Content)
  • Enable MRC compression
    MRC 圧縮を有効にします。
  • Preserve smoothing
    平滑化を維持します。
Option - Compression(圧縮)タブ

Option - Compression(圧縮)タブ



「Images(画像)」タブ
  • Recompress images
    画像を再圧縮し、画質を Low / Medium / High / Very High から選択できます。
  • Enable JPEG2000 for high definition images
    高解像度の画像用に JPEG2000 を有効にします。
  • Downscale images
    指定した DPI に解像度を縮小できます。
Option - Images(画像)タブ

Option - Images(画像)タブ



「Content Removal(コンテンツの除去)」タブ
Document content
  • Remove bookmarks
    しおりを削除します。
  • Remove embedded files
    添付ファイルを削除します。
  • Discard unused objects
    使っていないオブジェクトを破棄します。
  • Remove embedded fonts
    埋め込まれたフォントを削除します。
  • Remove blank pages
    空白のページを削除します。

Interactive content
  • Remove formfields
    フォームフィールドを削除します。
  • Remove annotations
    アノテーションを削除します。
  • Remove hyperlinks
    ハイパーリンクを削除します。
  • Remove JavaScript
    JavaScript を削除します。
Option - Content Removal(コンテンツの除去)タブ

Option - Content Removal(コンテンツの除去)タブ



「Output Format(出力フォーマット)」タブ
  • Enable fast web view
    Web 表示用に最適化します。
  • Keep last access and modified date
    最終アクセスと変更日を保持します。
Option - Output Format(出力フォーマット)タブ

Option - Output Format(出力フォーマット)タブ



更新履歴

Version 4.0.7
(2022/08/26)
  • PDF/A コンバーター エンジンのパフォーマンスが向上しました。
  • PDF の最適化速度が向上しました。
  • MRC エンジンを改善しました。
  • マイナーなバグ修正のバッテリー。

Version 4.0.6
(2022/07/25)
  • PDF/A コンバーターの改善
  • JBIG2 圧縮率の向上
  • マイナーなバグ修正のバッテリー

Version 4.0.5
(2022/06/17)
  • PDF/A バリデーターエンジンの改善
  • PDF レンダリングエンジンの改善。
  • 一連のマイナーなバグ修正と改善。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?