PDF編集、変換、結合、分割など、PDFについてのすべての機能を1つにまとめたオールインワンPDF編集ソフト

PDFelement Pro のアイコン

PDFelement Pro
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, iOS, Android

PDFについての様々な機能が詰め込まれたオールインワンソフトです。
PDFへ注釈(テキスト、下線、ハイライト、オブジェクト、署名、スタンプ)の追加、しおりの追加・編集、テキストの編集、背景・透かしの追加、フォームの追加・編集、見せたくない箇所の墨消しなどの編集機能のほか、第三者の閲覧を防ぐパスワード設定も可能です。
PDFからオフィスファイル、画像ファイル、Kindleファイル(EPUB)などへ変換でき、逆にオフィスファイルや画像ファイルなどからPDFへ変換する相互変換機能も搭載。
複数PDFを1つに結合したり、1つのPDF内の不要ページの削除、ページの挿入、トリミング、回転、ページ順番の入れ替えなどもできます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはシェアウェアですが、無料で試用できます。体験版では保存後のPDFに透かしが付く、PDF変換は半分のページ数まで(最大5ページ)、OCR実行後のPDFは保存できない、などの制限があります。

PDFelement 8 Pro のプロモーション動画

PDFelement Pro の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(pdfelement-pro_setup_full5272.exe)からインストールします。

使い方

ホーム

本ソフトを起動するとホーム画面が表示されます。
  • ファイルを開く
    PDFファイルを開いて編集、追加、削除、カット、コピー、貼り付け、テキスト・画像・オブジェクトの挿入などを行えます。
  • PDF比較
    2つのPDFファイルを比較します。
  • PDFを結合
    形式の違うPDFを1つに結合します。
  • OCR PDF
    文書なのにテキストが認識されていないPDFのテキストを認識できるようにします。
  • PDFを変換
    PDFファイルを汎用ファイル形式(Microsoft Word/Excel/PowerPoint など)に簡単に変換します。
  • PDFを作成
    Microsoft Office や画像などのファイルを手軽にPDFに変換します。
  • 一括PDF
    複数PDFファイルの変換、データ抽出、ベイツ番号追加などを一括で実行します。

PDFを編集する

ホーム画面で「ファイルを開く」をクリックしてPDFファイルを選択すると、メイン画面が表示されます。

PDFページの表示方法を変更する
メニューの「表示」をクリックして、次のように表示方法を変更できます。
  • 1ページずつ表示
  • スクロールを有効にしてページを表示
  • 2つのページを並べて表示(見開き表示)
  • スクロールを有効にして2つのページを並べて表示(見開き表示)


PDFページの選択範囲をキャプチャーする
メニューの「ツール」をクリックして「キャプチャ」をクリックし、マウスでドラッグした範囲をキャプチャーして画像保存(BMP/JPG/PNG/GIF)できます。

テキストを追加・編集する
メニューから「編集」⇒「テキスト追加」とクリックして、テキストの追加や編集を行えます。
画面右のプロパティからフォントの変更も行えます。

注釈を追加・編集する
メニューの「コメント」をクリックすると、画面上部に編集ツールアイコンが表示されます。
左に並ぶ4つのアイコンからハイライト、下線、取り消し線、エリアハイライト、波線、キャレットの挿入を行うことができます。
また、追加した注釈の右クリックメニューから次のような編集を行えます。
  • 追加した注釈を右クリックして、メニューからプロパティをクリックします。
    画面右にプロパティが表示されるので、作成者、サブジェクト、表示の色、不透明度の調整を行えます。
    ※ 「デフォルトとして使用」をクリックすると、以後、その設定がデフォルトに設定されます。
  • 追加した注釈にコメントを追加したい場合は、注釈を右クリックして、メニューから「ポップアップのノートを開く」をクリックして、ノート枠にコメントを入力することができます。
    注釈 - ポップアップノートでコメントを追加
  • 追加した注釈を削除したい場合は、注釈を右クリックして「削除」をクリックします。

伏せたい情報を墨消しで隠す
メニューから「保護」⇒「墨消しをマーク」とクリックして、隠したい、伏せたい情報を選択します。
選択すると赤枠で囲まれます。
「墨消しを適用」をクリックすると墨消しが適用されます。
※ 適用すると編集中は元に戻すことができなくなりますが、保存しない限りは元ファイルには反映されません。

ページを挿入、抽出、分割する
PDFファイルから必要なページのみを取り出したり、任意のページを挿入したり、不要なページを削除したり、複数のPDFファイルに分割したりできます。
メニューの「ページ」をクリックすると、ページに関する編集画面が表示され、次の編集が可能です。
  • ページの回転
    選択したページを回転します。
  • ページの削除
    選択したページを削除します。
  • ページの抽出
    選択ページのみにします(指定したページ以外を削除します)。
  • ページの挿入
    空白ページ、または指定したPDFを挿入します。
  • ページの分割
    1ファイル当たりのページ数の上限を指定して、複数ファイルに分割します。
    ※ 5ページを指定した場合は、5ページごとにPDFを分割します。
  • ページの差し替え
    他のPDFの特定のページを現在のPDFに差し替えます。
  • ページボックス
    ページを任意の範囲を選択してトリミングします。
  • ページラベル
    ページ数のナンバリングを追加します。

電子署名を追加する
  1. メニューから「保護」⇒「文書に署名」とクリックします。
  2. 署名を表示させたい場所をドラッグして指定します。
  3. 「文書に署名」ウィンドウが表示されるので「新規ID」をクリックして、「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「デジタルIDを追加」ウィンドウが表示されるので「新しいデジタルIDを作成」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
  5. デジタルIDの保存場所を選択します。
    「新規PKCS#12デジタルIDカード」または「Windows 証明書ストア」から選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 情報を入力します。
    名前、部署、会社名、Eメールアドレス、国/地域を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
  7. 署名デジタルIDの保存場所とパスワードを入力して「完了」ボタンをクリックします。
  8. 「デジタルIDを追加」ウィンドウに戻ります。
    「情報」ボタンをクリックして、電子署名情報を確認できます。
    ※ 「署名後に文書をロック」という設置も可能です。
  9. 設定が終わったら「署名」ボタンをクリックすると、PDFに電子署名が追加されます。

  • メニューから「保護」⇒「すべての署名を検証」とクリックすると、すべての署名を確認できます。
  • 署名を削除する場合はメニューから「保護」⇒「すべての署名をクリア」とクリックします。

PDFから変換する

PDFをオフィスファイル、画像ファイルなどに変換します。
ホーム画面の「PDFを変換」をクリックして、PDFファイルを選択すると、次のフォーマットへの変換が可能です。
  • Word ファイル(*.docx, *.doc)
  • Excel ファイル(*.xlsx, *.xls)
  • PowerPoint ファイル(*.pptx, *.ppt)
  • 画像ファイル(*.jpg, *.png, *.gif, *.tiff, *.bmp)
  • テキストファイル(*.txt)
  • PDF/A ファイル(*.pdf)
  • EBook ファイル(*.epub)
  • RTF Files ファイル(*.rtf)
  • HTML ファイル(*.html)
  • HWPX ファイル(*.hwpx)
  • HWP ファイル(*.hwp)

PDFに変換する

  1. ホーム画面の「PDFを作成」をクリックして、オフィスファイルや画像ファイルを選択すると変換を行います。
  2. メニューから「ファイル」⇒「名前を付けて保存」とクリックしてPDFファイルとして保存できます。

PDFを結合する

複数のPDFを1つのファイルにまとめることができます。
  1. ホーム画面の「PDFを結合」をクリックします。
  2. 「ファイルを結合」画面が表示されます。
    PDFをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを追加」をクリックしてPDFを選択します。
  3. PDFが一覧に表示されます。
    「ページを選択」下のプルダウンをクリックして、結合するページを指定することもできます。
  4. 「適用」ボタンをクリックするとPDFを結合し、メイン画面で変換したファイルを表示します。
    メニューから「ファイル」⇒「名前を付けて保存」とクリックしてPDFファイルとして保存できます。

バッチ処理を利用する

ホーム画面の一括PDFをクリックすると、バッチ処理画面が表示されます。
  • 変換
    複数のPDFを一括で Word/Excel/PowerPoint などの形式に変換できます。
  • データ抽出
    PDFのフォームフィールドからデータを抽出してCSV形式で保存します。
  • ベイツナンバー
    ページ番号を追加できます。
  • 透かし
    電子透かし(ウォーターマーク)を追加できます。
  • 最適化
    画像ファイルを圧縮してPDFファイルサイズを小さくします。
  • OCR
    OCR変換を行います。
  • 暗号化
    閲覧権限、編集権限などのパスワードを設定してPDFを保護します。

OCRを利用する

ホーム画面の「OCR PDF」をクリックして、OCR機能を利用できます。
  1. 初回利用時はOCRプラグインのダウンロードが必要になります。
    OCRプラグインのインストールが終わったら、再びホーム画面の「OCR PDF」をクリックし、PDFを選択します。
  2. OCR設定画面が表示されます。
    「検索」モード、または「編集」モードのうち、利用したいモードを選択します。
    • 「検索」モード
      PDFは文字検索できますが、テキストの修正を行うことはできません。
    • 「編集」モード
      PDFの変換・編集が可能です。

ユーザーレビュー

  • コメント

    pdfelement pro 7を使用してPDFファイルをWord…

    ryosan
    ryosan
    投稿数: 1件
    Windows 10

    pdfelement pro 7を使用してPDFファイルをWord に変換してみた。
    元の文書の「カタカナ文字」が全部文字化けして、まったく読めない。
    これでは、日本では使用できないと思う。
    以上、プレビュー結果をお知らせしました。

    22人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    公式ページ

    エムエス
    エムエス
    投稿数: 1件
    Windows 10

    公式ページ
    https://pdf.wondershare.co.jp/
    から購入させていただいた場合、領収書は出ますか?

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    ソフトを使って苦労してPDF文字を編集した結果が、真っ白になって保…

    keikendan
    keikendan
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ソフトを使って苦労してPDF文字を編集した結果が、真っ白になって保存される。二度と作業は復元できない、ホラーのようなPDF編集ソフト。復元を求めて対応を求めても、サポートセンターも、ポリシーによって返金や品質保証できないという。サポートセンターからどのような作業をされたんですか?と聞かれて開いた口が塞がらない。購入費用、作業時間と労力が真っ白になって消えてしまう、恐ろしい有料ソフトおよび製作会社。自分の嫌な過去を消せるのであればコスパが良いが、この経験だけはしっかり残る。

    27人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

PDFelement Pro に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 25 件)