カレンダー、予定一覧、タスク一覧をデスクトップに設置できるデスクトップカレンダーアプリ

Rainlendar Lite のアイコン

Rainlendar Lite

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14, Linux, Ubuntu
バージョン:
2.19.1(2023/02/02)
価格:
無料

カレンダー、イベント(予定)、タスクをデスクトップに飾れるカレンダーソフトです。
今日の予定を確認するための「今日」ウィンドウも用意。
イベント、タスクはアラーム設定、繰り返し設定でき、タスクには優先度、現在の状態(未開始、進行中、完了、キャンセル済み)、進捗(0% ~ 100%)を設定可能です。
イベント、タスクを一覧表示、管理できる「マネージャー」画面も用意されており、それぞれ iCalendar 形式からのインポート、エクスポートに対応しています。
デフォルトでは3種類用意されているスキンから任意に変更でき、ダウンロードすることで好みのデザインに変更することも可能です。

提供元:

Rainlendar Lite の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Lite (Free)」項目下の「Windows 32-bit」または「Windows 64-bit」項目並びの「Download」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いの OS が 32bit か 64bit かわからない場合、Windows バージョンの調べ方を参照してください。
    ※ Mac 版は、Linux 版はそれぞれの「Download」リンクからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Rainlendar-Lite-2.19.1-32bit.exe または Rainlendar-Lite-2.19.1-64bit.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

スタートメニューから本ソフトを起動すると、カレンダー、イベント(予定)、タスク、今日の4つのウィンドウが表示されます。
ウィンドウ(カレンダー、イベント、タスク、今日)の表示

ウィンドウ(カレンダー、イベント、タスク、今日)の表示



予定を追加する
次のどれかの方法で「イベント」画面を表示します。
  • カレンダーウィンドウの日付をダブルクリック
  • カレンダーウィンドウの右クリックメニューから「新規イベント」をクリック
  • イベントウィンドウの右クリックメニューから「新規イベント」をクリック
  • 今日ウィンドウの右クリックメニューから「新規イベント」をクリック
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニューから「新規イベント」をクリック
新規イベントの作成

新規イベントの作成



概要、場所、URL、開始日時、終了日時、メモ、アラーム、カレンダー、カテゴリを設定して「OK」ボタンをクリックすると、予定を追加できます。
「繰り返し」タブをクリックして、毎週、毎月などの繰り返しの予定も設定できます。
タスクを追加する
次のどれかの方法で「タスク」画面を表示します。
  • カレンダーウィンドウの右クリックメニューから「新規タスク」をクリック
  • イベントウィンドウの右クリックメニューから「新規タスク」をクリック
  • 今日ウィンドウの右クリックメニューから「新規イベント」をクリック
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニューから「新規タスク」をクリック

概要、場所、URL、開始日時、終了日時、優先度、状態、進捗、メモ、アラーム、カレンダー、カテゴリを設定して「OK」ボタンをクリックすると、タスクを追加できます。

イベント、タスクを管理する

次のどれかの方法で「マネージャー」画面を表示します。
  • カレンダーウィンドウの右クリックメニューから「マネージャー」をクリック
  • イベントウィンドウの右クリックメニューから「マネージャー」をクリック
  • 今日ウィンドウの右クリックメニューから「マネージャー」をクリック
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニューから「マネージャー」をクリック
マネージャー

マネージャー



マネージャー画面からはイベント、タスクを一覧表示できます。
メニューバーの「ファイル」からはインポート(iCalendar 形式(.ics)、Rainlendar 形式(.ini))、エクスポート(iCalendar 形式(.ics))できます。

スキンを変更する

次のどれかの方法で「オプション」画面を表示します。
  • カレンダーウィンドウの右クリックメニューから「オプション」をクリック
  • イベントウィンドウの右クリックメニューから「オプション」をクリック
  • 今日ウィンドウの右クリックメニューから「オプション」をクリック
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニューから「オプション」をクリック
オプション - 全般

オプション - 全般



左メニューの「スキン」をクリックすると、スキン画面が表示されます。
適用したいスキンをクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックするとスキンが適用されます。
オプション - スキン

オプション - スキン


デフォルトでは次の3種類から利用できます。
  • Shadow4
  • Savannah
    デフォルトスキン - Savannah

    デフォルトスキン - Savannah

  • Chromophore
    デフォルトスキン - Chromophore

    デフォルトスキン - Chromophore


スキンをダウンロードして利用する
  1. 「スキン」画面で「他のスキンを取得」をクリックします。
  2. ブラウザーで「Rainlendar Skins」ページが表示されます。
    ここでは WinCustomize をクリックします。
  3. WinCustomize のスキンページが表示されます。
    利用して見たいスキンのサムネイルをクリックします。
  4. スキンの詳細ページが表示されます。
    「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  5. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、解凍したフォルダーを本ソフトのインストールフォルダー内の「skins」フォルダーにフォルダーごとコピーします。
    ※ スキンフォルダーは「C:\Program Files\Rainlendar2\skins」
    ※ 例えば「Leather RL.zip」を解凍した場合、解凍して作成された「Leather RL」フォルダーをまるごとスキンフォルダーにコピーします。
  6. カレンダーウィンドウを右クリックして「終了」をクリックして一度終了し、再度起動します。
  7. 「スキン」画面からコピーしたスキンを設定できるようになります。
    ダウンロードしたスキン - Leather RL

    ダウンロードしたスキン - Leather RL


更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 2.19.1 Build 173
(2023/02/02)
  • タスクエディターが不正なステータスを表示する
  • ドイツ語が選択されたとき、's' 文字を入力することができませんでした。
  • スキンがアプリケーションの言語に合わせて自動的に言語を変更しませんでした。
  • 日付がリンクされている時にタスクの開始時刻を変更しても、期限時刻は更新されませんでした。
  • 「Move to next day」は終了時刻を1日遠く設定しました。メニュー項目はカレンダーのコンテキストメニューでも利用できるようになりました。
  • インストーラーが Rainlendar の再実行を検知して終了するようになりました。
  • エディターでカテゴリのドロップダウンが完全に表示されないことがありました。
  • Mac のタスクバーアイコンを更新しました。

Version 2.19.0 Build 172
(2023/01/14)
  • マネージャーリストのパフォーマンスを改善
  • 日付と時刻のフィールドは、より大きなフォントでより良く動作します。
  • Mac で Ctrl + 左マウスでコンテキストメニューが開くようになりました。
  • 例外イベントから再帰規則が削除されるようになりました(存在する場合のみ)
  • 新しい API 関数です。Rainlendar_GetLocale() を追加しました。
  • Shadow4 スキンに「白」「透明」カテゴリを追加
  • 一般的なリストとそのツールチップに画像を含めることができる("list.1.image" と "list.1.tooltipImage")
  • Linuxでダークテーマを使用する際の UI を改善しました。
  • Shadow4 スキンに「日の背景」設定を追加し、日の数字に背景を追加してクリックしやすくしました。
  • カレンダーの曜日のアイコンが他の曜日と重ならないようにした。
  • 全てのサードパーティーライブラリーを更新

Version 2.18.0 Build 171
(2022/05/13)
  • イベント/タスクエディタでのフォーカスの動作を改善しました。
  • タスクリストを右クリックするとクラッシュするバグを修正しました。
  • ロックファイルは、ハードコードされた一時フォルダを使用しなくなりました。
  • タスクに「なし」ステータスのサポートを追加しました。
  • スケールファクターを使用したウィンドウのサイズ変更が正しく機能しませんでした。
  • タイムゾーンセレクターを開くのが速くなりました。
  • ローカル ics ファイルの変更を監視すると、Rainlendar で変更を行うときに更新がトリガーされます。
  • 無効なライセンスのエラーメッセージが改善されました。
  • トレイアイコンは macOS で正しく表示されます。
  • タイムゾーンを定義した毎週の定期的なイベントのアラームが正しい日に表示されませんでした。
  • 例外日は、マネージャーからイベントが開かれたときに、次の定期的な日付を自動的に表示します。
  • 定期的な Outook イベントの最後のアイテムは表示されませんでした。
  • 認証が失敗した場合でも、Office 365 認証ページは成功を示しました。

ユーザーレビュー

  • 5

    仕事のスケジュール管理及び日々のタスク管理ができる付箋型のソフトを…

    ぶんさん
    ぶんさん
    投稿数: 1件
    Windows 10

    仕事のスケジュール管理及び日々のタスク管理ができる付箋型のソフトを探していて、色々試しましたが、このカレンダーが最も内容が充実しておりかつ使いやすいと思いました。PC画面上に、月間カレンダー、スケジュールを具体的に書き込んだもの及びタスクを具体的に書き込んだ付箋が張り付きます。年月日及び時間も指定でき、タスク等の期限が過ぎると、完了をクリックするまで赤色で表示されます。各スケジュールの表記も色分けや分野ごとにできるなど、ほぼ理想に近いカレンダーソフトだと考えています。

    17人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?