インターネット通信を暗号化してプライバシーを保護するVPNソフト

Windscribe のアイコン

Windscribe
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X 10.11 以降, Linux, iOS, Android
バージョン:
2.02 Build 10(2021/04/12)

無料版で最大10GB/月の通信容量、10か国から選んで接続できるVPNソフトです。
非常にシンプルなソフトで、ワンクリックでVPN接続を完了し、通信内容をAES-256暗号化して通信を保護します。
VPNに接続していない時にはインターネットそのものを利用できないようにするファイアウォール機能が用意されているほか、ブラウザー拡張機能をあわせて利用することで、ブラウザーのトラッキング、閲覧履歴などのプライバシー情報も保護できるようになります。
また、次のような機能も備えています。

  • 地理的にアクセスをブロックされてしまった場合に自動的に最適な接続国へ変更する「クルーズコントロール」
  • Windscribe ネットワークの2つの場所からリクエストをルーティングして匿名性を強化する「ダブルホップ」
  • 接続している接続している場所と時間が一致するようにタイムゾーンを偽装する「タイムゾーン スプーフィング」
提供元:
※ 無料版では2GB(メールアドレスの確認で10GB)の通信容量を無料で利用でき、10か国から選んで接続可能です。プレミアム版では通信容量無制限、60か国以上から選んで接続可能です。
※ メール登録すると定期的にDMが届きます。
※ v2.0 より日本語非対応になりました。今後再び日本語対応となる可能性はあります。

Windscribe のプロモーション動画(英語)

Windscribe の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Windows」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版は「Mac」ボタン、Linux 版は「Linux」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Windscribe.exe)からインストールします。

使い方

インストールが終わると本ソフトが起動します。
※ ファイアウォールでブロックされている・・・と表示される場合は「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

無料アカウント登録

  1. 「Get Started」ボタンをクリックします。
    ※ 既にアカウントを持っている場合は「Login」をクリックします。
    初回起動時 - ログインが必要
  2. ブラウザーで「Create Your Account(アカウント作成)」ページが表示されます。
    ページ右上の国旗アイコンをクリックして「日本語」を選択すると、日本語表示になります。
    ユーザー名、パスワード、パスワード(確認用)を入力して「Create Account」ボタンをクリックします。
    ※ メールアドレス(オプション)を入力して認証を完了させると、無料通信容量が10GBにアップグレードされます。
  3. ウェブページでログインし、ソフト側でもログインされます。
    VPN接続前

VPNに接続/切断する

VPNに接続する
メイン画面の スイッチOFF をクリックするとVPNへ接続します。
VPNへの接続が完了すると通知が表示され、メイン画面の色が青色に変わります。
VPN接続完了時の通知
VPN接続時はやや青色表示に


VPNから切断する
メイン画面の スイッチON をクリックするとVPNから切断します。
VPNから切断すると通知が表示され、メイン画面の色が黒色に戻ります。
VPN切断時の通知


VPNの接続先を変更する
  • メイン画面下の「Locations」をクリックすると、接続先一覧が表示されます。
    接続したい国をクリックするとVPN接続先の都市を変更できます。
    ※ 無料版の場合、★が付いている国や都市は選択できません。
  • 接続したい国のアイコンに 接続不可 のようにスターアイコンが付いているものはプレミアムプランでのみ接続可能です。
  • 接続したい都市のアイコンに 接続不可 スターアイコンが付いているものはプレミアムプランでのみ接続可能です。
  • 接続したい都市にマウスカーソルを乗せると表示される お気に入り をクリックすると、お気に入り済み の表示になり、「Favorites」項目から接続先一覧を探しやすくなります。

ファイアウォールを利用する

VPN非接続時にインターネットに接続しないようにするオプションです。
メイン画面下部の「Firewall」下の OFF をクリックすると ON 表示になり、ファイアウォール機能がオンになり、VPNに接続していない状態ではインターネット通信がブロックされるようになります。

タスクトレイに最小化する

初期設定では「_」をクリックして最小化するとタスクバーに表示され、「×」ボタンをクリックするとソフトが終了します。
次の手順で最小化時にタスクバーに表示せず、タスクトレイにのみ表示されるように設定できます。
  1. メイン画面左上の メニュー をクリックします。
  2. 「General(一般設定)」画面が表示されます。
    「Minimize and close to tray」の トグルオフ をクリックして トグルオン にして「OK」ボタンをクリックします。
    一般設定
  3. 以後、最小化するとタスクトレイに表示されるようになります。
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー

無料版の制限

  • アメリカ、イギリス、香港など10か国に制限されます。
    ※ 接続都市も20都市に制限されます。
    ※ 有料のプレミアム版では60か国以上、100都市以上に接続可能。
  • データ転送は10GB/月まで。
    ※ 有料のプレミアム版では無制限です。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.02 build 10 (2021/04/12)
  • IKEv2 の認証エラーの検出がより具体的になりました
  • デバッグログの冗長性の削減
  • 緊急接続の説明が更新されました

Version 2.02 build 9 (Alpha)
  • 包括的分割ルーティングの問題を修正しました
  • ログから不要なメッセージを削除しました
  • 構成専用モードから他の場所へのキー押下ナビゲーションを防止しました。
  • 外部OSダイアログを表示する際のドッキングされたアプリの自動非表示を修正しました
  • 負の残りバイトの問題を修正しました
  • もしあれば、最初の未読メッセージへのニュースフィードを開きます
  • 大きなデバッグログの送信を修正しました
  • ログのエクスポート]ボタンを追加しました
  • トンネリングされていないプロセスのTCPソケットを終了しないでください
  • デフォルトで「TCPソケット終了」オプションをオンに設定します。
  • スプリットトンネリングモードでソケットを閉じるリンクオプション「TCPソケットターミネーション」
  • openVPN の安全なホットスポット修正

Version 2.02 build 5 (Beta)
  • サポートされていないOSバージョンを検出し、レガシーインストーラーをダウンロードします
  • 2.0をインストールするときに、バージョン1からヘルパーを削除します
  • 将来のアップデートのためにインストーラーの位置を微調整します
  • 外部設定モードの設定からアカウントタブを削除しました。
  • 設定とコンボボックスメニューの改善。
  • ロケーションウィンドウのUXの改善。
  • 一部の画面では、レイテンシが常にバーとして表示される問題を修正しました。
  • プロトコル名に関するOVPNカスタム構成の問題を修正しました。
  • カスタム設定のエラーメッセージを修正しました。
  • サービスログの誤ったタイムスタンプを修正しました。
  • ウェイク接続時の WireGuard の問題を修正しました。

ユーザーレビュー

  • 5

    プレミアムプランを利用しています

    nanasi@nora
    nanasi@nora
    投稿数: 1件
    Windows 10

    プレミアムプランを利用しています。
    日本語も対応していて、支払い方法はクレジットカード以外もあります。
    キルスイッチの変わりにファイアウォールがついてて、接続が切れたら通信を全部遮断してくれる機能が便利です。
    広告カットの有り無しを選べるようになって、ポイントサイトなどがやっと表示できるようになりました。
    全体的に初心者でも分かりやすくモバイル版も使いやすいです。
    無料プランはメール登録すると月10GB(日本サーバーなし)も使えるのも魅力かもしれません。
    考えられるリスクとして、米や英国の影響がとても強い国の会社なので、彼らの法律と気分次第で設定が変わったり、日本人にとって使いやすいサービスが今後も続くかは分かりません。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    VPNはトンネル効果で非常に安全な通信ができる

    のっぽ
    のっぽ
    投稿数: 78件
    Windows 10

    VPNはトンネル効果で非常に安全な通信ができる。
    このWindscribe Free VPNは、Proton VPN free版を比較基準にすると性能がはっきりする。
    1.サービス提供元の比較 Winscribe:カナダ Proton VPN:スイス
    2.通信転送制限:WinscribeFree:10GB/月 Proton VPN Free:無制限
    3.サーバー接続都市:WinscribeFree:制限ありProton VPN Free:日本2箇所あり十分
    4.通信速度:Proton VPN (Free)が圧倒的に速度ストレスがない。

    14人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい