構成されているパーティション調整、結合、コピー、削除などの操作を実施できるフリーのパーティションツール

AOMEI Partition Assistant Standard のアイコン

AOMEI Partition Assistant Standard
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロードアップグレード

上位版:AOMEI Partition Assistant Professional

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
8.8(2020/05/06)

パーティションのリサイズ、結合、削除などを行えるフリーのパーティション編集ソフトです。
Standard 版(フリー版)は用意されているメニューに比べて利用できる機能が制限されていますが、パーティションのコピーやフォーマット、ボリュームラベルやドライブ文字の変更といった操作を実行できます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ パーティションの分割、システムディスクのコピー、パーティションの復元などの機能は Professional 版(有料版)の機能です。
※ インストール時に AOMEI Partition Assistant Professional の体験版の利用が推奨されます。フリー版(AOMEI Partition Assistant Standard)を利用するには「スキップ」ボタンをクリックします。

AOMEI Partition Assistant Standard の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「フリーソフトのダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(PAssist_Std.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に AOMEI Partition Assistant Professional の体験版の利用が推奨されます。フリー版(AOMEI Partition Assistant Standard)を利用するには「スキップ」ボタンをクリックします。

使い方

本ソフトは、パーティションに関連する操作(拡張、調整、結合、フリー領域の割り当て、コピー、作成、削除、復元、フォーマット、復元できないように消去、非表示、エラーや不良セクタのチェック)、ボリュームラベルの変更、ドライブ文字の変更、ディスクのコピー、OSを SSD/HDD に移動などができます。

パーティションを削除して未割り当て領域にする

  1. メイン画面に一覧に表示されているパーティションの中から、未割り当て領域にしたいパーティションをクリックして選択状態にし、右クリックして表示されたメニューから「パーティションを削除」をクリックします。
  2. 「パーティションを削除」画面が表示されます。
    「パーティションの高速削除(データを消去せずにパーティションを削除します)」を選択して「はい」ボタンをクリックします。
    ※ 「パーティションを削除して、そのデータを消去します」の項目は Professional 版(有料版)の機能となります。
    パーティションを削除
  3. メイン画面に戻ります。
    先ほど削除したパーティションの「ファイルシステム」の項目が「未割り当て」に変わります。
    この状態はまた決定ではないため、元に戻す ボタン、やり直す ボタンで元に戻したり、やり直したり、キャンセル ボタンで操作自体をキャンセル(破棄)することもできます。
    問題ない場合は 適用 ボタンをクリックして変更を確定します。

パーティションを作成する

  1. メイン画面に一覧に表示されているパーティションの中から、「ファイルシステム」が「未割り当て」のパーティションをクリックして選択状態にし、右クリックして表示されたメニューから「パーティションを作成」をクリックします。
  2. 「パーティションを作成」画面が表示されます。
    スライダーを動かして新規パーティションに割り当てる容量を設定して「はい」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面に戻ります。
    適用 ボタンをクリックして変更を確定します。

パーティションを結合する

  1. メイン画面に一覧に表示されているパーティションの中から、結合したいパーティションをクリックして選択状態にし、右クリックして表示されたメニューから「パーティションを結合」をクリックします。
  2. 「パーティションを結合」画面が表示されます。
    隣接している2つのパーティション(1つは未割り当て領域のもの)を1つに結合できます。
    結合したいパーティションにチェックを入れ、「はい」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面に戻ります。
    適用 ボタンをクリックして変更を確定します。

フリー版と Professional 版の違い

Professional 版では次の機能を利用できます。
※ フリー版(AOMEI Partition Assistant Standard)では制限されて利用できない機能です。
  • ハードディスクを消去
  • ブータブルCD/USBを作成
  • システムディスクをコピー
  • パーティションの拡張ウィザード
  • MBR形式とGPT形式の間でディスクを変換
  • REに統合
  • Windows To Go Creator
  • SSDまたはHDDにOSを移行
  • SSDの完全消去ウィザード
  • 別のパーティションに空き領域を割り当てる
  • 高速分割
  • パーティションを整列
  • パーティションの復元ウィザード
  • コマンドラインのパーティション分割
  • スパン、ストライプ、ミラーなどのダイナミックディスクを管理
  • データを失うことなくダイナミックディスクとベーシックディスクの間で変換
  • プライマリパーティションと論理ドライブの間で変換
  • シリアル番号を変更

更新履歴

Version 8.8 (2020/05/06)
  • 修正された問題:Windowsのインストールファイルの読み込み後、Windows To Go Creatorが異常に表示されること。
  • 修正された問題:PreOSモードでOSの移行を実行すると、ターゲットシステムが起動できないこと。
  • ドイツ語のインターフェーステキストを最適化しました。
  • メニューバーに「ディスクを変換」機能を追加:一回クリックで、選択したディスクをMBRスタイルとGPTスタイルの間でデータを失うことなく変換します。
  • 修正された問題:登録中にプログラムがクラッシュすること。
  • 修正された問題:GPT USBフラッシュドライブで作成されたWinPEが起動できないこと。

Version 8.7 (2020/03/25)
  • 修正された問題:クローン中にシステム情報を更新すると、プログラムがクラッシュすること。
  • 修正された問題:Windows XPでプログラムを起動するときに、ダイナミックリンクライブ ラリKERNEL32.dllでエントリポイントGetTickCount64が見つかりませんと表示されること。
  • 修正済み:システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行中のエラーコード5およびコード11の問題を修正しました。
  • 登録プロンプトテキストを最適化しました。
  • 「再起動モード」に入るプロセスを最適化しました。

Version 8.6 (2019/12/20)
  • オンライン登録機能の追加:ライセンシーの正当な権利を保護するために、システムはAOMEI Partition Assistantを起動および登録するときにライセンスコードに関する情報を確認します。
  • AOMEI Partition AssistantとWindows 10バージョン1903および1909との互換性を改善しました。
  • 修正済み:システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行中のエラーコード5およびコード11の問題を修正しました。
  • 修正済み:システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行後のシステム起動時の0xc00000eエラーの問題を修正しました。
  • 修正済み:システムパーティションを複数の小さなパーティションに分割した後、コンピューターが起動しないことを修正しました。
  • 修正済み:SSDセキュア消去の処理中に操作をキャンセルすると、プログラムが予期せずクラッシュすることを修正しました。
  • 修正済み:「パーティションをリサイズ/移動」のインターフェイスにプログラムが異常に表示されることを修正しました。
  • 修正済み:ドライブ文字なしでパーティションを作成できないことを修正しました。

ユーザーレビュー

  • 1

    殆どの機能は無料版では実行できません

    niji
    niji
    投稿数: 1件
    Windows 10

    殆どの機能は無料版では実行できません。また無条件返金はありませんので、一旦購入したら払ったお金は戻りません。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    使ってみたが肝心なところは有料版へ・・・AOMEI使えねぇ

    rommel
    rommel
    投稿数: 1件
    Windows 10

    使ってみたが肝心なところは有料版へ・・・AOMEI使えねぇ。
    意味がなくなったので削除。ゴミが残るのも嫌なのでWindows10の復元を使ったが
    なんとCドライブが原因不明のエラー(エラーは無いが復元しようとするとエラー表示)
    間違いなくこのソフトが原因。
    しょうがないのでクローンSSDに交換して事なきを得たが、何をされたんだが。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    最悪です

    ラビッツ
    ラビッツ
    投稿数: 1件
    Windows 10

    最悪です。
    パーティション結合したところブルー画面発生、再起不能になりOSクリーンインストールしました。
    相性が悪かったのかもしれません。

    その後、MiniTool Partition Wizard を使ったらパーティション結合に成功しました。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

AOMEI Partition Assistant Standard に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 62 件)