”システムの復元” 同様の機能を利用できるバックアップ・リカバリソフト

AOMEI OneKey Recovery のアイコン

AOMEI OneKey Recovery
  • 海外
  • 日本語○
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2011/2012/2016
バージョン:
1.6.4(2021/07/16)

システムのパーティションのバックアップをとっておき、システム故障時に元の状態にリカバリできるソフトです。
Lenovo OneKey Recovery のようにシステムに問題が発生した場合に、システムのイメージファイルを利用してリカバリしたり、バックアップ時点の状態に戻したりできます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトは v1.6.3 からシェアウェアになりました。無料で試用できますが、体験版では動作確認を目的としており、バックアップを実行することはできません。
※ v1.6.4 より日本語に対応しました。

AOMEI OneKey Recovery の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイト へアクセスし、「TryDemo」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(OnekeyDemo.exe)からインストールします。

使い方

システムをバックアップする

  1. 本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
    「OneKey System Backup」をクリックします。
  2. 「System backup(システムのバックアップ)」画面が表示されます。
    次のいずれかを選択します。
    • Backup system to AOMEI OneKey Recovery Partition (Recommended)
      AOMEI OneKey Recovery パーティションにシステムをバックアップする(推奨)
    • Backup system to other location
      ハードディスク、外付けハードディスク、またはフラッシュドライブなどの他の場所にシステムをバックアップする
      ※ Professional 版のみの機能です。
    ここでは、前者を選択して「Next」ボタンをクリックします。
  3. 「Select Partition(パーティションの選択)」画面が表示されます。
    システムのバックアップを作るパーティションをクリックして選択し、「Next」ボタンをクリックします。

システムをリカバリする

本ソフトメイン画面にて「OneKey System Recovery」からシステムのリカバリを行えます。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.6.4 (2021/07/16)
  • 複数の新しい言語を追加します:ドイツ語、日本語、フランス語、スペイン語、イタリア語、繁体字中国語、その他の言語。
  • いくつかの既知の問題を修正します。

Version 1.6.3 (2020/12/16)
  • ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにインターフェイスを改善しました。

Version 1.6.2 (2017/12/25)
  • UEFI署名の問題を修正しました。GPTディスクにリカバリ環境を作成した後、ショートカットキーを「A」に変更できるようになりました。

ユーザーレビュー

  • 4

    バックアップの時にInformation Code 4140が出て…

    tako59
    tako59
    投稿数: 1件
    Windows 8/8.1

    バックアップの時にInformation Code 4140が出てバックアップに失敗します。
    ところが何故か、AOMEI Backupper Standard Editionをインストールしている状態でバックアップすると上手く行きます。
    バックアップも復元も簡単にすぐ完了します。
    4140の問題さえなければ非常にいいソフトです。

    9人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?