システムドライブを含むハードディスクすべてのデータをバックアップできるソフト

AOMEI Backupper Standard のアイコン

AOMEI Backupper Standard

ダウンロードアップグレード

上位版:AOMEI Backupper Professional

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
5.6(2020/01/14)

動作の安定性に定評のあるデータバックアップソフトです。
システムドライブやハードディスク、ダイナミックボリュームを含むパーティションのバックアップを作成できます。
コンピュータのデータを誤って削除してしまったり、何らかの原因でシステムに不具合が発生した場合であっても、バックアップしたイメージからデータやシステムをリカバリすることができます。
また、システムの緊急時に利用できるCDやUSBメディアのブータブルディスクの作成にも対応しています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 個人利用かつ非商用利用に限り無料で利用できます。
※ GPTシステムディスクの場合、 ディスクのクローン、パーティションのクローン機能は Pro 版の機能となり Standard 版では利用できません。GPTディスクかどうか調べるにはこちらをご参照ください。

AOMEI Backupper Standard の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページ へアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックします。
    フリーソフト100ストアにて、Pro 版機能を30日間無料で試用できる体験版をダウンロードできます。
  2. メールアドレス入力ウィンドウがポップアップするので、メールアドレスを入力して「ダウンロードURL1」ボタン、または「ダウンロードURL2」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードしたセットアップファイル(AOMEIBackupperStd.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に「Pro 版」の体験を利用するか確認する画面が表示されます。不要な場合は「スキップ」ボタンをクリックします。<<58>>

使い方

バックアップ

  • システムバックアップ
    Windows システムドライブのイメージファイルを作成します。
  • ディスクバックアップ
    ハードディスクドライブのイメージファイルを作成します。
  • パーティションバックアップ
    パーティションまたはダイナミックボリュームのイメージファイルを作成します。
  • ファイルバックアップ
    任意のファイルやフォルダーのイメージファイルを作成します。
  • 同期
    Step1 で指定したフォルダー内容を Step2 で指定したフォルダーにコピーします。

復元

イメージからデータをリカバリできます。

クローン

クローンを作成できます。
  • システムクローン
    クローン作成、SSDや他のディスクにシステムを移行できます。
    ※ Pro 版の機能です。
  • ディスククローン
    ハードディスクのクローンを作成できます。
  • パーティションクローン
    パーティションまたはボリュームからクローンを作成できます。
GPTシステムディスクの場合、 ディスクのクローン、パーティションのクローン機能は Pro 版の機能となり Standard 版では利用できません。GPTディスクかどうか調べるにはこちらをご参照ください。

ユーティリティ

ユーティリティーツールを利用できます。
  • イメージをチェック
    バックアップイメージのデータ整合性をチェックします。
  • ブータブルメディアの作成
    CD/DVDディスクやUSBドライブによる緊急時用のブータブルメディアを作成できます。
  • AOMEI Centralized Backupper
    AOMEI Centralized Backupper にて複数PCのバックアップと復元のタスクを集中管理します。
  • イメージファイルを検索
    イメージを仮想ディスクとしてマウントし、データを確認できます。
  • イメージファイルをマージ
    複数の増分バックアップを一つにマージします。
    ※ Professional 版の機能です。
  • 配置をエクスポート/インポート
    バックアップタスクを管理する設定ファイルをインポート/エクスポートします。
  • AOMEI PXE Boot Tool
    システムメンテナンスのためネットワーク上のマイクロシステムをロードします。
    ※ Professional 版の機能です。
  • ログ
    バックアップ処理中に発生した記録を表示します。


更新履歴

Version 5.6 (2020/01/14)
  • 追加された機能:スリープまたは休止状態からコンピュータをウェイクアップして、スケジュールされたタスクを実行します。
  • 「イベントトリガー」の「一日に最大一回実行」機能の時間計算方法を改善して、計算時間をコンピュータ時間と一致させます。
  • 指定された値に基づいて古いバックアップを自動的に削除するようにバックアップ戦略を改善させます。
  • 修正された問題:高DPI環境で「USB挿入」プロンプトが遅延表示されます。
  • 修正された問題:Bitlockerで暗号化されたパーティションは復号化された後にセクター単位でバックアップできなくなります。
  • 修正された問題:ディスクまたはパーティションを元の場所に復元した後に増分バックアップを実行すると、「構成変更にはフルバックアップが必要」プロンプトが表示されます。
  • 修正された問題:差分バックアップスキームが場合によっては無効になります。
  • 修正された問題:ネットワーク接続に失敗した場合、エラーコード311以外の詳細な情報はありません。
  • 修正された問題:4GBを超えるファイルをBitLockerで暗号化されたパーティションに復元すると、エラーコード4162が発生します。
  • 修正された問題:BitLockerで暗号化されたパーティションを元の場所に復元した後にファイルシステムが破損します。
  • 修正された問題:Windows PEでシステムを復元する時にドライブ文字を割り当てることができません。
  • 修正された問題:使用中のファイルが多すぎるため、ファイルバックアップがクラッシュします。
  • 修正された問題:GPTディスクのパーティションを復元した後、増分または差分バックアップを再度実行すると、エラーコード4123が発生します。
  • 修正された問題:ファイル同期の復元タスクは正常に完了したのに、ファイルは存在しません。
  • 修正された問題:タスクを編集する時にスケジュールを「リアルタイム同期」「USB挿入」または「イベントトリガー」に変更することができません。

Version 5.5 (2019/12/20)
  • USBメモリを挿入した後、タスクを実行する時間を設定できます。
  • 3つ以上のパーティションをもつGPTディスクをMBRディスクに復元/クローンできます。
  • イメージファイルをダブルクリックで開き、その中身をプレビューできます。
  • ディスク/パーティションを復元した後、元のタスクで増分/差分/フルバックアップを使い続けることができます。
  • 修正済み問題:ディスクを復元した後、ドライブ文字なしパーティションにドライブ文字が割り当てられます。
  • 修正済み問題:同じサイズのディスクに復元/クローンする時に「容量不足(コード:214)」エラーが表示されます。
  • 修正済み問題:ディスクを復元/クローンする時に「パーティションのサイズ変更に失敗した(コード:4120)」エラーが表示されます。
  • 修正済み問題:より小さいサイズのディスクに復元する時に、「容量不足(コード:214)」エラーが表示されます。

Version 5.3 (2019/10/09)
  • ファイルバックアップとファイル同期の速度を向上させました。
  • 「タスクを編集」機能を改善しました。
  • リアルタイム同期とほかの同期スケジュール種類の間で切り替えることが可能になりました。
  • 修正済み問題:パスが長すぎてファイル同期に失敗します。
  • 修正済み問題:ファイルバックアップからファイルを個別で復元できないことがあります。
  • 修正済み問題:一部のVistaシステムでWindowsスケジュールタスクを削除できません。

ユーザーレビュー

  • 4

    ディスククローンやディスクバックアップのソフトウェアはやたら…

    niku
    niku
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ディスククローンやディスクバックアップのソフトウェアはやたら常駐するプロセスが多いイメージです。
    該当のソフトウェアを起動し終了させたとしてもいくつかのプロセスは残っています。
    AOMEIは他のソフトウェアと比較し常駐プロセスが少ないのが好印象です。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    restore point creator だとOS側の設…

    tonnura
    tonnura
    投稿数: 61件
    Windows 10

    restore point creator
    だとOS側の設定を弄ると
    復元できない場合もあるので導入
    最初Macrium Reflect Free Edition
    を試そうとしたが、どうやっても
    セットアップファイルがダウンロードできない><
    次にこれ入れて、今いちなんで
    EaseUS Todo Backup Freeを導入
    が復元で10起動したままだと不可能ぽい・・・
    んでまた戻りこれを導入
    システムバックアップアプリだけ
    しっくりくるアプリが無い><

    余談だが大型アップデイトとか
    OS側の設定が戻ってしまい困る場合がある
    そんな時便利なのが
    「CloneApp」というアプリ
    (自分も長い事探しててやっと見つけた)
    OSやアプリケーションの設定をバックアップ・復元できるツール。

    かなり便利なのですが紹介してるサイトが少ない><
    ぜひこちらでも紹介してほしいです。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    以下の通りで使い方が間違っています studさん ちしさん…

    秋葉太郎
    秋葉太郎
    投稿数: 6件
    Windows 10

    以下の通りで使い方が間違っています
    studさん ちしさんも!

    「システムクローン」(有料)なんか不要ですよ!

    ●「ディスククローン」でやってください
    C: ドライブ(Windows)をクローンしたいなら

    ------------------------
    システムクローン ←できない Pro版(有料)のみ
    ディスククローン ←できる

    ↓ つまり C: ドライブ(Windows)を

    ディスククローン
    でクローンすれば、Windows(C:)が起動できる

    わざわざ「システムクローン」で
    C: ドライブ(Windows)をクローンする必要は一切ない

    元々「システムクローン」なんという機能自体が無駄なのです
    Pro版(有料)を買わせたいために、特別に作成したのでしょう

    ●これがないと「C: ドライブ(Windows)」をクローンできないように
    ●勘違いさせたいのでしょう
    ●(システムパーティションのみのクローンなど何の意味もないのに)


    みんなこの勘違いに誘導されています
    勘違いされないように!!

    ダダで使いましょう

    12人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

AOMEI Backupper Standard に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 67 件)