アプリケーションをロックして利用を制限できるソフト

AppLocker のアイコン

AppLocker
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7, Windows Server 2003/2008
バージョン:
1.3.16(2010/01/31)

- 2014年11月1日、配布終了確認 -
共有PCなどで自分だけが利用したいソフトをロックできます。
標準では IE やマイクロソフトオフィスの Word、Excel、Notepad(メモ帳)などが登録されていますが、設定からソフトを追加することができます。

提供元:
Smart-X Software Solutions Ltd.
※ ダウンロードには名前やメールアドレスなどの入力が必要です。

AppLocker の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトにアクセスし、「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。
  2. AppLocker 登録ページが表示されます。
    First Name、Last Name、Email、CompanyName を入力し、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードした圧縮ファイル(AppLocker.Setup.zip)を解凍し、セットアップファイル(AppLocker.Setup.msi)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

    デスクトップショートカットから起動できます。
    初期表示されている項目は次の通り。
    • Internet Explorer
    • Microsoft Excel
    • Microsoft Outlook
    • Microsoft PowerPoint
    • Microsoft Word
    • MS Painter(ペイント)
    • Nero Burning ROM、Notepad(メモ帳)
    • wordpad(ワードパッド)
    ソフトを起動させたくない項目のチェックボックスにチェックを入れ、「Save」ボタンをクリックするとソフトを起動させることができなくなります。

    対象ソフトの追加

    1. 「Configure」ボタンをクリックすると設定画面が表示されます。
    2. 「Add new application」内の「Caption」に表示したい名前(ソフト名)、「Executable File Name(*.exe)」に実行ファイル名となる本体名を入力します。
    3. 「Add」ボタンをクリックすると、「Application list」に登録されます。
      「OK」ボタンをクリックして元の画面に戻ると、表示項目にいま登録したソフトが追加して表示されます。

    更新履歴

    Version 1.3.16 (2010/01/31)
    • Bug Fix
      It is now possible to clear all applications from list

    Version 1.1 (2009/01/19)
    • First release