Windows Defender の有効/無効を切り替えられるソフト

Defender Control のアイコン

Defender Control
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.4(2018/12/15)

Windows Defender を有効化/無効化できるソフトです。
Windows Vista 以降、システムに組み込まれている Windows Defender は、簡単に無効化できなかったり、無効化してもいつの間にか有効になっていたりします。
しかし、本ソフトを利用すると「Windows Defender を無効化」ボタンをクリックするだけで無効化でき、勝手に有効化されないようにしてくれます。
有効化したい場合は「Windows Defender 有効化」ボタンをクリックするだけでOKです。
コマンドラインを利用した有効化/無効化も可能です。

提供元:

Defender Control の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページをスクロールして「Related Posts」項目上部の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(DefenderControl.zip)を解凍し、DefenderControl.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

Windows Defender を無効化する
「Windows Defender を無効化」ボタンをクリックして無効化します。
Windows Defender 無効時


Windows Defender を有効化する
「Windows Defender を有効化」ボタンをクリックして有効化します。
Windows Defender 有効時


「セキュリティセンターを開く」ボタンをクリックすると、設定画面の「Windows セキュリティ センター」⇒「セキュリティの概要」画面が表示されます(※ Windows 10 の場合)。

コマンドライン

  • /E
    Enable Windows Defender(Windows Defender を有効化する)
  • /D
    Disable Windows Defender(Windows Defender を無効化する)
次の形式で利用します。
  • DefenderControl.exe /E
  • DefenderControl.exe /D
コマンドラインオプション

ユーザーレビュー

  • 4

    Windows10ではWindows Defender が勝…

    usericon watarin
    投稿数: 105件
    Windows 10

    Windows10ではWindows Defender が勝手に起動してしまい、停止させる
    のは困難の為に試用した、期待どうり停止したことにより、タスクに表示さ
    れなくなりました。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい