多種類の動画形式に対応し、豊富なフィルターを持つ動画編集ソフト

Avidemux のアイコン

Avidemux

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X, Linux
バージョン:
2.8.1(2022/09/19)
価格:
無料

エンコード形式として MPEG-1 / MPEG-2 / H.263 / MPEG-4 など、ファイルフォーマット(コンテナ)として AVI / MPG / MP4 / FLV などに標準で対応した動画編集ソフトです。
動画の範囲を指定した切り出しや削除、動画の連結などが簡単な操作で実行できます。
ノイズ除去や画面サイズの変更など多様なフィルターや、SSA / ASS 形式の字幕ファイルも利用できます。
海外製のソフトですが、日本語化ファイルの導入により、日本語で利用できるようになります。

提供元:

Avidemux の使い方

ダウンロード

  1. FOSSHUB へアクセスし、「Avidemux 64-bit Windows Installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ 32bit OS の場合は、SourceForge.net へアクセスし「avidemux_2.7.6_win32.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Avidemux_2.8.1VC++64bits.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

  1. TiltStr::不定期版へアクセスし、「ver.2.8.1」の右にある「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした「Avidemux_v2.8.1jp.zip」を解凍し、解凍先フォルダー内の「avidemux_ja.qm」を、Avidemux のインストール先フォルダーの「qt5」配下の「i18n」フォルダーに上書きコピーします。
  3. 本ソフトを起動すると、日本語で表示されます。
    ※ 日本語化ファイルを適用したあとも、ダイアログボックスなどでは一部英語表記のままのものもあります。

動画ファイルの読み込み

動画ファイルを Avidemux のウィンドウにドラッグ&ドロップします。

動画の切り出し、不要な範囲の削除

動画ファイルの切り出し、不要な範囲の削除ができます。
  1. ウィンドウ下部のシークバーを使用して、動画の必要な範囲を決めます。
  2. 切り出す範囲、または削除する範囲の始点のフレームをウィンドウに表示します。
  3. フレーム移動 ボタンで1フレームずつの移動、イントラフレーム移動 ボタンでイントラフレーム(キーフレーム)間の移動ができます。
  4. 始点 ボタンをクリックします。
  5. 切り出す範囲、または削除する範囲の終点のフレームをウィンドウに表示します。
  6. 終点 ボタンをクリックします。
  7. 「Video Output」と「Audio Output」の両方とも「コピー」になっていることを確認します。
  8. 「Output Format」で、読み込んだファイルと同じファイル形式を選択します。
    例えばMP4ファイルを読み込んだ場合は、「MP4 Muxer」を選択します。
  9. 「ファイル」メニューの「保存」を選択します。
  10. 保存する場所とファイル名(拡張子も含む)を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

フレームの画像をイメージファイルに保存

文書で動画を紹介するときなどに便利な機能です。
  1. ウィンドウ下部のシークバーを使用して、イメージファイルに保存するフレームを決めます。
    フレーム移動 ボタンで1フレームずつ移動できます。
  2. 「ファイル」メニューの「画像で保存」から、「BMPで保存」または「Save as JPEG」を選択します。
  3. 保存する場所とファイル名(拡張子も含む)を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

動画ファイルの連結

画面サイズとフレームレートが同じ動画ファイルは、簡単に連結することができます。
  1. 先頭の動画ファイルを読み込みます。
  2. 「ファイル」メニューの「追加」を選択します。
  3. 連結する動画ファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。
    必要なだけ手順2~3を繰り返します。
  4. 「Video Output」と「Audio Output」の両方とも「コピー」になっていることを確認します。
  5. 「Output Format」で、読み込んだファイルと同じファイル形式を選択します。
    例えばMP4ファイルを読み込んだ場合は、「MP4 Muxer」を選択します。
  6. 「ファイル」メニューの「保存」を選択します。
  7. 保存する場所とファイル名(拡張子も含む)を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

動画の情報表示

「ファイル」メニューから「インフォメーション」を選択します。
「プロパティ」ダイアログボックスに、動画のコーデックやフレームレートなどの情報が表示されます。

動画形式の変換

動画の形式(エンコーダーとファイル形式)を変換して保存できます。
  1. 動画ファイルを読み込みます。
  2. 「Video Output」のドロップダウンから、変換するエンコーダーを選択します。
  3. 「Audio Output」のドロップダウンから、変換するエンコーダーを選択します。
  4. 「Output Format」で、変換するファイル形式を選択します。
  5. 「ファイル」メニューの「保存」を選択します。
  6. 保存する場所とファイル名(拡張子も含む)を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

動画のフィルター設定

  1. 「Video Output」で「コピー」以外を選択します。
  2. 「Video Output」の「フィルター」ボタンをクリックします。
  3. 「ビデオフィルター管理」ダイアログボックスの左端で、フィルターの種類を選択します。
  4. 「利用可能なフィルター」でフィルター名をダブルクリックします。
  5. 表示されたダイアログボックスでフィルターの設定をし、「OK」ボタンをクリックします。
  6. 設定したフィルターが「アクティブなフィルター」に表示されます。
  7. 必要なだけ手順3~5を繰り返し、「閉じる」ボタンをクリックします。

音声のフィルター設定

  1. 「Audio Output」で「コピー」以外を選択します。
  2. 「Audio Output」の「フィルター」ボタンをクリックします。
  3. 「音声フィルター」ダイアログボックスの各項目を設定して「OK」ボタンをクリックします。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.8.1
(2022/09/19)
  • 新機能
    ・新しいHiDPI対応ボタンセット
    ・CTRL+F ショートカットを使用して部分フィルターを追加する高速な方法
    ・オーディオ部門の改善
     ・カスタム フレーム レートの変更 (ピッチ コントロールによるオーディオ ストレッチ)
     ・コンフィギュラブル コンプレッサ (DRC)
     ・3バンドイコライザー
     ・独立チャネルゲインオプション
     ・独立チャネル遅延オプション
     ・チャネル再マップ オプション
     ・新しいダウンミックス オプション: ステレオ ヘッドフォンとヘッドフォン バーチャル サラウンド
     ・最大 32 トラックのオーディオ トラック構成
     ・音量設定は終了時に保存されます
    ・[表示] メニューの明るいテーマと暗いテーマのオプション
    ・「サイズ変更」、「サイズに合わせる」、「ズーム」フィルターで選択したサイズ変更方法を記憶するオプション
    ・新しいフィルター: 3D LUT
    ・新しいフィルター: 間引き
    ・新しいフィルター: 任意回転
    ・新しいビデオ エンコーダー: VideoToolbox HEVC ("ffVTENcHEVC"、macOS のみ)
  • その他の機能強化
    ・HDR トーンマッピングのパフォーマンスと品質の向上
    ・拡張ファイル情報
    ・ボタン上でマウス ホイールを回転させて 60 秒ずつシークすると、1/2/4/60 秒のシーク モードが繰り返されます
    ・Windows では DXVA2 を介してハードウェアで 8 ビット VP9 をデコードし、Linux では VP9 デコーダーを備えたグラフィックス カードを使用して VDPAU を介して 8 ビット VP9 をデコードするためのサポート
    ・オンザフライ ビデオ フィルタ プレビューで選択範囲の開始 (A) と終了 (B) を探すボタン
    ・「ロゴの追加」ビデオ フィルタ設定ダイアログのロゴ イメージがスケーラブルになり、ドラッグして再配置できるようになりました
    ・デフォルトでは、ビデオ フィルター構成ダイアログのオンザフライ プレビューが OpenGL を使用してレンダリングされるようになり、HiDPI 条件でのパフォーマンスが向上しました。
  • バグの修正
    ・選択範囲がビデオの最後まで拡張されている場合、クリップボードにコピーするとクラッシュします。これは、v2.8.0 で導入されたリグレッションです。
    ・モーション補間が有効な「Resample FPS」ビデオ フィルタでクラッシュする
    ・vp9 エンコーダーでエンコードを終了するとクラッシュする
    ・Avidemux は、最近のハードウェアを使用した Linux でアプリケーションの起動時にプローブすることによって引き起こされる VA-API ドライバーのクラッシュの犠牲になります。
    ・VDPAU を有効にした MPEG-1 ビデオ トラックと HW デコーダーを含む MPEG-TS または MPEG-PS ファイルをロードするとクラッシュする
    ・一部の E-AC3 ストリームでのチャネル数またはチャネル レイアウトの誤り
    ・読み込まれた BMP 画像のコントラストの低下と色の彩度の低下
    ・ゼロから始まり、ビデオの最後の画像で終わる選択は削除できません
    ・B フレームを無効にすると、VideoToolbox HW エンコーダーが破損する (macOS のみ)
  • その他
    ・バンドルされている FFmpeg ライブラリが 4.4.2 リリースに更新されました。

Version 2.8.0
(2021/12/28)
  • -

Version 2.7.8
(2021/03/07)
  • szlldm の好意により追加された多くの新しいビデオフィルター
    ・専用のMOVマルチプレクサが利用可能になり、MP4マルチプレクサ内のMOVマルチプレクサモードへのサイレントフォールバックが置き換えられました。
    ・入力ビデオと出力ビデオの両方がMatroska / WebMコンテナーに保存されている場合、HDRサポートに関連する色情報のサブセットはコピーモードで保持されます。色情報を追加または上書きする設定がMKVおよびWebMマルチプレクサに追加されました。
    ・MPEG-TSデマルチプレクサのインデクサーは、完全にサポートされていないMPEG-2およびH.264ストリームの解像度の変更を検出し、インデックス作成の中止を提案するようになりました。ユーザーが続行することを選択した場合、すべての解像度変更のファイルオフセットがログに記録されます。これにより、上級ユーザーは、ヘッドやテールなどの他のツールを使用して、これらのオフセットでファイルをAvidemuxで処理できるチャンクに分割できます。
    ・ロスレスUtVideoコーデックのYUVの種類が、バンドルされたFFmpegライブラリを介したデコードとエンコードでサポートされるようになりました。
    ・非圧縮の24ビットオーディオがファイル形式のサブセットでサポートされるようになりました。
    ・7.1チャネルレイアウトの限定サポート。
    ・DTSオーディオトラックでのXLLサブストリームのデコードとストリームコピーのサポート。
    ・再生を再開すると、オーディオプロパティが更新されるようになりました。これにより、オーディオ形式の変更後に保存を開始できます。再生中にオーディオフォーマットが変更されると、FFmpegベースのオーディオデコーダーは無音を出力し、ガベージを生成するのではなくフォーマットを維持します。
    ・マーカーAとBを自動的に交換するのではなく、それらのIDを保持するオプションが[設定]に追加されました。
    ・「削除」アクションのキーボードショートカットは、代替のキーボードショートカットを有効にしてカスタマイズ可能になりました。
  • その他の機能強化
    ・バンドルされているFFmpegでマルチスレッドビデオデコードが利用できるようになりました。強力なマルチコアCPUでは、これによりデコードパフォーマンスが大幅に向上します。最大8つのスレッドを作成できますが、控えめなカスタム上限の4をお勧めします。 8を超える値は、デコードの失敗を引き起こします。マルチスレッドデコードとHWアクセラレーションデコードは相互に排他的であり、変更を有効にするにはアプリケーションを再起動する必要があります。
    ・サポートされる最大解像度が8192x8192に増加しました
    ・バンドルされているFFmpegが4.2.4リリースに更新されました。
    ・非標準のディスプレイアスペクト比は、ディスプレイ幅を指定することでMP4マルチプレクサで構成できます。
    ・MP4マルチプレクサはMPEG-1およびMPEG-2を受け入れるようになりました。
    ・x265ビデオエンコーダプラグインの設定ダイアログでは、 Trent Piepho による大規模なクリーンアップとリファクタリングが行われ、より多くの適応型量子化分散メソッドが追加されました。
    ・Pythonインターフェースが大幅に拡張され、セグメントプロパティ、ロードされたビデオの数とファイル名、キーフレームのPTS、プレビューの更新に合わせて時間を求めるメソッド、拡張子でフィルタリングされたファイルダイアログを開くメソッド、および組み込みのメソッドが含まれるようになりました。指定されたパスからファイル名拡張子を分割します。
    ・スクリプトシェルがUnicode文字をサポートするようになりました。
    ・macOSでは、ファイルはFinderのコンテキストメニューから、またはドックのAvidemuxアイコンにドロップすることでロードできます。
    ・Linuxでは、ファイル名にそれぞれ_jobsまたは_cliを含むシンボリックリンクを作成し、このシンボリックリンクを介してAppImageを実行することにより、ジョブGUIおよびCLI実行可能ファイルをAppImageから起動できます。
  • バグの修正
    ・…(省略)

ユーザーレビュー

  • コメント

    2.8.1でエンコしたのですが色が変わりますね…

    おてぃん
    おてぃん
    投稿数: 1件
    -

    2.8.1でエンコしたのですが色が変わりますね…
    2.7.6から乗り換えようかと思ったのですがガッカリです

    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    バージョン2.8.1がきました

    にゃんこるり2
    にゃんこるり2
    投稿数: 1件
    Windows 11

    バージョン2.8.1がきました
    前のレビューでBを指定せずにAからいきなり全部カットするとエラーで落ちるっていう不具合が修正されました!
    これで2.7.8から解放される…

    UIもなんかいろいろ変わってますね
    分かりやすくはなっているけど前野に慣れているため違和感は強い
    また日本語ファイルを外部から持ってこなくても2.8.0と2.8.2は最初からちゃんと全部日本語化されているから外部の日本語ファイルは完全不要です

    いくつか動画をカットしたり編集してみたけど特に不具合も感じられないのでとても良いバージョンでした

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    ポータブルを使っています

    ねこ丸
    ねこ丸
    投稿数: 3件
    Windows 10

    ポータブルを使っています。
    使いやすいが、2点問題がある。
    いつも output Format MP4 Muxerの設定 Audhio Output AACにするけど、Edit save defoにするも、覚えてくれずCOPYに戻っていまう。
    win7の時は動いていた,win10になって、EDIT CUTが前方なら問題無いが、最後尾の不整合、切り捨てようとすると、ファイルを閉じて戻ってしまう、コケてるんだね。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Avidemux に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 35 件)