オープンソース&クロスプラットフォームの動画編集ソフト

Shotcut のアイコン

Shotcut

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows 7 以降(64bit), macOS 10.12 以降, Linux
バージョン:
22.06.23(2022/06/23)

オープンソースで Windows/Mac/Linux のクロスプラットフォームで動作するフリーの動画編集ソフトです。
タイムラインを利用して動画の切り出し、結合、音楽ファイルの合成、画像ファイルを組み合わせたフォトムービーの作成が可能です。
ぼかし、色温度の調整、ホワイトバランス、セピア調、レトロ(ほこり、傷、映写機、粒子)、クロマキー、フェードイン/フェードアウトといったフィルタ/エフェクトにも対応。
4K動画をサポートし、出力フォーマットは160種類以上をサポートしています。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:

チュートリアル:クロスフェードとトランジション

Shotcut の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページ へアクセスし、「Windows installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「shotcut-win64-220623.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版はそれぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
    Microsoft Store 版はこちらからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(shotcut-win64-220623.exe)からインストールします。

使い方

動画を切り出す

  1. 動画ファイルの読み込み
    本ソフトを起動し、画面上部のツールバーから ファイルを開く をクリックして動画ファイルを選択します。
  2. 切り出し範囲を選択する
    画面中央に選択した動画がプレビュー再生されます。
    シークバー左端の 開始位置 とシークバー右端の 終了位置 をドラッグして動かし、切り出したい範囲を選択します。
    ※ 後から調整できるので、少し長めに切り出しておいてもよいです。
  3. タイムラインに追加する
    プレビュー再生されている動画をを画面下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
    動画をドラッグ&ドロップでタイムラインに追加

    動画をドラッグ&ドロップでタイムラインに追加

  4. 切り出し範囲を確認する
    プレビュー動画下部にある 再生ボタン をクリックして動画を再生し、切り出した範囲に問題ないか確認します。
    プレビュー動画下部やタイムラインにある キャレット を動かして、再生開始位置を任意の場所に移動させることも可能です。
  5. 切り出し範囲を調整する
    不要な箇所があった場合、そこに キャレット を移動し、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
    すると、キャレット の位置から左右2つの動画に分割されます。
    タイムラインの不要な方の動画をクリックし、右クリックメニュー「削除」をクリックすると不要部分が削除されます。
  6. 動画を保存する
    画面上部のツールバーから 書き出し をクリックします。
    すると、画面左に「書き出し」が表示されます。
    保存形式、解像度などを選択して「ファイルを書き出す」ボタンをクリックし、保存場所を選択するとファイルを保存できます。
    ※ 「書き出し」項目内をスクロールすると「ファイルを書き出す」ボタンをクリックできます。
    「書き出し」から動画を保存

    「書き出し」から動画を保存


動画の不要部分をカットする

動画を切り出す内の「切り出し範囲を調整する」の方法を応用する形となります。
  1. 本ソフトを起動し、画面上部のツールバーから ファイルを開く をクリックして動画ファイルを選択します。
  2. 画面中央に選択した動画がプレビュー再生されます。
    プレビュー再生されている動画をタイムラインへドラッグ&ドロップします。
  3. プレビュー動画またはタイムラインにて、動画をカットしたい開始位置に キャレット を移動させ、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
    同様に動画をカットしたい終了位置に キャレット を移動させ、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
  4. これでタイムライン上の動画は3つに分割されます。
    ※ タイムライン上の動画をクリックすると赤色の枠で囲まれているのが1つの動画となり、全部で3つあるはずです。

    不要な動画の位置をクリックして選択し、右クリックメニュー「削除」をクリックして不要範囲を削除します。
    タイムラインから分割した不要部分を削除

    タイムラインから分割した不要部分を削除

  5. 画面上部のツールバーから 書き出し をクリックして動画を保存します。

複数の動画をつなげる

複数の動画ファイルを読み込んで1つの動画ファイルへとマージ(結合)できます。
  1. 画面上部のツールバーから プレイリスト をクリックして画面左にプレイリストを表示させます。
  2. マージしたい動画ファイルをプレイリストにドラッグ&ドロップします。
  3. プレイリストから画面下部のタイムラインに動画をつなげたい順にドラッグ&ドロップします。
    複数動画をプレイリスト⇒タイムラインと登録してマージ

    複数動画をプレイリスト⇒タイムラインと登録してマージ

  4. 画面上部のツールバーから 書き出し をクリックして動画を保存します。

動画にテキストを追加する

動画にテキストを追加します。
  1. あらかじめタイムラインに動画を追加しておきます。
  2. 画面上部のツールバーから フィルタ をクリックして画面左にフィルタを表示させます。
  3. タイムラインに表示している、テキストを追加したい動画をクリックして選択し、フィルタの「+」をクリックし、「映像」⇒「テキスト」とクリックします。
    フィルタ⇒映像⇒テキストの追加

    フィルタ⇒映像⇒テキストの追加

  4. 「テキスト」に表示させたいテキストを入力し、フォントや表示位置などを調整します。
    ※ テキストはタイムラインの動画単位で表示されます。動画内の任意の時間帯だけ表示させたい場合は、再生ヘッドで分割する をクリックして動画を分割してテキストを挿入します。
    テキストの編集

    テキストの編集


動画に音楽を追加する

動画に音楽を追加します。
  1. あらかじめタイムラインに動画を追加しておきます。
  2. 画面上部のツールバーから プレイリスト をクリックして画面左にプレイリストを表示させます。
  3. 音楽ファイルをプレイリストにドラッグ&ドロップします。
  4. タイムラインの メニュー をクリックし「音声トラックを追加」をクリックします。
    タイムラインに音声トラックを追加

    タイムラインに音声トラックを追加

  5. タイムラインに音声トラックが追加されます。
    手順2.でプレイリストに追加した音楽ファイルを、タイムラインの音声トラックにドラッグ&ドロップします。
  6. タイムラインに音楽ファイルが追加されます。
    動画ファイルに対して音楽ファイルが長すぎるなどする場合は、再生ヘッドで分割する をクリックして音楽ファイルを分割&削除して調整します。
  7. 画面上部のツールバーから フィルタ をクリックして画面左にフィルタを表示させます。
  8. 元動画の音声を消して追加した音楽のみ再生したい場合は、タイムラインの動画をクリックして選択し、フィルタの「+」をクリックし、「音声」⇒「ミュート」とクリックします。
    ※ タイムラインのミュートにしたい動画すべてに実行します。
    フィルタ⇒音声⇒ミュート

    フィルタ⇒音声⇒ミュート


チュートリアル

提供元サイトにチュートリアル動画(※英語)がアップされています。
動画は英語ですが、本ソフト利用時のヒントが見つかるかもしれません。
https://www.shotcut.org/tutorials/

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 22.06.23
(2022/06/23)
  • [タイムライン] > [出力] > [プロパティ] に [編集] を追加しました。
  • 同様のオーディオに基づいてクリップを同期するために、タイムライン > メニュー > その他 > 参照トラック に整列を追加しました。 そのドキュメントを参照してください。
  • Lottie および rawr JSON アニメーション形式の読み取りのサポートが追加されました。
  • Open Other > Animation を追加しました。
  • Mask:Draw(Glaxnimate)ビデオフィルターを追加しました。
  • Shotcutのビデオプレビューを備えた Glaxnimate ベクターアニメーションツールを追加しました。既知の問題点:
    ・再起動するまで、リソース不足のために macOS でのプレビューが機能しなくなる場合があります。
    ・一部のLottieアニメーションでは、エクスポートが失敗します。 私が問題を抱えているものは、Glaxnimate で開くときに警告を表示します。
    ・Glaxnimate python が AppImage で機能せず、現在 Linux と macOS でいくつかの外部依存関係が必要です。
  • 次のオーディオフィルターにキーフレームのサポートが追加されました。
    ・Low Pass
    ・High Pass
    ・Reverb
  • 現在のトラック上のすべてのクリップを選択するためのキーボードショートカットCtrl+Alt+Aが追加されました。(macOS では option + command + A)
  • [ファイル] > [エクスポート] > [チャプターとしてのマーカー] にオプションダイアログを追加して、色を除外したり、範囲マーカーを含めたりします。
  • Windows での小数表示スケール(125%、150%、175%)のサポートが追加されました。
  • 修正されたテキスト:リッチは、Windows の小数表示スケールのシステムでのプレビューと同じものをエクスポートしません。
  • オーディオの録音とその他のオープン > 資格が不十分なためにmacOSでオーディオ/ビデオデバイスがクラッシュする問題を修正しました。
  • 時間の再マップ > 画像モード > ブレンドが機能しない問題を修正しました。
  • 正方形のビデオモードで、2つのサイズ、位置、回転フィルターとマスクフィルターを組み合わせたクラッシュを修正しました。
  • 奇数幅のビデオで発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • タイムライン > リップルをオンにして、クリップを他のクリップを超えて左方向にドラッグする問題を修正しました。
  • カラークリップの色を変更すると、カスタム名がリセットされる問題を修正しました。
  • プロパティの変更を修正 > 追加された場合、速度はクロップ:ソースフィルターをドロップします。
  • しばらくの間プロンプトが表示され、検索できないファイルをプレイリストにドラッグするとクラッシュする可能性がある問題を修正しました。
  • プロパティに変更した後に元に戻すと、クリップの固定フィルターが削除されます。
  • [ファイル] > [エクスポート] > [チャプターとしてのマーカー] のテキストエンコーディングが正しくないため、Unicode 文字が破損する問題を修正しました。
  • トラックを移動した後、ビデオトラックのブレンドが壊れることがありました。
  • [設定] > [プロキシ] > [プロキシを使用] を使用してプロジェクトを修復する問題を修正しました。プロキシファイルのパスを修復されたプロジェクトファイルに保存します。
  • リップルマーカーがリップルトリミングで機能しない問題を修正しました。
  • タイムラインでクリップをトリミングすると、隣接するクリップの長さが変わる場合があります。
  • ビルドシステムを qmake から CMake に変換しました(qmake は削除されました)。

Version 22.04.25
(2022/04/25)
  • [その他] > [オーディオ/ビデオデバイスとタイムライン] > [オーディオの録音] が macOS で機能しない問題を修正しました。
  • [その他] > [カラーバー]が macOS に表示されない問題を修正しました。
  • 一部のフィルターの「フィルター > フィルターの貼り付け」を修正しました(v22.03.30で壊れました)。:
    ・正規化:2パス
    ・クロマキー:シンプル
    ・作物:ソース
    ・マスク:適用
    ・時間の再マップ
  • 解像度またはフレームレートが変更された場合の「エクスポート > カラー範囲 > フル」を修正しました。
  • macOS の videotoolbox_hevc で「エクスポート > コーデック > レート制御 > 品質ベースのVBR」を修正しました。
  • [エクスポート] > [形式]の変更でファイル名拡張子が提案されない問題を修正しました。
  • コーナーピンビデオフィルターのキーフレームを修正しました。
  • クリップをトリミングした後のサイズ、位置、回転ビデオフィルターの回転パラメーターのキーフレームを修正しました。
  • 正方形以外のピクセルのサイズ、位置、回転のビデオフィルター UI が正しくない問題を修正しました。
  • Normalize:TwoPass オーディオフィルターで Analyze を複数回実行する問題を修正しました。
  • Normalize:TwoPass オーディオフィルターに Detected Loudness および Normalization Gain ステータスフィールドを追加しました。

Version 22.03.30
(2022/03/30)
  • フルカラー範囲の 10 ビットビデオを制限されたMPEG範囲に変換する問題を修正しました。
  • 特定の奇妙なまたは /unreduced-fraction フレームレートでの非常に途切れ途切れの再生を修正しました。
  • 固定ビデオモード > ウェブカメラ/ビデオデバイス入力を使用する場合は自動。
  • 切り抜きの固定位置とサイズ:長方形のビデオフィルターが読み取り専用になる場合があります。
  • カラーアルファ値が完全に不透明でない場合のグラデーションビデオフィルターを修正しました。
  • ドラッグして開始時刻を変更すると、固定マーカーの継続時間が変わる場合があります。
  • 固定サイズ、位置、回転 > プレーヤーのズームレベルを変更すると、ズームが変更される場合があります。
  • 新しいメディアファイルを開いて、変更されていないクリップのみのプロジェクトを誤って変更してしまう問題を修正しました。
  • プロパティの変更を修正 > 速度が上書きされる可能性があり、リップルモードを尊重しません。
  • 削除を元に戻すと、トランジションに「INVALID」と表示される場合がある問題を修正しました。
  • イコライザーのプリセットを修正:3バンドオーディオフィルターが機能しない。
  • ぼかしを修正:ボックスフィルターは暗いエッジを作成します。
  • ノイズの低減を修正:量子化ビデオフィルターがアルファチャンネルを上書きします。
  • プロパティのリロード後に[プロパティ] > [オーディオ] > [同期]に変更が表示されない問題を修正しました(v22.01で壊れました)。
  • [タイムライン]メニューの[高性能波形を使用]オプションを復元しました。
  • メルトコマンドラインツールを変更して、デフォルトでロケールに依存しないようにしました。
  • イコライザーの Q を変更:パラメトリックからオクターブ単位の帯域幅。
  • 高いプロセス優先度を使用するようにバックグラウンドキャプチャジョブを変更しました。
  • クリップのみのフィルターをトラックに貼り付けないように、[フィルターの貼り付け]を変更しました。
  • [フィルターの貼り付け]を変更して、一度しか追加できないフィルターを貼り付けないようにしました。
  • タイムラインを削除 > タイムラインをソースにコピー(代わりにマーカーを使用)。
  • HLG HDR ビデオを開くときに、[編集しやすい変換に変換]ダイアログの表示を停止します。
  • アップグレードされたライブラリ:
    ・FFmpeg 5.0
    ・MLT 7.6.0
    ・frei0r 1.8.0
    ・ラバーバンド 2.0.2
    ・VMAF 2.3.0
    ・Intel macOS 用の Qt 5.15.2 - macOS 10.14 が最小の macOS バージョンになりました。
  • [プロパティ] > [リバース] の A/V 同期が改善されました。
  • macOSでのWebカメラ/ビデオデバイスのキャプチャが改善されました。
  • [表示] > [スコープ] > [オーディオピークメーター] の精度が向上しました。
  • 古いフィルムの速度の向上:映写ビデオフィルター。
  • [エクスポート] > [詳細] » [ビデオ] > [色の範囲]を追加しました。
  • [設定] > [プレビュースケーリング]を含むすべての暗黙的なビデオスケーリングにマルチスレッドを追加しました。
  • …(省略)

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 5

    WAVファイルをMP3に「無料」で変換したかったのですが、なにせW…

    streetcat
    streetcat
    投稿数: 2件
    Windows 10

    WAVファイルをMP3に「無料」で変換したかったのですが、なにせWAVファイルが長すぎて「無料」をうたっている所殆どが、「3分」「5分」超えるファイルは有料です…ばかり…
    やっとファイルの長さ無制限でかつ無料のフリーソフトに出会えました!

    15人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    Ver.21.06.29 がリリースされました

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1202件
    Windows 10

    Ver.21.06.29 がリリースされました。
    フリーズ多発問題について、かなり対策が施されたようです。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    最新版はかなりバグが多くフリーズが多発する為、ベータ版をおすすめし…

    spon
    spon
    投稿数: 1件
    Windows 10

    最新版はかなりバグが多くフリーズが多発する為、ベータ版をおすすめします
    無料なので目を瞑ろうと思いましたがこれは流石に使い物になりません

    17人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Shotcut に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 23 件)