オープンソース&クロスプラットフォームの動画編集ソフト

Shotcut のアイコン

Shotcut

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード支援

対応OS:
Windows (7/8/8.1/)10/11 (64bit), macOS 10.12 以降, Linux
バージョン:
24.01 / 24.02 BETA(2024/02/20)
価格:
無料

オープンソースで Windows/Mac/Linux のクロスプラットフォームで動作するフリーの動画編集ソフトです。
タイムラインを利用して動画の切り出し、結合、音楽ファイルの合成、画像ファイルを組み合わせたフォトムービーの作成が可能です。
ぼかし、色温度の調整、ホワイトバランス、セピア調、レトロ(ほこり、傷、映写機、粒子)、クロマキー、フェードイン/フェードアウトといったフィルタ/エフェクトにも対応。
4K動画をサポートし、出力フォーマットは160種類以上をサポートしています。
海外製ですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:

チュートリアル:クロスフェードとトランジション

Shotcut の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページ へアクセスし、「Windows installer」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「Windows portable zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版はそれぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
    Microsoft Store 版はこちらからダウンロードします。
    ※ アルファ版、ベータ版をダウンロードする場合は GitHub へアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(shotcut-win64-240128.exe)からインストールします。

使い方

動画を切り出す

  1. 動画ファイルの読み込み
    本ソフトを起動し、画面上部のツールバーから ファイルを開く をクリックして動画ファイルを選択します。
  2. 切り出し範囲を選択する
    画面中央に選択した動画がプレビュー再生されます。
    シークバー左端の 開始位置 とシークバー右端の 終了位置 をドラッグして動かし、切り出したい範囲を選択します。
    ※ 後から調整できるので、少し長めに切り出しておいてもよいです。
  3. タイムラインに追加する
    プレビュー再生されている動画をを画面下部のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
    動画をドラッグ&ドロップでタイムラインに追加

    動画をドラッグ&ドロップでタイムラインに追加

  4. 切り出し範囲を確認する
    プレビュー動画下部にある 再生ボタン をクリックして動画を再生し、切り出した範囲に問題ないか確認します。
    プレビュー動画下部やタイムラインにある キャレット を動かして、再生開始位置を任意の場所に移動させることも可能です。
  5. 切り出し範囲を調整する
    不要な箇所があった場合、そこに キャレット を移動し、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
    すると、キャレット の位置から左右2つの動画に分割されます。
    タイムラインの不要な方の動画をクリックし、右クリックメニュー「削除」をクリックすると不要部分が削除されます。
  6. 動画を保存する
    画面上部のツールバーから 書き出し をクリックします。
    すると、画面左に「書き出し」が表示されます。
    保存形式、解像度などを選択して「ファイルを書き出す」ボタンをクリックし、保存場所を選択するとファイルを保存できます。
    ※ 「書き出し」項目内をスクロールすると「ファイルを書き出す」ボタンをクリックできます。
    「書き出し」から動画を保存

    「書き出し」から動画を保存


動画の不要部分をカットする

動画を切り出す内の「切り出し範囲を調整する」の方法を応用する形となります。
  1. 本ソフトを起動し、画面上部のツールバーから ファイルを開く をクリックして動画ファイルを選択します。
  2. 画面中央に選択した動画がプレビュー再生されます。
    プレビュー再生されている動画をタイムラインへドラッグ&ドロップします。
  3. プレビュー動画またはタイムラインにて、動画をカットしたい開始位置に キャレット を移動させ、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
    同様に動画をカットしたい終了位置に キャレット を移動させ、タイムライン上部にある 再生ヘッドで分割する をクリックします。
  4. これでタイムライン上の動画は3つに分割されます。
    ※ タイムライン上の動画をクリックすると赤色の枠で囲まれているのが1つの動画となり、全部で3つあるはずです。

    不要な動画の位置をクリックして選択し、右クリックメニュー「削除」をクリックして不要範囲を削除します。
    タイムラインから分割した不要部分を削除

    タイムラインから分割した不要部分を削除

  5. 画面上部のツールバーから 書き出し をクリックして動画を保存します。

複数の動画をつなげる

複数の動画ファイルを読み込んで1つの動画ファイルへとマージ(結合)できます。
  1. 画面上部のツールバーから プレイリスト をクリックして画面左にプレイリストを表示させます。
  2. マージしたい動画ファイルをプレイリストにドラッグ&ドロップします。
  3. プレイリストから画面下部のタイムラインに動画をつなげたい順にドラッグ&ドロップします。
    複数動画をプレイリスト⇒タイムラインと登録してマージ

    複数動画をプレイリスト⇒タイムラインと登録してマージ

  4. 画面上部のツールバーから 書き出し をクリックして動画を保存します。

動画にテキストを追加する

動画にテキストを追加します。
  1. あらかじめタイムラインに動画を追加しておきます。
  2. 画面上部のツールバーから フィルタ をクリックして画面左にフィルタを表示させます。
  3. タイムラインに表示している、テキストを追加したい動画をクリックして選択し、フィルタの「+」をクリックし、「映像」⇒「テキスト」とクリックします。
    フィルタ⇒映像⇒テキストの追加

    フィルタ⇒映像⇒テキストの追加

  4. 「テキスト」に表示させたいテキストを入力し、フォントや表示位置などを調整します。
    ※ テキストはタイムラインの動画単位で表示されます。動画内の任意の時間帯だけ表示させたい場合は、再生ヘッドで分割する をクリックして動画を分割してテキストを挿入します。
    テキストの編集

    テキストの編集


動画に音楽を追加する

動画に音楽を追加します。
  1. あらかじめタイムラインに動画を追加しておきます。
  2. 画面上部のツールバーから プレイリスト をクリックして画面左にプレイリストを表示させます。
  3. 音楽ファイルをプレイリストにドラッグ&ドロップします。
  4. タイムラインの メニュー をクリックし「音声トラックを追加」をクリックします。
    タイムラインに音声トラックを追加

    タイムラインに音声トラックを追加

  5. タイムラインに音声トラックが追加されます。
    手順2.でプレイリストに追加した音楽ファイルを、タイムラインの音声トラックにドラッグ&ドロップします。
  6. タイムラインに音楽ファイルが追加されます。
    動画ファイルに対して音楽ファイルが長すぎるなどする場合は、再生ヘッドで分割する をクリックして音楽ファイルを分割&削除して調整します。
  7. 画面上部のツールバーから フィルタ をクリックして画面左にフィルタを表示させます。
  8. 元動画の音声を消して追加した音楽のみ再生したい場合は、タイムラインの動画をクリックして選択し、フィルタの「+」をクリックし、「音声」⇒「ミュート」とクリックします。
    ※ タイムラインのミュートにしたい動画すべてに実行します。
    フィルタ⇒音声⇒ミュート

    フィルタ⇒音声⇒ミュート


チュートリアル

提供元サイトにチュートリアル動画(※英語)がアップされています。
動画は英語ですが、本ソフト利用時のヒントが見つかるかもしれません。
https://www.shotcut.org/tutorials/

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 24.02 BETA
(2024/02/20)
  • ミックスダウンオーディオフィルターによって引き起こされる歪みを修正しました。
  • ノーマライズを修正: 再生開始時のレベルを最大化するワンパスオーディオフィルター。
  • テキストおよびタイマー ビデオ フィルターの古いカスタム プリセットが 0% の不透明度で読み込まれる問題を修正しました。
  • オーディオを切り離すときにオーディオ/ビデオ クリップを自動的にグループ化するのを停止します。
  • タイムラインの最後のクリップのループ選択がループしない問題を修正しました。
  • macOS での「全画面表示」および「環境設定」ショートカットを修正しました。
  • 固定プロパティ > HLG HDR を Rec に変換 709 SDR はトーン マッピングではありません。
  • [設定] > [ビデオ モード] > [カスタム追加] で問題のあるファイル名文字を修正しました。
  • フィルターに時間フィルターがある場合に、最後のオーディオまたはビデオ フィルターが無効になる問題を修正しました。
  • *ジョブのジョブが一時停止されている場合、[ファイル] > [終了] が遅いかハングする問題を修正しました。
  • [固定フィルタ] > [+] > [セット] を選択すると、オーディオ フィルタが逆の順序で追加されます。
  • さまざまな操作後のタイムラインでの選択が改善されました。
  • [プロパティ] > [タイムラインでの速度] > [リップル] をオンに変更する動作が改善されました。
  • タイムラインプロジェクトを開く速度が向上しました。
  • macOS と Windows を Qt バージョン 6.5.3 にアップグレードしました。これにより、macOS の最小バージョンが 11 に変更されます。
  • Windows (av1_amf) および Linux (av1_vaapi) での AMD AV1 ハードウェア エンコーダーのサポートが追加されました。
  • トラックを移動するときにタイムラインに自動垂直スクロールが追加されました。
  • [設定] > [オーディオ チャンネル] > 4 (クアッド/アンビソニックス) を追加しました。
  • バイノーラル、ステレオ、クアッド、アンビソニック、または 5.1 サラウンドに変換する Ambisonic Decoder オーディオ フィルターを追加しました。
  • アンビソニック モードを選択すると、アンビソニック パンナーになります。
  • 4 つのオーディオ チャンネルを持つトラックがある場合に、Ambisonic メタデータを Set Equirectangular に追加しました。
  • アンビソニック デコーダー > パラメーターの貼り付けで使用する 360 ビデオ フィルターにパラメーターのコピーを追加しました。
  • タイムライン上の画像クリップのプロパティ > デュレーションの変更を追加しました (オーディオ/ビデオ クリップのプロパティ > 速度の変更と同様に、動作はリップルに依存します)。

Version 24.01.28
(2024/01/28)
  • サイズと位置の GPU フィルターの歪みモードを修正しました。
  • キーフレームを操作する際のタイム リマップ フィルターのゾンビ値を修正しました。
  • ハードウェア エンコーダーを使用したカスタム エクスポート プリセットでの B フレームの保存を修正しました。
  • 再生ヘッドで分割するための複数選択のサポートが追加されました。
  • [タイムライン] > [編集] > [再生ヘッド Shift+S ですべてのトラックを分割] を追加しました。
  • フィルターの追加、削除、変更、無効化のための「編集」>「元に戻す」および「やり直し」のサポートが追加されました。
  • NVENC (NVIDIA) エンコーダを使用した 10 ビット エクスポートを修正しました。
  • [設定] > [プロキシ] > [ハードウェア エンコーダの使用] がオンになっている場合、NVENC でプロキシ生成が失敗する問題を修正しました。
  • [エクスポート] > [ハードウェア エンコーダを使用] の切り替えがすべてのオプションをデフォルトにリセットする問題を修正しました。
  • [エクスポート] > [各プレイリスト項目] > [ディレクトリ] でファイル名が誤って表示される問題を修正しました。
  • Declick 時間フィルターの名前を Declick Audio に変更しました。
  • タイムライン上でクリップを移動する際に発生する断続的なクラッシュを修正しました。
  • [固定プレイリスト] > [すべて選択] および [すべて削除] は、選択が変更されるまで無効になります。
  • プレーヤー > ループ \\ およびプレーヤー > ループ範囲の設定をメニューとプレーヤー コントロールに追加しました。
  • インポイントと選択されたデュレーションがより確実に表示されるように、2 行に自動的に適応するようにプレーヤー コントロールを変更しました。
  • オーバーシュートまたはアンダーシュートする新しいキーフレーム イージングを使用すると、一部のフィルター パラメーターのスライダーがオーバーフローする可能性がある問題を修正しました。
  • [タイムライン] > [編集] > [前方へナッジ] を追加しました。 そして「後ろにナッジ」、。
  • ジョブのコンテキスト メニューに一時停止と再開を追加しました。
  • 空きメモリが十分に多くなった場合に、メモリ不足警告ダイアログが自動的に閉じるように変更されました。
  • 空きメモリが少なすぎて再び十分に増えた場合に、現在実行中のジョブを自動的に一時停止して再開するように、メモリ不足の検出を変更しました。
  • 以下のオプションを含む「設定」>「バックアップ」を追加しました。
    • 手動で
    • 毎時
    • 毎日 (デフォルト)
    • [毎週] これは、[ファイル] > [バックアップして保存] と同様の方法で現在のプロジェクト ファイルのバックアップを作成しますが、手動が選択されない限り自動で行われる点が異なります。
  • Shotcut のバックアップまたはリカバリ メカニズムによって作成された同じフォルダー内で類似した名前のプロジェクト ファイルを検索する、[ファイル] > [その他のバージョン] サブメニューが追加されました。
  • タイムライン > 選択 > グループ化/グループ解除 Ctrl+G を追加しました。 これは基本的に保存された複数選択システムです。 したがって、サポートされる操作は、複数選択できるすべての操作です。 現時点では、トリム、フィルター、プロパティは含まれません。
  • タイムライン > オーディオの接続を変更して、自動的にグループを作成するようにしました。
  • Linux および Windows に [設定] > [プレーヤー] > [オーディオ API] を追加しました。 基本的に、これにより --SDL_AUDIODRIVER コマンド ライン オプションが [設定] メニューで使用できるようになります。
  • 前のアプリ セッションで作成されたログ ファイルに移動する [表示] > [アプリケーション ログ] ダイアログに [前へ] ボタンを追加しました。 これで、Shotcut は起動時に、shotcut-log.txt のバックアップを Shotcut-log.bak に作成します。
  • すべてのテキスト ビューア ダイアログに [コピー] ボタンを追加しました。このボタンは、コンテキスト メニューの非明白な [すべて選択] および [コピー] アクションと同じことを行います。
  • ジョブ ログ ビューアが自動的に更新され、ジョブの実行中に開いたままにしておくと最後までスクロールするようになりました。
  • 何かの再生中に [プレイリスト] > [メニュー] > [選択項目をスライドショーに追加] で発生するクラッシュを修正しました。
  • すべてのオプションを記憶するようにスライドショー ジェネレーターを変更しました。
  • Windows の Glaxnimate では、[固定レイヤー] > [新規] > [絵文字] が無効になっています。
  • クリップにキーフレームを含む特定のフィルターがある場合に、タイムライン > 分割またはトリム アクションで発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • タイムライン上でクリップを移動した後の「元に戻す」のいくつかのバグを修正しました。
  • macOS で [設定] > [プロキシ] > [ハードウェア エンコーダの使用] がオンになっている場合、フルレンジ カラーのビデオでプロキシ生成が失敗する問題を修正しました。
  • UI パネル間のスプリッターを見つけやすく、つかんでドラッグしやすくしました。
  • プロジェクトを開くときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。
  • macOS でのエクスポートで時々 (25 fps) フレームがドロップされたり、他のフレームが繰り返されたりする問題を修正しました。

Version 24.01 BETA
(2024/01/14)
  • サイズと位置の GPU フィルターの歪みモードを修正しました。
  • キーフレームを操作する際のタイム リマップ フィルターのゾンビ値を修正しました。
  • ハードウェア エンコーダーを使用したカスタム エクスポート プリセットでの B フレームの保存を修正しました。
  • 再生ヘッドで分割するための複数選択のサポートが追加されました。
  • [タイムライン] > [編集] > [再生ヘッド Shift+S ですべてのトラックを分割] を追加しました。
  • フィルターの追加、削除、変更、無効化のための「編集」>「元に戻す」および「やり直し」のサポートが追加されました。
  • NVENC (NVIDIA) エンコーダを使用した 10 ビット エクスポートを修正しました。
  • [設定] > [プロキシ] > [ハードウェア エンコーダの使用] がオンになっている場合、NVENC でプロキシ生成が失敗する問題を修正しました。
  • [エクスポート] > [ハードウェア エンコーダを使用] の切り替えがすべてのオプションをデフォルトにリセットする問題を修正しました。
  • [エクスポート] > [各プレイリスト項目] > [ディレクトリ] でファイル名が誤って表示される問題を修正しました。
  • Declick 時間フィルターの名前を Declick Audio に変更しました。
  • タイムライン上でクリップを移動する際に発生する断続的なクラッシュを修正しました。
  • [固定プレイリスト] > [すべて選択] および [すべて削除] は、選択が変更されるまで無効になります。
  • メニューとプレーヤーのコントロールにプレーヤー > ループ \ およびプレーヤー > ループ範囲の設定を追加しました。
  • インポイントと選択されたデュレーションがより確実に表示されるように、2 行に自動的に適応するようにプレーヤー コントロールを変更しました>。
  • オーバーシュートまたはアンダーシュートする新しいキーフレーム イージングを使用すると、一部のフィルター パラメーターのスライダーがオーバーフローする可能性がある問題を修正しました。
  • タイムライン > 編集 > 前方へナッジ . および後方へナッジ , を追加しました。
  • ジョブのコンテキスト メニューに一時停止と再開を追加しました。
  • 空きメモリが十分に多くなった場合に、メモリ不足警告ダイアログが自動的に閉じるように変更されました。
  • 空きメモリが少なすぎて再び十分に増えた場合に、現在実行中のジョブを自動的に一時停止して再開するように、メモリ不足の検出を変更しました。
  • 以下のオプションを含む「設定」>「バックアップ」を追加しました。
    • 手動で
    • 毎時
    • 毎日 (デフォルト)
    • 毎週
      これにより、「ファイル」 > 「バックアップして保存」と同様の方法で現在のプロジェクト ファイルのバックアップが作成されますが、「手動」が選択されない限り自動で行われる点が異なります。
  • Shotcut のバックアップまたはリカバリ メカニズムによって作成された同じフォルダー内で類似した名前のプロジェクト ファイルを検索する、[ファイル] > [その他のバージョン] サブメニューが追加されました。
  • タイムライン > 選択 > グループ化/グループ解除 Ctrl+G を追加しました。
    これは基本的に保存された複数選択システムです。 したがって、サポートされる操作は、複数選択できるすべての操作です。 現時点では、トリム、フィルター、プロパティは含まれません。
    タイムライン > オーディオの接続を変更して、自動的にグループを作成するようにしました。
  • Linux および Windows に [設定] > [プレーヤー] > [オーディオ API] を追加しました。
  • 基本的に、これにより --SDL_AUDIODRIVER コマンド ライン オプションが [設定] メニューで使用できるようになります。
  • 前のアプリ セッションで作成されたログ ファイルに移動する [表示] > [アプリケーション ログ] ダイアログに [前へ] ボタンを追加しました。
    これで、Shotcut は起動時に、shotcut-log.txt のバックアップを Shotcut-log.bak に作成します。
  • すべてのテキスト ビューア ダイアログに [コピー] ボタンを追加しました。このボタンは、コンテキスト メニューの非明白な [すべて選択] および [コピー] アクションと同じことを行います。
  • ジョブ ログ ビューアが自動的に更新され、ジョブの実行中に開いたままにしておくと最後までスクロールするようになりました。

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 4

    動画編集に使っているが、本日編集中に音が全く出なくなった

    2023年8月16日音が出なくなった
    2023年8月16日音が出なくなった
    投稿数: 1件
    Windows 11

    動画編集に使っているが、本日編集中に音が全く出なくなった。書き出すとBGM他音は出てるがShotcut内ではでない。どなたか直した伝授ください。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    【追記あり】米国製のクロスプラットフォームの動画編集ソフトで OpenGL汎用…

    ssk
    ssk
    投稿数: 49件
    Linux

    米国製のクロスプラットフォームの動画編集ソフトで OpenGL汎用ドライバAPIで動作 書き出しする動画編集ソフトです。
    Qt6によって次世代のUI(プレビュー画面に3Dが?)が実装されています。ただし操作を習得するのに時間と心のゆとりを掛ける価値があるとは正直思いませんし、ましてや初心者向けではありません。
    画像動画素材は入っていません。メニューから辿れるが未実装の機能があります。YouTuberのShotcut解説動画の非オシャンティーなクォリティを見れば一目瞭然で、モーショングラフィックスが滑らかさに欠けます。


    Shotcut は無料ですし、カット編集だけならあのPower Directorより超簡単です。
    クリエイティブの質は作者の力量次第ですね。Shotcut解説動画は非オシャンティー云々は撤回します。
    実際のところ、解説系動画は高スペックPCをお持ちであれば Avitul の方が文字入れがスムーズかつYouTuberぽい完成まで 最速 でいける気がします(ただし尺の短いものに限ります)。


    TA(Text Animetion)も Aviutl のようにテンプレが利用できればラクに作れます。ただし、textオブジェクトが多いとカクつく原因になります。
    一方、Shotcut で TA を作るのは大変な労力がいりますし、textオブジェクトが多くなるとカクつくようになります。
    PCスペックは 、第4世代Core i3 以降が望ましいですね。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    WAVファイルをMP3に「無料」で変換したかったのですが、なにせW…

    streetcat
    streetcat
    投稿数: 2件
    Windows 10

    WAVファイルをMP3に「無料」で変換したかったのですが、なにせWAVファイルが長すぎて「無料」をうたっている所殆どが、「3分」「5分」超えるファイルは有料です…ばかり…
    やっとファイルの長さ無制限でかつ無料のフリーソフトに出会えました!

    18人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Shotcut に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 25 件)