高機能バックアップソフト

BunBackup

BunBackup

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
5.0(2016/10/25)

バックアップ元からバックアップ先へバックアップの条件を指定してバックアップを行います。世代管理機能があり、バックアップした日付ごとのフォルダを自動で作成し、世代ごとのファイルを管理することができます。最近のファイルではなく、最初の頃のファイルのバックアップが欲しいときなど、再利用する可能性があるバックアップに最適です。
その他の機能として、指定時刻の自動バックアップ、ログの記録、ミラーリング、上書き警告、圧縮保存、暗号化、ネットワークログインなど高機能です。

提供元:

BunBackup の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(BunBackup500.zip)を解凍し、BunBackup.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

バックアッププランを作成する

どこからどこにバックアップするのか、バックアッププランを作成します。
次の2通りの方法でバックアッププランを作成できます。

ドラッグ&ドロップで作成する
  1. 本ソフトを起動し、メイン画面にバックアップしたいフォルダードラッグ&ドロップします。
  2. 「フォルダーの参照」画面が表示されるので、バックアップ先のフォルダーを選択します。
  3. メイン画面にタイトル、バックアップ元、バックアップ先が登録されます。
    ※ タイトルはバックアップ元のフォルダー名で自動登録されます。

メイン画面で作成する
  1. メニューバーから「編集」⇒「追加」とクリックするか、ツールバーの 追加 をクリックします。
  2. 「バックアップ設定」画面が表示されます。
    次の項目を設定します。
    タイトル
    パッと見てわかりやすいネーミングが良いですが、特に何でもOKです。
    ※ 後で変更できるのでスルーでもOKです。
    バックアップ元フォルダ
    画面右の icon をクリックしてバックアップ元フォルダーを選択します。
    バックアップ先フォルダ
    画面右の icon をクリックしてバックアップ先フォルダーを選択します。

    設定が終わったら「OK」ボタンをクリックすると、作成したバックアッププランがメイン画面に登録されます。

バックアッププランの詳細を設定する
バックアップ方法の詳細を設定します。
  1. 先ほど作成したバックアッププランをクリックして選択し、次のいずれかの方法を選択します。
    ・メニューバーから「編集」⇒「変更」とクリック
    ・ツールバーの 変更 をクリック
    ・[F2] キーを押す
    ・右クリックメニュー「変更」をクリック
  2. 「バックアップ設定」画面が表示されます。
    画面左下の「詳細」ボタンをクリックします。
  3. 「バックアップ方法」画面が表示されます。
    サブフォルダもバックアップする
    サブフォルダーをバックアップ対象とするか否か
    バックアップ方法
    条件指定(新しいファイル、異なるサイズ、新しい時刻、異なる時刻)、常にコピーのいずれかを選択します。
    対象ファイル
    対象ファイルを指定したい場合は、ワイルドカードを利用指定指定できます。
    除外ファイル
    除外ファイルを指定したい場合は、ワイルドカードを利用指定指定できます。

    設定が終わったら「OK」ボタンをクリックします。

バックアッププランを事前に確認する

バックアップをプレビューする
どのファイルがバックアップされるのかを、次のいずれかの方法でバックアップ実行前に事前に確認できます。
  • メニューバーから「バックアップ」⇒「バックアッププレビュー」とクリック
  • ツールバーの バックアッププレビュー をクリック
  • [Shift] + [F9] キーを押す

バックアップを分析する
バックアップ実行時の使用メモリ、バックアップファイル数、ファイル容量を事前に確認できます。
  • メニューバーから「バックアップ」⇒「バックアップ分析」とクリック

バックアップを実行する

次のいずれかの方法でバックアップを実行します。
  • メニューバーから「バックアップ」⇒「バックアップ開始」とクリック
  • ツールバーの バックアップ開始 をクリック
  • [F9] キーを押す

自動バックアップする

自動バックアップを設定すると、定期的にバックアップを行います。
  1. メニューバーから「設定」⇒「機能表示設定」とクリックします。
  2. 「機能表示設定」画面が表示されます。
    「環境設定」項目にある「自動バックアップ」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
  3. メニューバーから「設定」⇒「環境設定」とクリックします。
  4. 「環境設定」画面の「自動バックアップ」タブが表示されます。
    「自動バックアップする」にチェックを入れ、間隔を 分ごと / 時間ごと / 日ごと / 月ごと / 1回のみ の中から選択します。
    「スタートアップ・タスク設定」ボタンをクリックします。
  5. 「スタートアップ・タスク設定」画面が表示されます。
    登録名、設定ファイル(の保存先)、登録先(スタートアップまたはタスク)を設定して「登録」ボタンをクリックします。
  6. 「環境設定」画面に戻るので「OK」ボタンをクリックすると登録完了し、設定したスケジュールで自動的にバックアップを行ってくれます。

ミラーリングバックアップする

ミラーリングバックアップを設定すると、鏡に映っているかのようにバックアップ元とバックアップ先を全く同じ状態に保つようにします。
  1. メニューバーから「設定」⇒「機能表示設定」とクリックします。
  2. 「機能表示設定」画面が表示されます。
    「バックアップ設定」項目にある「ミラーリング」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
  3. 「バックアップ詳細設定」画面に「ミラーリング」タブが追加されます。
    「ミラーリングする」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
  4. 「バックアップ設定」画面でも「OK」ボタンをクリックすると、ミラーリングが設定されます。

利用できる機能を追加する

メニューバーの「設定」⇒「機能表示設定」から表示される「機能表示設定」画面から、次の機能を追加できます。

バックアップ設定
  • ミラーリング
  • 除外フォルダ
  • 高速ファイルチェック
  • 世代管理
  • ボリュームラベルチェック
  • ネットワークログイン
  • バックアップ先ファイル保護
  • バックアップ元ロックファイルコピー
  • 上書き時に警告圧縮
  • 暗号化

環境設定
  • 自動バックアップ
  • ドライブ接続監視バックアップ
  • ログ
  • ファイル履歴
  • タスクトレイアイコン
  • 優先度
  • バックアップ後音を鳴らす

メニュー
  • 選択バックアップ
  • バックアップ後終了
  • 省メモリバックアップ

ユーザーレビュー

  • 1

    このソフトとAOMEIのbackupper、TureImag…

    usericon test user(1)Windows 7

    このソフトとAOMEIのbackupper、TureImage、とで
    15万ファイル合計5GBのバックアップ対象フォルダのバックアップ時間を比較しました。
    圧縮ありで比較。
    ソース E8400+4GB+Win7+500GB
    ↓Gigabit 有線LAN接続
    バックアップ先 E8400+Win7+250GBの共有フォルダ

    初回バックアップ時間はAOMEI、TureImage共に30分掛からないのに
    BunBackupは100分経過しても半分程度のファイルしかできておらず
    まだまだCPU使用率50%で経過中。
    内包している圧縮アルゴリズムが遅いものなのでしょうか。
    遅い上に途中キャンセルの機能が見当たらないのがまた困る。
    プロセスをkillすれば済むかもしれないが
    ソフトの機能として遅いならば処理途中の回避策も設けて欲しい。
    それとXPでは圧縮バックアップしたフォルダ名が全部文字化けした状態も経験。
    何も問題無い環境もありそうなのでそれはそれで良いのでしょうけど
    いろいろと差があることを知ると作者を応援したい気持ちがあっても
    速いほうを選ぶのは避けられない。

  • コメント

    Ver.5.0 64bit使用 「世代管理」機能にて原…

    usericon tubasa(1)Windows 7

    Ver.5.0 64bit使用

    「世代管理」機能にて原因不明のトラブル発生。

    「世代管理を保存するフォルダ」の選択項目で【G】ドライブを選択、
    ※Gドライブの直下です。ミラーリング機能は不使用。

    バックアップを実行すると、Gドライブ直下に元々存在していたフォルダが全て消えました。

    試しにGドライブ直下に適当にフォルダを作成し、もう一度バックアップを実行してみると
    やはりフォルダが全て消えました。

    Gドライブに「A」というフォルダを作成し、「世代管理を保存するフォルダ」で
    【G:¥A】を選択すると「A」フォルダ内のフォルダは消えませんでした。

    何度行っても現象は変わりませんでしたので、
    自分の環境ですと、ドライブ直下に「世代管理を保存するフォルダ」を
    指定すると指定した場所にあるフォルダが消える様です。

    同じ現象が起きる方いますでしょうか・・・?
    または、フォルダが消える様な設定をしてしまっている・・・?

    データが消える時の動画を撮っていますので自力で解決できないようでしたら
    作成者さんに問い合わせしてみようと思います。








    「世代管理を保存するフォルダ」に指定したにGドライブにテ

  • 5

    Windows7、Windows Server 2008,W…

    usericon smile(1)Windows 7

    Windows7、Windows Server 2008,Windows Server 2012と顧客のパソコン及びサーバーに使用していますが、一度もトラブルはありません。

    Windows Server は、タスク起動にて実行させています。

    ファイルやフォルダーが消えたと言う方がいるみたいですが、本当に使いこなしているのかな?

BunBackup に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 27 件)