インストール不要、USB メモリーで持ち運べる非常駐タイプのウイルス対策ソフト

Dr.Web CureIt!

Dr.Web CureIt!

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012

ウイルスやワーム、トロイなどの悪意のあるプログラムを検出できます。
メモリやシステムフォルダーなどの重要な領域のスキャンのほか、気になるフォルダーやオブジェクトだけを指定できるカスタムスキャンを選択可能です。
非常駐型でダウンロードしたソフトをインストール不要で、そのまま使えるのが本ソフトの特徴。
パターンファイルの更新はなく、新しいパターンファイルに対応したソフトを再度ダウンロードし直すことが必要になります。
そのため、一回使い切りのようなイメージになります。

提供元:
※ 家庭内利用に限り無料で利用できます。
※ フッターにバナー広告が表示されます。

Dr.Web CureIt! の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ右部の「個人のお客様(無料)」下の「フリーダウンロード」リンクをクリックします。
  2. ソフトウェア使用許諾契約ページが表示されます。
    「I accept Dr.Web License Agreement.」にチェックを入れ、「Continue」ボタンをクリックすると、ダウンロードできます。
  3. ダウンロードしたファイルから起動できます。
    USBメモリーにコピーしてポータブル版としての利用も可能です。

使い方

  1. 本ソフトを起動すると、「ライセンス登録及び更新」画面が表示されます。
    「ソフトウェア品質向上プログラムに参加することに同意します。コンピューターのスキャン時に取得した全統計情報が自動的に Doctor Web に送信されます。」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。
  2. 「スキャンモード」画面が表示されます。
    「スキャン開始」ボタンをクリックすると、クイックスキャン(Windows システムフォルダーやブートセクターなどの重要な領域のスキャン)を開始します。
    「スキャンするオブジェクトを選択する」をクリックすると、カスタムスキャン画面が表示され、スキャンオブジェクト、ファイル/フォルダーを指定したスキャンが可能です。
    ※ 全ディスクのブートセクター / RAM / 起動ディスク上のルートディレクトリ / Windows システムフォルダー / マイドキュメント / 一時ファイル / システム復元ポイント / ルートキット
  3. スキャンが終わるとスキャン結果が表示されます。
    「駆除」ボタンをクリックすると、検出した脅威を駆除できます。
    ※ 駆除したくないものはチェックを外して対象外にできます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    昨年末に述べたとおり、本ソフトは hostsファイルの異常を…

    usericon Gonbe(721)Windows 10

    昨年末に述べたとおり、本ソフトは hostsファイルの異常を検出して修復できます。
    私の知る限りでは、このような修復機能のあるソフトは少なくて、貴重な存在かと。
    本ソフトを使用する場合、提供元サイトから最新ファイルをDLするのが鉄則です。
    変な広告が出るようになったとか、PC動作がモッサリしてきたと感じてませんか?
    そんな時、hostsファイルをメモ帳などで時々開いて確認されると良いと思います。
    「hostsファイル 改ざん」でネット検索をすれば、色々なサイトがヒットします。
    一例として、次の「ぼくんちのTV別館」というサイトが参考になると思います。
    https://freesoft.tvbok.com/tips/security/hosts_file_manipulation.html

  • 5

    Gonbe さんの投稿に触発され、 何の気なしに、試してみ…

    usericon owl(86)Windows 8/8.1

    Gonbe さんの投稿に触発され、
    何の気なしに、試してみました。

    過去のレビューアーでの記述にあるように
    実行して間も無く
    「CPU」メーターが、99~100% の「MAX」値に!
    そのまま張り付いたまま・・・・・・

    所要時間:20分46秒。
    1 件の脅威発見!!

    Hosts File
    脅威:DFH:HOSTS.corrupted
    アクション:修復済
    パス:C:WINDOWSsystem32driversetchosts
    との結果でした。

    ここ数日来、マウス(Logicool M100r)の反応が鈍く、
    その対策として
    ChatteringCanceler2.1a を実装し、
    マウスドライバを更新し、
    などの改善策でも効果がなく、使用歴 5年のマウスの寿命かと短絡していたのだが・・・

    この脅威除去後、
    マウスが完全復調し、
    しかも PC の挙動も見違えるほど俊敏に!!!

    「脅威」への対策と警戒は万策のつもりだったが、
    脅威が身近に存在し、
    その対策の厄介さを改めて思い知らされた。

    公式ホームページから(転載)
    Dr.Web CureIt! はシステムの修復は行いますが、常時ウイルスからの保護を提供する常駐型アプリケーションではありません。ホームページからダウンロードしていただけるDr.Web CureIt! には常に最新のデータベースが備わっていますが、その後自動でのアップデートは行われません。最新のウイルスデータベースをご利用いただけるのは、次のデータベースアップデート(1時間に1回以上)までの間のみになります。

  • 4

    久々にKaspersky System Checker(Ve…

    usericon Gonbe(721)Windows 10

    久々にKaspersky System Checker(Ver. 1.2.0.290)でスキャンして、異常発見。
    どうやらHosts Fileが改変されているようだが、同ソフトには修復する機能が無い。
    そこで、Dr.Web CureIt!でスキャンすると、やはり上記の異常が検出されました。
    こちらのソフトは修復する機能があり、Hosts Fileの異常は見事に修復されました。

Dr.Web CureIt! に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 13 件)