サンドボックス機能、独自の SecureDNS 機能を備えた高機能インターネットセキュリティスイート

COMODO Internet Security のアイコン

COMODO Internet Security

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
12.0.0.6818(2019/04/22)

不審なアプリケーション実行時の自動サンドボックス実行機能が搭載されたセキュリティソフトです。
第三者に情報を盗み取られないようにするセキュアショッピング機能も搭載。
コンピュータ内のマルウェアやスパイウェアなどを検出して除去できるアンチウイルス機能、クリティカルな領域への直接アクセスを監視する HIPS 機能、高機能ファイアウォール、サンドボックス内でソフトウェアを安全に実行できる仮想デスクトップ、緊急時のレスキューディスクの作成など、魅力的な機能を無料で利用できます。

提供元:
※ インストール時に Chromodo Dragon のインストールが推奨されます。不要な場合は「オプション」画面にて画面上部の「コンポーネント」タブをクリックし「COMODO Dragon Web Browser」のチェックを外すことで回避できます。
※ インストール完了時にホームページ、新しいタブ、デフォルトの検索エンジンを米 Yahoo! に設定することが推奨されます。不要な場合はチェックを外すことで回避できます。

COMODO Internet Security の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「FREE DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ インストール時に Chromodo Dragon のインストールが推奨されます。不要な場合は「オプション」画面にて画面上部の「コンポーネント」タブをクリックし「COMODO Dragon Web Browser」のチェックを外すことで回避できます。
    ※ インストール完了時にホームページ、新しいタブ、デフォルトの検索エンジンを米 Yahoo! に設定することが推奨されます。不要な場合はチェックを外すことで回避できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトの使い方等については、COMODO Internet Security のダウンロード・使い方を参照してください。

ユーザーレビュー

  • 2

    最近、Google Chromeが完全フリーズしたり、起動す…

    牡丹餅
    牡丹餅
    投稿数: 1件
    Windows 10

    最近、Google Chromeが完全フリーズしたり、起動すらできなくなる不具合が多発しています。原因を探ったらComodo InternetSecurityが原因でした。Chromeがフリーズした後は100%の確率でPC自体がフリーズに陥ります。 こうなるとPC本体のリセットボタンを押しても反応なしとなり電源プラグをコンセントから抜く羽目になります。HDDが受ける損傷が心配になります。

    数年前にも海外で同様の報告が出されていましたが、その頃はHIPSで特定の設定を行えば何とか対応可能でした。しかし現在のHIPSにはその機能は見当たりません。

    その他、SteamのexeファイルがHIPSに反応してしまい、何度除外設定を行っても数秒後にはHIPSに再度引っかかるを繰り返してしまいます。Steam.exeだけはComodo Firewall のHIPSでは除外設定が不可能なようです。 ゲームをやる度にHIPSを解除するのは不安ですし、ゲームをインストールしたPCにComodo InternetSecurityは不向きなようです。

    現在、Comodo InternetSecurityはアンインストールして他メーカーの有料版ソフトに一時避難をしています。


    ※Chromeはバージョン: 75.0.3770.142(Official Build) (64 ビット)です

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    comodo internetsecurityをインストール…

    CZ
    CZ
    投稿数: 2件
    Windows 10

    comodo internetsecurityをインストールした直後からインターネット回線の速度が激減した。ダウンリンク方向は若干の低下で収まったが、アップリンク方向がそれまでの1/3以下にまで急落してしまった。

    SecureDNSが原因かと思い、再インストールで契約プロバイダのDNS使用に変更したが効果なし。comodo internetsecurity自体をアンインストールしても効果なし。 Cドライブ内に残存していたcomodo関連のフォルダやファイルを手動で削除しても効果なし。挙句の果てにはレジストリに残っていたcomodo関連のレジストリをかたっぱしから削除しても効果なし。

    最終的にはOSの再インストールにて解決した。どうやらcomodoのインストールで何処かが書き換えられたままだったようだ。 皆さんもセキュリティソフトを入れ替えする前後には回線速度を測定しておかれた方が宜しいかもしれません。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    【不具合】 バックアップ用ファイルのエクスポートは成功して…

    くりきんとん
    くりきんとん
    投稿数: 3件
    Windows 10

    【不具合】
    バックアップ用ファイルのエクスポートは成功してもインポートが不可能です。 「ステータス→アクティブ」の状態ではインポートできません。 数年前は別の手でインポート出来たのですが現在はそれすら受け付けません。 ネットでもこの点を指摘されている方が少数ですがいるようです。 不具合が出る度にインストールと初期設定、除外設定を繰り返すのは大変です。

    再インストールをすると「ブロックされたアプリケーション」部分が不具合を生じ、何度除外設定を繰り返しても数秒後には復活してしまいました。こうなると何度でも再インストールの繰り返し作業が必要になります。

    【良い点】
    最近はAV-Test.orgでも上位に食い込む成績を残しているようです。(数年前迄は酷かった)

    このレビューは参考になりましたか?はい

COMODO Internet Security に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 158 件)