重複ファイルを検出して削除することでディスクの空き容量を確保するソフト

Duplicate Files Fixer のアイコン

Duplicate Files Fixer
  • 海外
  • 日本語○
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8.1/10, Mac, Android
バージョン:
1.1.1000.5767(2018/02/09)

スキャンから除外するファイル/フォルダーの指定、削除対象とならないようにする保護設定を利用できる重複ファイル検索ソフトです。
スキャン対象フォーマットの指定、作成日や更新日の範囲の指定、ファイルサイズの範囲の指定といった検索フィルターを利用できます。
また、同一のファイル内容ではないものを検索対象とでき、同じファイル名/似ているファイル名/同じファイルサイズ/同じ作成日時/同じ更新日時を対象として、重複ファイルや類似ファイルがないかを探すことができます。

提供元:
※ 本ソフトはシェアウェアですが、無料で試用できます。体験版では15ファイルまで削除できます。

Duplicate Files Fixer の使い方

ダウンロード

  1. フリーソフト100ストアへアクセスし、「無料体験版をダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(DFF_Trial.zip)を解凍し、セットアップファイル(dffsetuplb.exe)からインストールします。

使い方

重複ファイルを検出する

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。

対象ファイル/フォルダーを追加する
※ ここで追加したファイル、フォルダーの中に重複・類似写真がないかのスキャンを行います。

除外/保護する
メイン画面中段のタブをクリックして除外/保護の指定ができます。
  • 除外するファイル/フォルダー
    検索の対象から除外するファイルやフォルダーを指定します。
  • 保護されたフォルダー
    検索の対象となりますが、削除のマークを付けられないようにして削除不可とする(保護する)フォルダーを指定します。

設定が終わったら「重複写真のスキャン」ボタンをクリックします。

重複ファイルを削除する

スキャンが終わると結果画面が表示されます。
  • 重複しているファイルがグループごとに表示
  • 各タブでファイル形式(すべて/ドキュメント/ピクチャ/ミュージック/ビデオ/その他)ごとに表示
  • 「オートマーク」を利用すると、自動で削除対象ファイルにチェックを入れることが可能に
  • セレクション アシスタント アイコンをクリックすると「セレクション アシスタント」画面が開いて「オートマーク」の優先度の変更が可能
  • 重複リストのエクスポート アイコンをクリックして重複リストをCSV形式で保存できる

右クリックメニュー
右クリックメニューから次の操作ができます。
  • オートマーク
    「オートマーク」⇒「オートマーク」と選択すると、オートマークを実行します。
    「オートマーク」⇒「オートマークオプション」と選択すると、「セレクション アシスタント」画面が開きます。
  • マーク
    次の中からマーク方法を選択できます。
    • このタイプのすべてのファイルをマークする
    • このフォルダーにあるすべてのファイルをマークする
    • このフォルダーツリーにあるすべてのファイルをマークする
    • このフォルダーを複製するすべてのファイルを他の場所にマークする
  • マークを解除する
    次の中からマークの解除方法を選択できます。
    • このタイプのすべてのファイルのマークを解除する
    • このフォルダーにあるすべてのファイルをアンマークして下さい
    • このフォルダーツリーにあるすべてのファイルのマークを解除する
    • このフォルダーを他の場所に複製するすべてのファイルのマークを解除する
  • すべてアンマーク
    すべてのマークを解除します。
  • オートマーク保護
    このフォルダーまたは親フォルダーをマークできないように(削除されないように)保護します。
    「保護されたフォルダー」タブに追加されます。
  • マークされたファイルを反転する
    マークが反転します。
  • マークされたファイルを持つグループをフィルタリングします
    マークされたファイルを持つグループのみを表示するようにします。
    再び右クリックして「すべてのフィルタをクリアする」をクリックすると、フィルタリングが解除されます。
  • このグループをフィルタリングする
    右クリックしたファイルのあるグループのみを表示するようにします。
    再び右クリックして「すべてのフィルタをクリアする」をクリックすると、フィルタリングが解除されます。
  • このファイルはこのグループに属していません。グループから削除します。
    ファイルをグループから除外します。
  • これらのグループをマージする
    複数のグループを選択して右クリックした場合、グループをマージします。
  • 結果から <= (9.99MB) ファイルサイズを削除します。
    結果画面から 9.99MB 以下のファイルサイズを除外します。
    ※ 9.99MB の数字は右クリックするファイルによって変わります。
  • このフォルダーを除外する
    フォルダーを結果画面から除外します。
    「除外するファイル/フォルダー」タブに追加されます。
  • このファイルを開く
    ファイルを開きます。
    ダブルクリックしても開くことができます。
  • このフォルダーを開く
    ファイルのあるフォルダーを開きます。
  • プロパティ
    ファイルのプロパティ画面を開きます。

重複ファイルが一覧表示されるので、不要なファイルにチェックを入れて、「マークされたファイルを削除」ボタンをクリックするとファイルを削除できます。
※ ファイルをダブルクリックするか、右クリックメニュー「このファイルを開く」、「このフォルダーを開く」から内容を確認できます。
※ 無料体験版では15ファイルまで削除可能です。


設定

「一般」タブ
  • 削除オプション
    デフォルトでは「削除したファイルをごみ箱に移動」が選択されていますが、「以下のフォルダに移動」を選択することも可能です。
  • エクスポート オプション
    重複リストをCSV形式で保存します。
  • キャッシュのクリア
    スキャンのキャッシュ、検索履歴をクリアします。
    正確にスキャンできない場合はこちらを実施します。


「高度なスキャン設定」タブ
検索フィルター
  • ファイルフィルター
    スキャン対象となるファイルフォーマットを指定できます。
    デフォルトでは、ドキュメント/ピクチャ/ミュージック/ビデオのフォーマットが指定されています。
  • ファイル日時
    作成日時の範囲、または更新日時の範囲を指定できます。
    デフォルトでは「なし」が指定されています。
  • ファイルサイズ
    最小ファイルサイズ、最大ファイルサイズを指定できます。
    デフォルトでは「なし」が指定されています。

その他の検索オプション
  • ゼロサイズのファイルを除外する
  • 1KB以下のファイルを除外する
  • 10KB以下のファイルを除外する
  • 隠しフォルダーとファイルをスキャンする


「検索オプション」タブ
検索条件
次のどちらかを選択します。
  • 同一の内容
  • 内容を無視

追加オプション
スキャンの対象に追加します。
  • 同じファイル名
  • 似ているファイル名
  • 同じファイルサイズ
  • 同じ作成日時
  • 同じ更新日時

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?