RAWファイルに対応した、軽快に動作する画像ビューア

FastPictureViewer のアイコン

FastPictureViewer
  • 海外
  • 日本語△

ダウンロード購入する

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008
バージョン:
1.9.360.0(2017/10/08)

高速で起動し、軽快に画像を閲覧できるビューアソフトです。
画像を表示すると、ヒストグラム、GPS情報、Exif情報などを表示。
クリックで拡大、右クリックで300%に拡大し、矢印キーやマウスホイールで画像を次々と表示できます。
Ctrl + Shift + C キーでコピー、Del キーで削除、Esc キーでソフト終了などのホットキーにも対応しています。

提供元:
※ 個人利用、非商用利用、教育目的での利用に限られます。それ以外はライセンスの購入が必要です。

FastPictureViewer の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスすると、自動でダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(FastPictureViewer_x32_x64.zip)を解凍し、セットアップファイル(FastPictureViewer64.msi)からインストールします。
    ※ お使いのOSが 32bit 版の場合は「FastPictureViewer.msi」からインストールします。

使い方

日本語化手順

本ソフトは英語表記ですが、一部日本語化できます。
  1. デスクトップのショートカットを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
  2. 「プロパティ」ウィンドウが開きます。
    「リンク先」テキストボックスの最後に半角スペース+「-lang:ja」を追記して「OK」ボタンをクリックします。
    本ソフトのショートカットのプロパティ
  3. 本ソフトを起動すると、日本語化されていることを確認できます。
    FastPictureViewer - メイン画面

基本的な使い方

本ソフトを起動し、ファイルまたはフォルダーをドラッグ&ドロップするか、画面左下のメニューから「イメージを開く」または「画像フォルダー」をクリックして、画像ファイルを読み込みます。

画像を表示すると、画面右にヒストグラム、XMP情報、GPS情報、EXIF情報を表示します。
画像表示


拡大表示(ズームイン)
表示された画像をクリックすると、クリックした場所を100%の大きさに拡大表示(等倍表示)します。
クリックしている間拡大表示し、離すと元に戻ります。
クリックで拡大表示(100%表示)


同様に、右クリックすると300%の拡大表示します。
※ オプション画面の「マウスなど」⇒「右クリック拡大を有効にする」から、拡大率を 30% ~ 25,600% の間で変更したり、右クリックの無効化も可能です。

画像の切り替え
次の画像、前の画像を表示するには、矢印キーの またはマウスホイールのスクロール、画面左下の「前」「次」で操作できます。

サムネイル表示
画面上にマウスカーソルを持っていくと、サムネイルが一覧表示されます。
サムネイル表示


更新履歴(英語)

Version 1.9.360.0 (2017/04/25)
  • FastPictureViewer Pro 1.9.359.0 64-bit was inadvertently built as requiring an Intel AVX2-enabled processor and would not load on older machines. This release addresses that issue.

Version 1.9.359.0 (2017/04/23)
  • This release addresses an issue occurring on Windows 10 where the program can crash when right-clicking into a text input window where you can enter substitution variables. Those input windows can be found in the Renaming Template editor (F2) as well as in the File Utilities plug-in (Ctrl+F). The program customizes the default context menu for edit fields and add custom options letting users easily paste variables into the text, and a change in recent versions of Windows 10 caused the menu customization in FPV Pro to crash. The issue has been corrected.

Version 1.9.358.0 (2016/04/23)
  • The plugin that uploads to Zenfolio.com has been updated, following deprecation of the Zenfolio API 1.6; Additional improvements were made to substitution variables and functions: {LTrim{Variable}} and {RTrim{Variable}} remove any leading and trailing (right-side) blanks from {Variable}, respectively, while {LTrim{Variable},n} and {RTrim{Variable},n} remove any blanks AND also shaves n characters. Say you have a folder naming scheme where you use some fixed-length prefix, as in "01. Holidays". Assume it's the parent folder for the sake of example, then {LTrim{FilePath[1]},4} will resolve to "Holidays". Additionally, {Trim{Variable}} removes both leading and trailing blanks.

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?