CDのリッピング、MP3 / MP4 / FLAC / AAC 形式などへの相互変換できるソフト

fre:ac のアイコン

fre:ac
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.5 以降
バージョン:
1.1.5(2021/06/27)

懐かしさも感じるクラシックなインターフェースで、CD内の音楽ファイルをリッピングできるソフト。
音楽ファイルのタグ情報は CDDB(freedb)から曲名、アーティスト名、アルバム名、トラック、ジャンルなどを取得して自動設定されます。
MP3 / MP4/M4A / WMA / Ogg Vorbis / FLAC / AAC / Bonk 形式への相互変換にも対応。
海外製のソフトですが、標準で日本語に対応しています。

提供元:

fre:ac の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Windows」項目下の「Self extracting installer」横の「freac-1.1.5-windows-x64.exe」リンク、または「freac-1.1.5-windows.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
    Microsoft Store アプリはこちら からダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合はそれぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(freac-1.1.5-windows-x64.exe または freac-1.1.5-windows.exe)からインストールします。

使い方

CDをリッピングする

  1. fre:ac(以下、本ソフト)を起動し、CDを挿入します。
    本ソフト起動前にCDを挿入していた場合は、ツールバーの CD コンテンツをリストに追加 をクリックして、CDを読み込むこともできます。
  2. CDを認識すると、自動的に CDDB(Compact Disc DataBase)の freedb から情報を取得し、アーティスト、アルバム、タイトル、トラック、年、ジャンルの情報を設定します。
  3. ツールバーの エンコードを開始 をクリックすると、エンコードを開始し、MP3 ファイルで音楽ファイルをリッピングします。
    ※ MP3ファイルが保存されるのは、画面下部に表示されている「出力先」です。変更する場合は、「参照」ボタンをクリックして変更します。

フォーマットを変換する

  1. ツールバーの ファイルをリストに追加 をクリックして、対象ファイルを選択します。
    ※ 横の▼ボタンをクリックして、「パターンで追加」、「ディレクトリから追加」もできます。
  2. ツールバーの エンコードを開始 をクリックすると、MP3への変換を開始します。

変換対象フォーマット

ツールバーの エンコードを開始 横の▼ボタンをクリックして、次のフォーマットへの変換が可能です。
  • Bonk Audio Encoder(BONK)
  • FAAC MP4/AAC Encoder(M4A)
  • FLAC Audio Encoder(FLAC)
  • LAME MP3 Encoder(MP3)
  • Ogg Vorbis Encoder(OGG)
  • Windows Media Audio Encoder(WMA)
  • Windows Wave File Output(WAV)
フォーマットを選択してエンコード


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.1.5 (2021/06/27)
  • 改善点
    ・DSP処理パフォーマンスが最大70%向上(主に Windows)
    ・FDK-AACエンコーダ構成ダイアログに周波数帯域幅設定を追加
    ・ログファイルの完全なパスのログを切り替えるオプションが追加されました
    ・freaccmd にカバーアートファイルを指定するためのオプションを追加しました
    ・Shift_JISでエンコードされた CD-Text の読み取りのサポートが追加されました
    ・キューシートにアルバムとトラックのコメントを書き込むためのサポートが追加されました
    ・RF64ファイルの ID3v2 タグのサポートが追加されました
    ・Vorbis コメントタグの更新のサポートが追加されました
    ・RIFFおよびAIFFファイルの ID3v2 タグを更新するためのサポートが追加されました
    ・RIFF、RF64、および Wave64 ファイルのLISTINFOタグを更新するためのサポートが追加されました
    ・VorbisCommentおよびAPEv2タグのアンサンブルフィールドのサポートが追加されました
    ・ID3v2、Vorbis Comment、APEv2、MP4タグの移動フィールドのサポートが追加されました
    ・APEv2タグの追加のURLフィールドのサポートが追加されました
    ・トラックアーティストと同一であってもアルバムアーティストを維持するためのタグエディタオプションが追加されました
    ・タグエディタにメディアタイプフィールドを追加しました
  • バグの修正
    ・ジャンル編集フィールドユーティリティメニューのホットスポットがフィールドの幅全体をカバーしていない問題を修正しました
    ・[エンコードの開始]メニューを使用してコーデックサブフォーマットを選択するとクラッシュすることがある問題を修正しました
    ・DSP処理を使用すると、チャプターマークが数秒オフセットされる問題を修正しました
    ・DSPプロセッサの特定の組み合わせを使用すると再生が機能しない問題を修正しました
    ・FDK-AACでエンコードされたHEおよび HEv2 AACファイルと iTunes との非互換性を修正しました
    ・長さが不明なFLACファイルのデコードの問題を修正しました
    ・一部の Vorbis ファイルのトランジェントをデコードするグリッチを修正しました
    ・Opus ファイルをデコードするときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました
    ・LAMEエンコーダコンポーネントのまれなクラッシュを修正しました
    ・ID3v2 タグから読み取られる文字列が1024文字に制限される問題を修正しました
    ・不正な形式の CD-Text ジャンルIDを読み取るときのクラッシュが修正されました
    ・負の読み取りオフセットでのリッピングの失敗を修正しました
    ・macOS でディスクイジェクトが機能しない問題を修正
    ・macOS で dock コマンドを使用して fre:ac を閉じるとクラッシュする問題を修正しました
    ・Wayland セッションで実行しているときに終了時にUIの不具合とクラッシュが修正されました
    ・Windows 以外のプラットフォームでのポップアップメニューとドロップダウンリストの閉じ動作を修正しました
    ・Xfce デスクトップのカスタムDPI設定に関する問題を修正しました
    ・X11 ベースのシステムでドラッグアンドドロップが信頼できない動作をする問題を修正

Version 1.1.4 (2021/02/15)
  • 改善点
    ・CD-Text の読み取りのサポートが改善されました
    ・HDCDデコーダーDSPフィルターを追加しました
  • …(省略)

Version 1.1.3 (2020/10/11)
  • 一般的な変更
    ・macOS 11.0 BigSur のサポートが追加されました
    ・デフォルトのCDDBデータベースサービスとして GNUdb を使用するように切り替えました
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • 4

    24ビット88.2KHz .flac を作成して

    じじい@新横浜
    じじい@新横浜
    投稿数: 2件
    Windows 10

    24ビット88.2KHz .flac を作成して
    USB-DACでオーディオに流しています。

    音声帯域を欲張らず、原音に含まれな
    い混変調成分が発生しない方法を模索
    していて行き当たりました。
    アップサンプリングはインストールし
    、触っているなかで目っけました。
    結果は素晴らしく、処理できるソフト
    に出会えたことは望外でした。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】本ソフトは、10年前「BonkEnc」➡「fre:ac」に改称後、…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1055件
    Windows 10

    本ソフトは、10年前「BonkEnc」➡「fre:ac」に改称後、着実に改善されてきたが、
    先日Ver.1.1へ更新され、更に魅力的なオーディオエンコーダへと成長を遂げました。
    マルチスレッディングと並列処理をサポートする変換エンジンが強化されています。
    Opus/Apple Lossless/Monkey’s Audio/WavPackが新たに利用可能になった上に、
    複数のフォーマットを同時出力する機能の拡張も嬉しいポイントの一つと思います。
    更に、カバーアート編集可能になったタグエディタも楽しさを倍増させるでしょう。
    マルチチャンネルオーディオ対応、複数設定の構成管理サポートも特筆できますね。
    色々多彩ですが、私としては64bit 版OSへの対応が一番歓迎したいポイントです。


    それほど多くのリッピングを未だ試していませんが、WAVにした場合に無音部分のノイズレベルが-40dB程度と高いのが不満です。 歪み率も高いように思います。 光学ドライブとの相性が悪いのかな。


    上記のノイズレベルや歪み率については、リッピングしたCDの品質に起因していたかも知れません。 しかし個人的には、正しく設定したEAC の方が好きですね。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    無料のソフトなのに、何の制約もない

    kaisin
    kaisin
    投稿数: 1件
    Windows 10

    無料のソフトなのに、何の制約もない。いろいろの無料ソフトを試したが制約のないソフトはこのソフトだけ。私にしては最高のソフト、手放せません。

    11人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

fre:ac に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)