AVI/WMV/WMA/FLV 動画および WAV 音声を、無劣化で分離・連結・抽出できるソフト

Movie Operator のアイコン

Movie Operator

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista
バージョン:
6.02(2009/08/16)
価格:
無料

AVI/WMV/WMA/FLV 動画の映像と音声への分離、動画と音声の合成、動画の連結、動画の区間抽出ができるソフトです。
WAV 形式の音声ファイルの連結と区間抽出も可能。
これらの処理でデコード・再エンコードを行わないないため、動画や音声が劣化しません。
シンプルなインタフェースで直感的に操作できます。

提供元:
NOVO

Movie Operator の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(movieoperator602.lzh)を解凍し、MovieOperator.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
Movie Operator - メイン画面

Movie Operator - メイン画面



動画ファイルの映像と音声を分離する

  1. メイン画面左上のプルダウンメニューから、動画ファイルの種類を AVI、WMV、WMA、FLV から選択します。
  2. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「映像音声分離」を選択します。
  3. 「入力ファイル名」の「...(I)」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで動画ファイルを選択します。
    「入力ファイル名」の欄に、動画ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
  4. デフォルトでは「入力ファイル名_cut」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  5. 音声のない動画だけを出力する場合は「映像切り出し」ボタンをクリックします。
    動画のない音声だけを出力する場合は「音声切り出し」ボタンをクリックします。
映像と音声の分離

映像と音声の分離



動画ファイルに音声ファイルを合成する

  1. メイン画面左上のプルダウンメニューから、動画ファイルの種類を AVI、WMV、WMA、FLVから選択します。
  2. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「映像音声合体」を選択します。
  3. 「映像ソース」の「...(I)」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで動画ファイルを選択します。
    「映像ソース」の欄に、動画ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
  4. 「音声ソース」の「...(I)」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで音声ファイル(AVI または WAV)を選択します。
    「音声ソース」の欄に、音声ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
  5. デフォルトでは「映像ソース_comb」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  6. 「合体」ボタンをクリックします。
動画ファイルに音声ファイルを合成

動画ファイルに音声ファイルを合成



動画ファイルを連結する

動画ファイルを連結できます。
※ 連結する動画ファイルは、同一のエンコーディング条件である必要があります。
  1. メイン画面左上のプルダウンメニューから、動画ファイルの種類を AVI、WMV、WMA、FLVから選択します。
  2. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「動画ファイル連結」を選択します。
  3. 「ソースを指定してください」の「追加」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで動画ファイルを選択します。
    「ソースを指定してください」の欄に、動画ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
    同様にして、連結する動画ファイルをすべて追加します。
    「ソースを指定してください」の欄に追加したファイル名をドラッグして、連結する順番を調整できます。
  4. デフォルトでは「先頭のソースファイル名_link」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  5. 「連結」ボタンをクリックします。
動画ファイルの連結

動画ファイルの連結



動画を区間抽出する

  1. あらかじめ Windows Media Player などで動画を再生し、抽出する区間の開始時間と終了時間をメモしておきます。
  2. メイン画面左上のプルダウンメニューから、動画ファイルの種類をAVI、WMV、WMA、FLVから選択します。
  3. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「動画区間抽出」を選択します。
  4. 「入力ファイル名」の「...(I)」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで動画ファイルを選択します。
    「入力ファイル名」の欄に、動画ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
  5. 「抽出範囲指定」に、開始時間と終了時間を入力します。
  6. デフォルトでは「入力ファイル名_extr」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  7. 「抽出」ボタンをクリックします。
動画の区間抽出

動画の区間抽出



音声ファイル(WAV)を連結する

動画ファイルを連結できます。
※ 連結する音声ファイル(WAV)は、同一のエンコーディング条件である必要があります。
  1. メイン画面左上のプルダウンメニューから「WAV」を選択します。
  2. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「音声ファイル連結」を選択します。
  3. 「ソースを指定してください」の「追加」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで WAV ファイルを選択します。
    「ソースを指定してください」の欄に、WAV ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
    同様にして、連結する WAV ファイルをすべて追加します。
    「ソースを指定してください」の欄に追加したファイル名をドラッグして、連結する順番を調整できます。
  4. デフォルトでは「先頭のソースファイル名_link」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  5. 「連結」ボタンをクリックします。
音声ファイルの連結

音声ファイルの連結



音声を区間抽出する

  1. あらかじめ Windows Media Player などで音声を再生し、抽出する区間の開始時間と終了時間をメモしておきます。
  2. メイン画面左上のプルダウンメニューから「WAV」を選択します。
  3. メイン画面右上のプルダウンメニューから、「音声区間抽出」を選択します。
  4. 「入力ファイル名」の「...(I)」ボタンをクリックし、「開く」ダイアログボックスで WAV ファイルを選択します。
    「入力ファイル名」の欄に、WAV ファイルをドラッグ&ドロップする方法もあります。
  5. 「抽出範囲指定」に、開始時間と終了時間を入力します。
  6. デフォルトでは「入力ファイル名_extr」の形式で出力ファイル名が表示されます。必要に応じ、出力ファイルのパスと名前を編集します。
  7. 「抽出」ボタンをクリックします。
音声の区間抽出

音声の区間抽出



更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 6.02
(2009/08/16)
  • -

Version 6.00
(2008/07/26)
  • -

Version 3.32 (AVI Operator+)
(2008/05/17)
  • -

ユーザーレビュー

  • 2

    ソフトBOOT毎に「ユーザーアカウント制御」で警告が出る

    mvm
    mvm
    1
    Windows 10

    ソフトBOOT毎に「ユーザーアカウント制御」で警告が出る。
    エラー内容はHTMLで提供されるが、ソフト画面とリンクがない
    ファイル連結では追加ビデオの頭に画像が乱れがあり汚い連結となる

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    有用なソフトの提供、有難う御座います

    h_n
    h_n
    1
    Windows 7

    有用なソフトの提供、有難う御座います。
    処理速度の速さに驚きました。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?