CapsLock 状態やカナロック状態を画面上に表示できるキーボードユーティリティ

秀Caps のアイコン

秀Caps

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003
バージョン:
11.6(2021/01/13)

タイトルバーやウインドウ下に表示することで、CapsLock(キャプスロック)やカナロックされているのかを目視で確認することができます。
他にも Shift キーなしで”_”を入力したり、テンキー上のピリオド2回入力でカンマ入力にするなど入力を便利にするキー入力アシスト機能を備えています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

秀Caps の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、32bit OS の場合は「hcaps1160_signed.exe」リンク、64bit OS の場合は「hcaps1160_x64_signed.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(hcaps1160_signed.exe または hcaps1160_x64_signed.exe)からインストールします。

使い方

更新履歴

Version 11.6 (2021/01/13)
  • 「IMEからの()入力直後にカーソルを左に移動する」が、最近のWindows10のMicrosoft IMEでうまく動かなくなってた問題対応。
  • 同様に、「半角/全角→Esc」も効かなくなってた問題対応。

Version 11.5 (2019/12/17)
  • 半角の"()"を直接入力した時にもカーソル左移動させるオプション追加。

Version 11.4 (2018/08/20)
  • PDIC/Unicode上でロシア語入力すると文字化けする対策。PDIC/Unicode上では一部の機能が効かないようした。(PDIC/Unicode上に限ってWH_GETMESSAGEフックを抑止するようにした)

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 3

    普段あまり使わない機能キー右ALTや右Ctrlを他の機能(但し、選…

    のっぽ
    のっぽ
    投稿数: 78件
    Windows 8/8.1

    普段あまり使わない機能キー右ALTや右Ctrlを他の機能(但し、選択は決まったものだけで自由に自分の好みで選択できない)に置き換えたり、特にShift + アンダーバー表示やCapsLk(大文字)は、Shiftを不要で機能できるので、キー打ちが簡素化できるのは利用価値がある。不安定な動作は見られソフトの作りで、単純な機能改善のソフトとして使えると思うが必要性は低いとみて星3つとした。

    このレビューは参考になりましたか?はい