テキストエディター秀丸のマクロを活用できるメールソフト

秀丸メール のアイコン

秀丸メール

  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
7.28(2024/02/04)
価格:
2,310円

秀丸ユーザーに便利なマクロに対応したメールソフトです。
OAhuth 2.0 / POP before SMTP / SMTP AUTH / APOP の認証方式に対応。
メールソフトに秀丸エディタを組み込み、ルーラ・行数表示、検索機能、マクロ機能、タブ表示を備えているほか、アドレス帳 CSV データのインポート、メールの色・マーク表示、スレッド表示などの機能を備えています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはシェアウェアですが、一定期間無料で試用できます。また、秀丸エディタを利用している方なら無料で利用できます。
※ OAuth 2.0 対応。

秀丸メール の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「通常の最新版はこちら」項目下の「hmmail728_signed.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ 64bit 版をダウンロードする場合は「64bit版はこちら」項目下の「hmmail728_x64_signed.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    Microsoft Store 版はこちらからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(hmmail728_signed.exe)からインストールします。

使い方

Gmail を設定する

  1. 本ソフトを起動し、メニューバーから「ファイル」⇒「アカウントの新規作成」とクリックします。
    「ファイル」⇒「アカウントの新規作成」

    「ファイル」⇒「アカウントの新規作成」

  2. 「アカウントの新規作成」画面が表示されます。
    「メールアカウント」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    メールアカウントの追加(1) - アカウントの新規作成

    メールアカウントの追加(1) - アカウントの新規作成

  3. 「名前」画面が表示されます。
    名前(差出人名)を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    メールアカウントの追加(2) - 名前(差出人名)

    メールアカウントの追加(2) - 名前(差出人名)

  4. 「電子メールアドレス」画面が表示されます。
    メールアドレスを入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    メールアカウントの追加(3) - メールアドレス

    メールアカウントの追加(3) - メールアドレス

  5. Gmail の場合、「自動設定」画面が表示されます。
    POP3 または IMAP4 を選択できますが、ここでは IMAP4 を選択して「自動設定の適用」ボタンをクリックします。
    メールアカウントの追加(4) - 自動設定の確認

    メールアカウントの追加(4) - 自動設定の確認

  6. 「秀丸メールの自動設定は必ずしも正しい保証はありません。…」ウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
  7. 「設定完了」画面が表示されます。
    「完了」ボタンをクリックします。
    メールアカウントの追加(5) - 設定完了

    メールアカウントの追加(5) - 設定完了


Gmail を受信する

  1. メールアカウントを追加したら、次のいずれかの方法でメールを受信します。
    • メニューバーの「送受信」⇒「すべて送受信」をクリックする
    • ツールバーの 送受信 アイコンをクリックする
    • Ctrl + M キーを押す(すべて送受信)
    ※ 「すべて送受信」とは、メールの送信、受信を登録しているメールアカウントすべてで実行するコマンドです。
  2. Gmail のログイン画面が表示されるので、ログインします。
    Gmail 送受信時のログイン

    Gmail 送受信時のログイン

  3. メールの送受信を行い、メールアカウントを利用できるようになります。
    秀丸メール - 利用イメージ

    秀丸メール - 利用イメージ


デフォルトで HTML メールを開く

秀丸メールはテキスト形式で受信しますが、「HTML メール Viewer for 秀丸メール」アドインを追加することで、秀丸メール内で HTML メールを表示できるようになります。
  1. 提供元サイトへアクセスし、リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
  3. 秀丸メールが既に起動している場合は再起動し、メニューバーから「設定」⇒「全般的な設定」とクリックします。
  4. 「全般的な設定」画面が表示されたら、画面左の設定一覧から「メール表示」をクリックします。
  5. 「メール表示」画面が表示されたら、画面右下の「HTML メール Viewer の設定」ボタンをクリックします。
    全般的な設定 - メール表示

    全般的な設定 - メール表示

  6. 「HTML メール Viewer の設定」画面が表示されたら、「特定条件のメールを自動でインライン表示する」にチェックを入れ、次のように設定します。
    • 「迷惑メールフィルターが "safe" と判定している」のチェックを外す
    • 「イメージを含む」のチェックを外す
    • 「フレームタグを含まない」のチェックを入れる
    • 「ActiveX 等のプログラムを含まない」のチェックを入れる
    設定が終わったら「OK」ボタンをクリックします。
    HTML メール Viewer の設定

    HTML メール Viewer の設定

  7. HTML メールを開くと、瞬時にHTML表示になります。
    HTML メールの表示

    HTML メールの表示


設定が完了したら、HTML メールを秀丸メール内で見ることができるようになります。
  1. HTML メールを開いた際に「添付ファイル」にある「HTML メール」をダブルクリックするか、右クリックメニュー「HTML メールのインライン表示」をクリックします。
  2. HTML メールが秀丸メール内で表示されます。

更新履歴

Version 7.28
(2024/02/04)
  • Windows11でMicrosoftのOAuth認証が失敗することがある問題対応。
  • IMAP4でのフォルダ名のユニコード文字対応。

Version 7.27
(2024/01/16)
  • URLチェッカーで誤判定が起きる可能性のあるバグ修正。aタグのリンク先がメールアドレスになってると起きる可能性がある。
  • 新しいタイプの偽装された迷惑メール対応。数学用英数字記号をURLに使ってる場合やonclick=でURLを埋め込んでる場合対応など。
  • 秀丸メールから発信するHTML形式メールについて、text/plainとのデュアルパートをやめて、HTML形式のシングル形式にした。(iPhoneで受信して化ける場合があるらしいので)
  • その他細かいバグ修正など。

Version 7.26
(2023/11/07)
  • 主な修正点
    • 「最新バージョンの確認」がうまく動いてなかったバグ修正。
    • 「受信した添付ファイルの更新日時をDate:ヘッダと同じにする」をONにしてても効かなくなってたバグ修正。
    • 送信ログが「72桁で折り返し=ON」になってたのを、OFFに変更。
    • 特定のHTMLメールを受信してBuffer overrunの内部エラーが出るバグ修正。headタグとstyleタグの入れ子構造が狂ってるメールで起きる。
    • 検索結果のウィンドウを最大化してる場合に、ウィンドウをDPI値の異なる別モニタに移動して落ちてしまうバグ修正。

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 4

    導入後は簡単ですが、幾つもの注意点があります

    ssk
    ssk
    投稿数: 49件
    Windows 10

    導入後は簡単ですが、幾つもの注意点があります。
    imap4の受信ですが、規定で迷惑メールフォルダのメールが見れなくなっています。INBOXにしかチェックがありませんので、注意が必要です。
    アカウント毎の設定でimap4関連->ダウンロードする対象フォルダ で【迷惑メール】をチェックする必要があります。
    送信控え、送信済みメールフォルダも規定でメールが見れませんので、必要と思われる項目は全てチェックを入れて下さい。
    同期のボタンや切断機能がありません。秀丸メール起動中は繋ぎっぱなしになります。
    あとメールを削除すると、リモートのごみ箱フォルダに移動しますが、サーバーのごみ箱には残らないようになっています。
    どういう思想でこの仕様なのか、全く意味が分かりません。メール削除は秀丸メールに設定欄がないので開発元が作ったルールで動作するのが前提であり注意が必要です。秀丸エディタ同様に、新規メールのウィンドウで確定キーが効かないバグがあります。以前のIMEに戻すと直るようですが、それをする位ならBeckyとMeryを使うでしょう。

    秀丸エディターのユーザーであれば追加料金なしで登録できるのは利点ですね。
    UIで表示されている規定のアイコンも変更できます。
    メールクライアントに重い物(PIM)を求めていない人には十分に選択肢になります。

    秀丸メール用アイコンモジュールライブラリhttp://hide.maruo.co.jp/lib/tkicon/index.html
    Thunder Theme ver.1.2.0 か Wind Theme ver.1.2.0 がお勧めです。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    winbiffからの乗り換えです

    yamayam
    yamayam
    投稿数: 1件
    Windows 10

    winbiffからの乗り換えです。
    重い腰を上げて切り替えました。
    たどり着いたのが、秀メールで良かったです。
    カスタムできて、某メーラーしか選択が無い方は可哀そうに思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    長らく愛用しています

    kiff
    kiff
    投稿数: 1件
    Windows 7

    長らく愛用しています。
    こういったテキストベースの軽いメーラーが一番。
    それでいてimapも十分使えます。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

秀丸メール に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)