1つのキーボード・マウスで複数PCを操作できるソフト

Input Director のアイコン

Input Director

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
2.1.1(2021/12/12)

2台以上のPCを一組のマウス・キーボードで操作することができ、他のPCの操作中にメインPCで調べものをするといったことが可能になります。
設定も簡単で一度設定してしまえば、あとはPCの起動だけですぐに操作可能な状態になります。
動作も軽量で物理的につなぐときと変わらない動作が可能です。
また、マクロ機能もあり、簡単な反復動作を記録することができます。

提供元:
※ 個人かつ非商用利用に限り無料で利用できます。

Input Director の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download Input Director v2.1」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(InputDirector.v2.1.1.zip)を解凍し、セットアップファイル(InputDirector.v2.1.1.build150.Setup.exe)からインストールします。

使い方

接続設定する

「1台目のPC」(以下、プライマリ機と呼びます)、「2台目のPC」(以下、セカンダリ機と呼びます)の両方のPCにインストールします。

プライマリ機での操作
  1. メイン画面左の Client Systems をクリックします。
    Input Director - Main 画面

    Input Director - Main 画面

  2. 「Clients」画面が表示されます。
    「Add」ボタンをクリックします。
    Client Systems

    Client Systems

  3. 「System Configuration(システム構成)」画面が表示されます。
    「Scan network for candidate systems(ネットワークをスキャンしてシステムの候補を探す)」ボタンをクリックします。
    クライアントの追加(System Configuration)

    クライアントの追加(System Configuration)

  4. 「Candidate systems(システムの候補)」画面が表示されます。
    セカンダリ機のコンピューター名が表示されているので「Select」ボタンをクリックします。
    ネットワークをスキャンした結果、検出された候補PC

    ネットワークをスキャンした結果、検出された候補PC

  5. 「System Configuration(システム構成)」画面に戻り、Hostnameが設定されていることを確認できます。
    画面下部の「OK」ボタンをクリックします。
    コンピューター名が追加される

    コンピューター名が追加される

  6. 「The Input Director security settings ...」ウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
    エラーメッセージ

    エラーメッセージ

  7. 「Clients」画面に戻り、セカンダリ機のコンピューター名が追加されていることを確認できますが、コンピューター名の横が ? になっています。
    コンピューター名の左隣が?に

    コンピューター名の左隣が?に


セカンダリ機での操作
ここまでの手順を操作すると、セカンダリ機に「Add the Director system freesoft100-pc to the authorised list of systems that may control this computer?(このコンピューターを制御する可能性のあるシステムの承認済みリストに freesoft100-pc(
※プライマリ機のこと
)を追加しますか?)」ウィンドウが表示されるので「はい」ボタンをクリックします。
セカンダリ機で許可する

セカンダリ機で許可する



プライマリ機での操作
プライマリ機の画面に戻り、セカンダリ機のコンピューター名の横が 緑色のチェック になっていることを確認できます。
コンピューター名の左隣が緑のチェックに

コンピューター名の左隣が緑のチェックに



これで設定完了です。
プライマリ機からセカンダリ機へマウスカーソルを移動させたり、セカンダリ機のキーボード入力が可能になります。

  • プライマリ機とセカンダリ機の位置関係については、「Clients」画面下部のPCアイコンをドラッグ&ドロップして左右の場所を入れ替えて変更することも可能です。
    ドラッグ&ドロップで左右の位置を入れ替え

    ドラッグ&ドロップで左右の位置を入れ替え

  • プライマリ機とセカンダリ機をマウスカーソルが行き来すると、別のディスプレイに移動するたびにマウスカーソルの周りに波紋が表示されてわかりやすくなります。
    PCを移動すると波紋状に表示

    PCを移動すると波紋状に表示

  • セカンダリ機からプライマリ機を操作したい場合は、同様の手順(セカンダリ機の「Clients」画面からプライマリ機のコンピューター名を追加するなど)を行います。

ホットキーを利用する

次のホットキーを利用できます。
  • Ctrl + 左 Alt + Break
    キー操作したPCの中央にマウスカーソルが移動します。
  • Ctrl + 左 Alt + Insert
    マウスカーソルのあるPCに Ctrl + Alt + Delete を送信します。
  • Ctrl + 左 Win + L
    マウスカーソルのあるPCに Win + L を送信します(PCをロックします)。
「Keyboard & Mouse」画面からホットキーのカスタマイズも可能です。
Director Preferences(ディレクター設定)

Director Preferences(ディレクター設定)



本ソフトを停止/終了する

本ソフトを停止する
タスクトレイicon アイコンの右クリックメニュー「Disable Input Director」をクリックすると、本ソフトが無効になり、停止します。
icon アイコンの右クリックメニュー「Enable Input Director」をクリックすると、本ソフトが有効になります。
タスクトレイアイコンの右クリックメニュー

タスクトレイアイコンの右クリックメニュー



本ソフトを終了する
タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「Shutdown Input Director」をクリックすると、本ソフトが終了します。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.1.1 Build 150
(2021/12/12)
  • リモートデスクトップセッション中に Input Director が誤ってアクティブのままになる可能性があるバグを修正しました
  • スキップされたクライアントを入力ディレクターが移行しないバグを修正しました
  • システム間の移行をブロックする可能性があるバグを修正しました
  • マイナーなバグ修正

Version 2.1 Build 146
(2021/11/01)
  • 新しい柔軟なモニターレイアウトシステム。モニターは、物理的な場所とサイズの違いを正確に反映するように配置およびサイズ変更できます
  • 共有クリップボードファイルのコピー/貼り付けにネットワーク共有が不要になり、どこからでもどこにでもファイルをコピーするのがさらに簡単になりました
  • フルスクリーンアプリケーションがアクティブなときにクライアントにマウスを移行しないように Input Director を構成できます
  • クライアントシステムの制御中にタップされたタッチスクリーンが Director システムにある場合、入力制御は Director に戻されます。
  • ホットキーを押すときにカーソルをプライマリ画面の中央に配置するように Input Director を構成できるようになりました
  • システム間ではなくモニター間で移行するようにジャンプホットキーを構成できます
  • ミラーリングをクライアントシステムのプライマリ画面に制限できるようになりました
  • Windows リモートデスクトップとの互換性の向上
  • 3桁のIPアドレス番号をIPアドレス番号フィールドに手動で入力することに影響する可能性があるバグを修正しました
  • システムに戻るときやシステム間でシステムのアクティブウィンドウがちらつく可能性があるバグを修正しました

Version 2.0.1 Build 139
(2020/10/02)
  • 特に Logitech マウスでマウスクリックを抑制できるバグを修正しました
  • 拡張された Unicode 文字を含むファイル名でファイルのコピー/貼り付けが失敗する可能性がある共有クリップボードのバグを修正しました
  • 共有クリップボードがクリップボードコンテンツの共有を停止する可能性があるバグを修正しました

ユーザーレビュー

  • 1

    Windows 7及び8.1を10にUPして2台のパソコン間でのや…

    ペラペラ人間
    ペラペラ人間
    投稿数: 1件
    Windows 10

    Windows 7及び8.1を10にUPして2台のパソコン間でのやり取り。マスター側PCのマウス操作をした時に「busy cursor」「wait cursor]が頻繁に発生して画面が数秒真っ暗になりエクスプローラーが勝手に再起動する症状が多発。「wait cursor」が発生し再起動した直後にマスター側のアプリをアイコン画面から終了させてやると「wait cursor」が全く出なくなる。パソコンは快適に動き出す。又、スレーブ側のアプリをアイコンからオフにしてもマスターとスレーブ間でのやり取り可能であり理解できない?。便利なアプリなのでアンインストールして再度インストールしたが同じ症状で回復せず。以上の2点が不安定なことからネットワーク上でエクスプローラーを監視していると思われ危険性を感じる。記載した2点の不具合がなければ5つ星は確実。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    先ほど、インストールし、設定し動いたところです

    かに~は゜~ん
    かに~は゜~ん
    投稿数: 1件
    Windows 10

    先ほど、インストールし、設定し動いたところです。感動的です! 簡単にマウスが画面を左右上下に移動できます。4台のPCを使っています。Windows10をマスターにWindows10、2台とWindows7を1台をスレーブにしています。あとは、IPアドレスの件ですが、IPアドレス固定にしなければいけないのでしょうか? 明日、立ち上げた時に確認します。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    素晴らしい

    しん2222
    しん2222
    投稿数: 1件
    Windows 7

    素晴らしい。もう5年以上は使わせて頂いております。
    絶えず4台以上のPCを使用しております。
    このソフトに出会う前は4個のマウスを動かし大変でした。
    今はこのソフトを無くしてしまったら、PC操作に疲れちゃっいますね。
    私はPCで色々やる事が有り心から感謝しております。
    小さな青春を有難うございます。

    11人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Input Director に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)