こういうホットキーがあればいいのに!を自分の思うとおりに実現できるソフト

AutoHotkey のアイコン

AutoHotkey
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.1.33.02(2020/07/18)

Windows のキーの組み合わせに、「何かのキー」を割り当てられるソフトです。
いつも使っているキーボード操作をより便利にしたい、マウスをなるべく使わずにキーボードで完結したい、といった場合に役立ちます。
動作の命令を記述する ” スクリプト ”を作成することで、本ソフトはスクリプトを読み込んで実行します。
スクリプトを作成することで、次のようなキーの置き換えや動作を設定、実行できるようになります。

  • 矢印キーを置き換えてホームポジションの近くに配置
  • あまり有効に利用されていないような無変換キーや変換キーを組み合わせた有効活用法
  • ウィンドウの最大化・最小化のような単純な操作
  • 条件分岐やループなどを使った、Windows 上で複雑な動作(より専門的な記述が必要となります)
提供元:

AutoHotkey #1: Install and Hello World(英語)

AutoHotkey の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download AutoHotkey Installer」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「Download AutoHotkey.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(AutHotkey_1.1.33.02_setup.exe)からインストールします。
  3. 「Please select the type of installation you wish to perform.(実行するインストールタイプを選択してください)」画面が表示されます。
    「Express Installation」をクリックします。
  4. 「Installation complete.(インストール完了)」画面が表示されます。
    • View Changes & New Features
      本ソフトのヘルプファイルの「Changes & New Features(変更と新機能)」画面が表示されます。
    • View the Tutorial
      本ソフトのヘルプファイルの「Tutorial (quick start)(チュートリアル(クイックスタート))」画面が表示されます。
    • Run AutoHotkey
      本ソフトのヘルプファイルの「Welcome」画面が表示されます。
    • Exit
      セットアップ(インストール)を終了します。

使い方

設定サンプル

メッセージボックスを表示する
  1. メモ帳を開き、次のテキストを記入します。
    MsgBox, Hello AutoHotkey world
  2. 次のように指定して保存します。
    • ファイル名
      script.ahk
    • ファイルの種類
      すべてのファイル (*.*)
    • 文字コード
      UTF-8
  3. 保存した script.ahk をダブルクリックして実行すると、「Hello AutoHotkey world」ウィンドウが表示されます。
    「Hello AutoHotkey world」ウィンドウの表示

「Alt」+「4」キーでアプリケーションを終了する
アプリケーションの終了ホットキーとして Alt + F4 キーがあります。
Alt + F4 キーだと F4 キーが少し遠いので、4 キーで代用してしまおう、というものです。
  1. メモ帳を開き、次のテキストを記入します。
    !4::Send,!{F4}
    return
  2. 次のように指定して保存します。
    • ファイル名
      QuitAlt4.ahk
    • ファイルの種類
      すべてのファイル (*.*)
    • 文字コード
      UTF-8
  3. 保存した QuitAlt4.ahk をダブルクリックして実行すると、タスクトレイicon アイコンが表示されます。
    この状態が先ほど設定したスクリプトが有効な状態です。
    試しにいま開いているメモ帳をクリックして(アクティブにして)、Alt + 4 キーを押すとメモ帳が閉じられることを確認できます。
  4. 本スクリプトを終了するには、タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「Exit」から終了できます。

「無変換」+「J」キーで矢印キー左に動かす
矢印キーはキーボードの少し離れた位置にあるので、無変換キーを活用してなるべく手を動かさずに矢印キーを押すということを目的としたキーバインド(複数キーの組み合わせ)です。
  1. メモ帳を開き、次のテキストを記入します。
    vk1D & j::Send, {left}
  2. 次のように指定して保存します。
    • ファイル名
      ArrowLeft.ahk
    • ファイルの種類
      すべてのファイル (*.*)
    • 文字コード
      UTF-8
  3. 保存した ArrowLeft.ahk をダブルクリックして実行すると、タスクトレイicon アイコンが表示されます。
    この状態が先ほど設定したスクリプトが有効な状態です。
    試しにいま開いているメモ帳をクリックして(アクティブにして)、無変換 + J キーを押すとメモ帳が閉じられることを確認できます。
  4. 本スクリプトを終了するには、タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「Exit」から終了できます。

実装サンプル - 複数設定する
複数のスクリプトを組み合わせて、実際に利用できる設定のサンプルです。
  1. メモ帳を開き、次のテキストを記入します。
    ; 無変換 + J キー ⇒ キー
    ; 無変換 + L キー ⇒ キー
    ; 無変換 + I キー ⇒ キー
    ; 無変換 + K キー ⇒ キー

    vk1D & j::Send, {Blind}{Left}
    vk1D & l::Send, {Blind}{Right}
    vk1D & i::Send, {Blind}{Up}
    vk1D & k::Send, {Blind}{Down}

    ; 無変換 + , キー ⇒ Home キー
    ; 無変換 + . キー ⇒ End キー
    vk1D & vkBC::Send, {Blind}{Home}
    vk1D & vkBE::Send, {Blind}{End}

    ; 無変換 + U キー ⇒ PageUp キー
    ; 無変換 + O キー ⇒ PageDown キー
    vk1D & u::Send, {Blind}{PgUp}
    vk1D & o::Send, {Blind}{PgDn}

    ; 無変換 + 1 キー ⇒ F1 キー
    ; 無変換 + 2 キー ⇒ F2 キー
    ; 無変換 + 3 キー ⇒ F3 キー
    ; 無変換 + 4 キー ⇒ F4 キー
    ; 無変換 + 5 キー ⇒ F5 キー
    ; 無変換 + 6 キー ⇒ F6 キー
    ; 無変換 + 7 キー ⇒ F7 キー
    ; 無変換 + 8 キー ⇒ F8 キー
    ; 無変換 + 9 キー ⇒ F9 キー
    ; 無変換 + 0 キー ⇒ F10 キー
    vk1D & 1::Send, {Blind}{F1}
    vk1D & 2::Send, {Blind}{F2}
    vk1D & 3::Send, {Blind}{F3}
    vk1D & 4::Send, {Blind}{F4}
    vk1D & 5::Send, {Blind}{F5}
    vk1D & 6::Send, {Blind}{F6}
    vk1D & 7::Send, {Blind}{F7}
    vk1D & 8::Send, {Blind}{F8}
    vk1D & 9::Send, {Blind}{F9}
    vk1D & 0::Send, {Blind}{F10}
    ※ 無変換キーとの組み合わせで別のキーを実行できるようにするスクリプトです。
    ※ {Blind} を追加すると他のキーとの組み合わせの動作も可能となります。例えばブラウザーでページを開いているときに Alt + 無変換 + J キーを押して前のページに移動可能となります。
    ※ ; の行はわかりやすいように補足したコメント行なので削除したり、自分なりのコメントに書き換えても動作は変わりません。
    実装サンプル
  2. 次のように指定して保存します。
    • ファイル名
      AutoHotkey.ahk
    • ファイルの種類
      すべてのファイル (*.*)
    • 文字コード
      UTF-8
  3. 保存した AutoHotkey.ahk をダブルクリックして実行すると、タスクトレイicon アイコンが表示されます。
    この状態が先ほど設定したスクリプトが有効な状態です。
  4. 本スクリプトを終了するには、タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「Exit」から終了できます。

キーリスト

制御キー
※ v1.1.27.00 よりキーが変更となり、例えば無変換キーは vk1Dsc07B ⇒ vk1D に変更となり、最初の vk から始まる4文字のみが有効となり、sc 以下は不要となりました。

修飾キー

修飾キーの使い方
修飾キーは、次のように記述します。
#z::Run www.autohotkey.com
[Windows] + Z キーを押すと、ブラウザーで www.autohotkey.com を開きます。

修飾キーを複数組み合わせる場合は、次のように記述します。
^!n::
IfWinExist 無題 - メモ帳
WinActivate
else
Run Notepad
Ctrl + Alt + N キーを押すと、「無題 - メモ帳」というタイトルのウィンドウがあればアクティブにし、なければメモ帳を起動します。

更新履歴(英語)

Version 1.1.33.02 (2020/07/18)
  • Fixed InputHook.EndKey to prefer any vk over sc000.
  • Fixed InputHook.KeyOpt("{sc000}", flags).
  • Fixed #Warn Unreachable flagging Case/Default as unreachable.

Version 1.1.33.01 (2020/07/13)
  • Fixed modifier key-up hotkeys like LShift up:: not suppressing key-up unless a corresponding key-down hotkey is defined.
  • Fixed icons loaded from DLL/EXE not using the closest matching size if it's first in the icon group [broken by v1.1.33.00].
  • Fixed a up:: erroneously taking precedence over b & a up:: if a:: is defined but not b & a::.
  • Fixed b & a up:: not suppressing a when a:: is defined but disabled by #If and b & a:: is not defined.

Version 1.1.33.00 (2020/06/30)
  • Added #ErrorStdOut Encoding parameter.
  • Added /ErrorStdOut=Encoding command line switch.
  • Added #Warn Unreachable (warning mode).
  • Added #Requires AutoHotkey vVersion (directive).
  • Added detection of program-terminating SEH exceptions, to display an error dialog.
  • Fixed a possible bug where Input causes undefined behaviour. [PR #159 from Helgef]
  • Fixed WinKill.
  • Fixed A_WinDir to always return the system Windows directory.
  • Fixed FileGetShortcut/FileCreateShortcut to return and accept negative icon indices without modification.
  • Fixed InputBox Locale option to not focus the Cancel button.
  • Fixed menu bar keyboard shortcuts not working when GUI has no controls.
  • Fixed LoadPicture to use 256x256 graphic when available in a DLL/EXE.
  • Fixed DBGp stderr copy mode to not suppress error dialogs.
  • Fixed ControlGet Line setting ErrorLevel=1 when line is just empty.
  • Fixed Send causing unwanted hotkey buffering.

ユーザーレビュー

  • 5

    MS Office のホイールでの横スクロールが自分のマウスではど…

    AHK
    AHK
    投稿数: 1件
    Windows 10

    MS Office のホイールでの横スクロールが自分のマウスではどのソフトもうまくいかなくて、検索していたらこれに当たりました。すごいですね、このスクリプトエンジン。何でもできる。確かに悪用もされるわけですね。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい