接続可能なアクセスポイントを検出し、Wi-Fi の電波強度をモニタリングできるソフト

Homedale のアイコン

Homedale

  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード寄付する

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/11, Windows Server, macOS 10.10-12
バージョン:
2.04(2022/11/15)
価格:
無料

アクセス可能なアクセスポイントを検出し、SSID、MAC アドレス、メーカー、電波の強さ、暗号化方式、周波数、帯域などを一覧で取得・表示できるソフトです。
特定のアクセスポイントに対して電波の強さをモニタリングしてグラフ表示する機能を搭載。
Wi-Fi のつながりがイマイチな場合に本ソフトでその電波の強さを視覚化できます。
その他、現在利用可能なネットワーク方式の確認、帯域ごとの電波の強さの確認、現在接続しているアクセスポイントの所在地の表示などが可能です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

Homedale の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Windows: Free Download Homedale.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版をダウンロードする場合は、「macOS: Free Download Homedale.dmg」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(Homedale.zip)を解凍し、Homedale.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

「Access Points」タブ
本ソフトを起動すると「Access Points」タブが表示されます。
「Access Points」タブ

「Access Points」タブ


次の項目が表示されます。
  • Access Point(アクセスポイント(SSID))
  • MAC Address(MAC アドレス)
  • Vender(メーカー)
  • Signal Strength(信号強度(電波の強さ))
  • Signal Strength History(信号強度の履歴)
  • Encryption(暗号化方式)
  • Contry Id(国のID)
  • Mode(接続モード)
  • Frequency(周波数(チャネル))
  • Band(帯域)
  • First seen(最初の検出時間)
  • Last seen(最後の検出時間)
  • Bitrates(ビットレート)
  • Info(情報)
  • Adapter(アダプター)
  • Note(メモ)
※ 右クリックメニュー「Edit Note」から Note を編集できます。

「Access Point Signal Graph」タブ
「Access Points」タブで検出されたアクセスポイントをダブルクリックすると、「Access Point Signal Graph」タブで電波の強さをモニタリングできるようになります。
「Access Point Signal Graph」タブ

「Access Point Signal Graph」タブ


複数のモニタリングが可能で、「Access Points」タブで監視したいアクセスポイントをダブルクリックすると、追加できます。
逆にモニタリングをやめたいアクセスポイントがあれば、同様に「Access Points」タブでアクセスポイントをダブルクリックするとモニタリングしないようになります。

「Adapter Overview」タブ
ネットワークアダプターの概要を表示します。
「Adapter Overview」タブ

「Adapter Overview」タブ



「Frequency Usage」タブ
帯域ごとの周波数の利用可能状況を確認できます。
「Frequency Usage」タブ

「Frequency Usage」タブ



「Location」タブ
「Locate Me」ボタンをクリックすると、現在接続しているアクセスポイントの位置情報を取得し、Google マップで表示します。
「Location」タブ

「Location」タブ



「Options」タブ
  • Show non-WLAN adapters
    「Adapter Overview」タブに VMware などの仮想ネットワークアダプターなども表示されるようになります。
  • Use alternative signal graph theme
    「Access Point Signal Graph」タブと「Freequency Usage」タブに代わりのテーマを適用します。
  • Use dots instead of lines in graph
    「Access Point Signal Graph」タブがドットで描画されるようになります。
  • Don't download company names list (oui.txt)
    Homedale.exe と同じ場所にダウンロードされる会社名リスト(oui.txt)をダウンロードしません。
  • Always on top
    常に最前面表示します。
  • Automatically check for updates
    自動的に更新をチェックします。
  • Refresh every 2 seconds
    2秒ごとに更新します。
    1秒 / 2秒 / 5秒 / 10秒 / 30秒 / 60秒 から選択できます。
  • Remove old Access Points after 1 minute
    1分後に古いアクセスポイントを削除します。
    即時 / 1分後 / 5分後 / 15分後 / 60分後 / 決して削除しない から選択できます。
  • GPS NMEA
    NMEA フォーマット。
  • Signal Graph -40max dB -90 min dB
    「Access Point Signal Graph」タブと「Freequency Usage」タブの表示範囲を調整します。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 2.04
(2022/11/15)
  • 韓国語の追加、スロベニア語の改善、ログ ファイル ヘッダーの改善

Version 2.03
(2022/10/12)
  • 6GHz のサポートが追加されました

Version 2.02
(2021/12/30)
  • 頻度使用チャートの色が改善されました

ユーザーレビュー

  • コメント

    【追記あり】今、本サイトのリンクからダウンロードしましたが、特に不審点はありま…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1259件
    Windows 10

    今、本サイトのリンクからダウンロードしましたが、特に不審点はありませんでした。
    なお、添付図に示すとおり、ソフトのバージョンが「Ver.2.03」に更新されていました。


    Ver.2.03 は、新規格(6GHz帯)に対応しています。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    レビューを見て良さそうなのでダウンロードしようとした所「疑わしい接…

    テング
    テング
    投稿数: 7件
    Windows 11

    レビューを見て良さそうなのでダウンロードしようとした所「疑わしい接続をブロックしました。msedge.exe は、www.soft32download.com に信頼できない証明書を使用した接続を確立しようと試みました。信頼できない証明書は、公的に認められていない証明機関によって発行された可能性が高く、個人データを保護するためにこの接続をブロックしました」と警告画面でた(スーパーセキュリティ)ので止めました。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】乗り換えました

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1259件
    Windows 10

    乗り換えました。
    以前、私は「WiFi Analyzer」を使用していましたが、若干の不満を抱えていました。
    使いやすいソフトですが、私が使用する5GHz帯のチャンネル区分が分かりづらくて、
    具体的に言えば、私が使用中のチャンネル以外のチャンネル値が表示されないのです。
    本ソフトは英語表記ですが特に困ることもなく、綺麗なグラフ表示が気に入りました。
    プロトコル「802.11ac」使用で、帯域幅「80MHz」が確認できたのも満足でした。
    5GHz帯が3バンド(32-68、96-173、183-196)分割表示で、とても見易いです。


    「Access Point Signal Graph」は、一画面で2.4GHz帯と5GHz帯が共用で便利。
    「Options」タブでリフレッシュ時間を変更(選択)できるのは有り難いですね。


    「Access Points」タブの右端付近に表示される「Quality」値を見て一喜一憂です。
    最近の規格の5GHz帯は障害物に強くなり、とても安定した電波強度が印象的です。
    2.4GHz帯は、他の通信機器や家電の電波干渉を受けやすく、速度も出ないですね。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?