文字を立体化し、プラスチックやガラスなどの質感をつけることができるロゴ作成ソフト

LogoShader のアイコン

LogoShader

ダウンロード

対応OS:
Windows XP 以降
バージョン:
1.9(2013/03/09)

「カラーリングリモコン」を使い、グラデーション、タイル、当値線模様、画像ファイルからグラデーションを調整。
「質感リモコン」で発行率、強度、透明度などを選択できます。
もちろん、2つ以上の複数のロゴを合体させてロゴを作成することもできます。

提供元:

LogoShader の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(LogoShader.zip)を解凍し、「Program」フォルダー内の LShader.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

更新履歴

Version 1.9
(2013/03/09)
  • モデリングリモコンに「金網」を追加。(モデリングリモコン「特殊 - 金網」)
    パーツを金網状にできるようになった。
  • 矢印キーによる移動量の修正
    Shiftキーと矢印キーを同時に押すと、矢印の方向に10ピクセル移動するようにした。
  • 新規作成の台紙サイズに720x480を追加。(メニュー [ファイル - 新規作成])

Version 1.88
(2011/02/06)
  • モデリングリモコンに「立体縁どり」を追加。(モデリングリモコン「立体 - 立体縁どり」)
    パーツの輪郭に沿って立体的な縁どりができるようになった。
  • モデリングリモコンに「凸凹」を追加。(モデリングリモコン「表面 - 凸凹」)
    パーツの表面を凸凹にできるようになった。
  • カラーリングリモコンの色パレットの設定で、右クリックによるRGBスライダー画面を追加。

Version 1.87
(2010/07/25)
  • モデリングリモコンに「敷石模様」を追加。(モデリングリモコン「特殊 - 敷石模様」)
    敷石を敷き詰めたような立体模様を作成できるようになった。
  • パーツの合成機能を修正。(メニュー「編集- 合成」)
  • 元のパーツを残すか削除するか選べるようにした。
  • 隠れて見えない奥のパーツを選択できるようにした(Ctrl+マウス左クリック)。

ユーザーレビュー

  • コメント

    説明文の当値線模様、発行率、とは等値線模様、発光率の誤字だと思いま…

    azupe
    azupe
    投稿数: 2件
    -

    説明文の当値線模様、発行率、とは等値線模様、発光率の誤字だと思います。ロゴ作成や画像加工が他のソフトにはない加工が出来てとにかく面白い。チュートリアルや作品サンプルもすごく参考になり、アイディア次第だなーと思いました。
    http://pokelele.web.fc2.com/labo.htm
    http://homepage2.nifty.com/pyonpyonpyopyon/Gallery/gallery.html
    ギャラリーや掲示板にも作品が載っています
    作者様には感謝、贅沢を言うとまだ、文字の円形配置機能がないので、次回のバージョンアップに期待したいです。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?