PCの起動時間、アプリの使用時間などの使用状況を自動的に記録してくれるソフト

ManicTime のアイコン

ManicTime
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac, Linux, Android
バージョン:
4.6.17(2021/06/18)

アプリの使用時間、PCの稼働時間/電源オフ時間といったPCの使用状況を自動的に記録するソフトです。
よく使っているアプリ、よく閲覧しているドキュメントなどを稼働時間順に確認可能です。
記録・集計したデータを日別にグラフィカル表示し、1週間/1か月などの特定期間での統計表示にも対応しています。

アプリの起動時間や稼働時間などに対して任意にタグ付けを行うことができ、どのような内容なのか、作業時間なのか休憩時間なのかなど、タグをつけて管理することができます。
タグ機能を利用することで、開発作業やドキュメント作成などの実質的な作業時間を集計しやすくなります。

提供元:
※ 海外製のソフトで日本語表示に対応していますが、一部日本語化されていない箇所があります。
有償版にアップグレードすると、自動タグ機能、ストップウォッチ機能、パスワード保護機能などを利用できます。

ManicTime introduction(英語)(※注:ボリュームが大きいです)

ManicTime の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Setup (.exe)」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版を利用する場合は、ページ左の「Mac client」リンク、「Linux client」リンクからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ManicTime.exe)からインストールします。

使い方

初期設定

  1. 本ソフトを起動すると「ライセンスキータイプを選択して下さい」画面が表示されます。
    「スタンダード(無料)」を選択して「了解」ボタンをクリックします。
    初回起動時 - エディションの選択
  2. 「警告 以下の機能は無効になります」画面が表示されます。
    「はい」ボタンをクリックします。
    初回起動時 - 無料版の制限について
  3. 「ありがとうございます!ライセンスは無事に更新されました。」ウインドウが表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。

使用状況を記録する

  • 本ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。
  • 最初の段階では使用状況が記録されていないのでほぼ表示されませんが、次第にコンピューター、アプリ、ドキュメントの使用状況が記録されて積み重なっていきます。
  • 画面右上の「×」ボタンをクリックしすると、タスクトレイに格納されて使用状況の記録を行います。
    タスクトレイの icon アイコンをクリックするとメイン画面が表示されます。
  • 本ソフトを終了するには、タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニュー「終了」をクリックします。

使用状況を確認する(日別)

表示する日にちを指定する
  • メイン画面を表示すると、本日のコンピュータの使用状況が表示されます。
  • 画面上部に表示されている日付が本日ではない場合は、「今日」ボタンをクリックすると本日の日付になります。
  • 同様に「今日」ボタン横の icon をクリックしてカレンダーから日付を選択したり、前後の日にちに表示を移動したりできます。

表示する内容を指定する
メイン画面上部に横軸に時間、縦軸に「タグ」、「コンピュータを使用」、「アプリケーション」、「ドキュメント」と用意されています。
最初は「アプリケーション」が選択されています。

  • 画面左下部に開始時刻順にアプリケーションのタイトル、開始時刻、終了時刻、長さ(使用時間)が表示されます。
  • 画面右下には各アプリケーションの1日合計の使用割合、使用時間が表示されます。
  • チェックボックスにチェックを入れると、そのアプリケーションが稼働していた時間が画面上部にグレーで表示されます。
  • メイン画面上部の「コンピュータを使用」をクリックすると、稼働時間(Active)を緑色、電源オフ(Power off)/待機(Away)/セッションロック(Session lock)を赤色で表示します。

フィルタ
画面下部の「フィルタ」のテキストボックスにキーワードを入力すると、そのキーワードを含むアプリケーションのみを絞り込みできます。
例えば「Google」と入力すると、「タイトル」に「Google」を含むアプリケーションのみが表示されます。

タグを追加する
タグを追加・設定することで、作業内容ごとの表示が可能になります。
例えば Maxthon というアプリケーションにタグを追加する場合は、次のように行います。
  1. 画面右下の Maxthon を意味する「MX5」にチェックを入れます。
  2. 画面右上部に Maxhon の稼働時間がグレーで表示されます。
  3. 画面上部の「タグを追加」ボタンが緑色になるので、このボタンをクリックします。
  4. 「タグの追加」画面が表示されます。
    「タグ」のテキストボックスに追加したいタグ名称を入力します。
    ここでは「ソフト検証」と入力し、「ノート」に「Maxthon」と入力して「了解」ボタンをクリックします。
    ※ 「ノート」の入力は必須ではありません。空欄でもOKです。
    ※ タグをいくつか登録すると、再利用しやすいように画面右に既存のタグが表示されるようになり、クリックして素早く追加できます。
  5. タグを追加すると、画面上部の「タグ」の項目欄にも表示されるようになり、タグ登録した使用状況を確認できるようになります。
    アプリケーションごとではなく、個別に登録できるので、複数のアプリケーションにわたって同じタグを登録したり、アプリケーションの個別の使用時間のみをタグ登録することで、実際の作業時間がどのくらいなのかを確認することが可能です。

使用状況を確認する(統計)

メイン画面上部の「統計」をクリックすると、指定した範囲の使用状況の統計が表示されるようになります。
※ 初期表示では1週間が設定されていますが、変更可能です。


統計表示について
  • エクスポート横のボタンから、CSV保存、クリップボードにコピーが可能です。
  • チャートタイプ横のボタンから、折れ線グラフ/棒グラフの切り替えが可能です。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 4.6.17 (2021/06/18)
  • 高度な検索の最適化
  • Edge 92 のサポート
  • Quickbooks オンラインプラグインを追加しました

Version 4.6.16 (2021/05/24)
  • バグ修正:長時間実行中の操作中に高度な検索でUIがブロックされた
  • バグ修正:タイムシート、Quickbooks、.iif形式で時間がHH:mmでエクスポートされるようになりました

Version 4.6.15 (2021/04/23)
  • ボリュームコントロールを使用した設定、トラッキング、アウェイタイムトラッキングで、すべてのデバイスとマイクのアクティビティをチェックするようになりました。
  • Jira および Office 365 プラグインのバグ修正

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 3

    Windows 自体でも、MuiCache , Compatibi…

    AmiAmi
    AmiAmi
    投稿数: 9件
    Windows 10

    Windows 自体でも、MuiCache , Compatibility , Assistant といったレジストリ項目や Windows Prefetch フォルダーなどの記録をたどれば ある程度の情報はわかりますが、やっぱり監視ソフトを常駐させないとアブリの起動時刻/表示継続時間などの時系列のアクションがたどれないのでこういったソフトは私用PCでも必要だと思います。

    ただ常駐させるものなので、統計とかあまり必要ない個人利用の場合は、このソフトみたいにリソースを喰うのはちょっと違うと思います。作りはリッチではありませんが、国産フリーで省メモリの「ActiveWindowLogger」を使う事にしました。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい