特に流行りのウイルス、マルウェアをスキャンできる非常駐型のソフト

McAfee Stinger のアイコン

McAfee Stinger
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
12.1.0.3116(2019/04/16)

特に最近勢いのあるウイルスやマルウェアなどの脅威をスキャン・駆除できる、非常駐型のウイルス対策ソフトです。
インストール不要で、他のウイルス対策ソフトと併用でき、ウイルス感染したPCでスキャン・駆除を実施できます。
スキャンエンジンには、プロセスのスキャン、デジタル署名入り定義ファイル、スキャンパフォーマンスの最適化などの次世代スキャンエンジン技術を採用しています。

提供元:

McAfee Stinger の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download Stinger」リンクをクリックします。
  2. 「McAfee ソフトウェア ロイヤリティフリー ライセンス」ページが表示されます。
    ページ下の「今すぐダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードした Stinger32.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

スキャンする

  1. 本ソフトを起動すると、「McAfee End User License Agreement(マカフィーエンドユーザー使用許諾契約)」画面が表示されます。
    「I Accept」ボタンをクリックします。
    McAfee エンドユーザー使用許諾契約
  2. スキャン画面が表示されます。
    「Scan」ボタンをクリックすると Windows のシステムフォルダーなどのクリティカルな場所に対してスキャンを行います。
    Scan(スキャン)

    ※ 「Customize my scan」をクリックすると、ドライブやフォルダーを指定したスキャンが可能です。
    カスタムスキャン
  3. スキャンが終わると結果画面が表示されます。
    「Done」ボタンをクリックすると終了します。
    スキャン結果

    ※ 「View Log」ボタンをクリックすると、ブラウザーでレポートを表示します。

スキャン設定

Stinger ウィンドウの右上に表示されている「Advanced」をクリックし、「Settings」をクリックすると、「Settings」画面が表示されます。
Settings(設定)

  • Scan Targets(スキャン対象)
    • Processes(プロセス)
    • Registry(レジストリ)
    • Boot Sectors(ブートセクタ)
    • Rootkits(ルートキット)
  • Scan Options(スキャンオプション)
    • Scan subdirectories(サブディレクトリをスキャン)
    • Scan inside archives(圧縮ファイルをスキャン)
    • Report appications(アプリケーションレポート)
  • On threat detection(脅威検出時)
    ウイルスやマルウェア検出時の動作を選択します。
    • Repair(駆除)
    • Report(レポートのみ)
    • Rename(リネーム)
    • Remove(移動)
  • GTI Settings - Sensitivity(GTI設定 - 感度)
    • Disabled(無効)
    • Very Low(非常に低い)
    • Low(低い)
    • Medium(中)
    • High(高)
    • Very High(非常に高い)
設定を変更したら「Save」ボタンをクリックして保存します。

スキャン対象の脅威

スキャン対象の脅威(ウイルスやマルウェアなど)は、「Advanced」⇒「Threat List」より確認できます。
Threat List(脅威リスト)

ユーザーレビュー

  • 2

    1-Provides validation trust pr…

    まけふいー
    まけふいー
    投稿数: 1件
    Windows

    1-Provides validation trust protection services
    というサービスが動くようになりました
    サービスを停止しようとしてもボタンが押せないようになっています
    このようにすること自体よくない気がします

    system32にあるmfevtps.exeファイルを削除しようとしても拒否される
    強制削除しました
    mfevtps.exeを名乗るマルウェアもあるようで、ちょっとビビりました

    windowsーsystem32ーdriversに
    mfehidk.sys
    mferkdet.sys
    というのも作られています

    2-HDDのせいかFULLではない初期設定のスキャンで1時間かかりました
    最近の脅威を調べるだけでこれだけ時間がかかると、他のソフトのがいいと思いました

    インストール不要 非常駐でも安心してはいけないと学びました

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 2

    インストール不要ということだったが、使った後「mfevtps…

    NaNaTaBa
    NaNaTaBa
    投稿数: 166件
    Windows 8/8.1

    インストール不要ということだったが、使った後「mfevtps.exe」というファイルが自動で起動されるようになった。サービスから自動起動を止めることもできず(無効にしようとしても受け付けない)、仕方なく直接ファイルを削除したうえで関係するレジストリをすべて削除した。非常駐のソフトとして特段何か優れているわけではないのにこのようによくわからないプログラムを強制起動されるのは正直あんまり気持ち良くない。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 3

    提供元サイトからVer.12.1.0.1514をDLして、更…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 835件
    Windows 7

    提供元サイトからVer.12.1.0.1514をDLして、更新しました。
    初期値状態でスキャンすると、約1万ファイルが9分で終了して脅威の検出ゼロ。
    旧バージョンよりスキャン対象のファイル数が大幅に減少していると思われます。
    本ソフト導入当初にトロイの木馬を検出しましたが、その後の成績は奮いません。
    私の感触では、AdwcleanerとかMalwarebytesの方が検出力が高いようですね。
    更に、AVGと360を常駐させていますが、360の方が色々と反応して信頼できます。
    AVGは、PC高速化には役立ちましたが、脅威の検出力はAviraの方が優秀でした。
    話題が脱線しましたが、結論として本ソフトの継続使用は断念することとしました。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

McAfee Stinger に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 7 件)