PDFの閲覧制限、コピー禁止、印刷禁止などの制限をかけたり、逆にパスワード設定による制限されたPDFを解除したりできるソフト

PDF Password Locker & Remover のアイコン

PDF Password Locker & Remover
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
3.3.1.0(2018/04/16)

PDFのロック・アンロックソフトです。
PDFに対してパスワードを設定して閲覧を限定したり、編集やコピーを禁止したりするなどの制限を行う「PDFパスワード保護」、PDFに既に設定されているユーザーパスワード、マスターパスワードを解除する「PDFパスワード除去」の2つのモデルを利用してPDFのパスワード保護設定&解除を行えます。
「PDFパスワード保護」は配布する際に特定の人にしか閲覧してほしくない、印刷しないで欲しいなどの場合に利用でき、「PDFパスワード除去」は、セミナーや取引先などから入手したPDFを閲覧する際にいちいちパスワードを入力する手間を省くために活用できます。

提供元:

PDF Password Locker & Remover の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Download PDF Password Locker_Remover」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(PDF-Password-Locker-Remover-3.3.1.exe)からインストールします。

使い方

パスワード保護する

  1. 本ソフトを起動すると、「PDF Password Protect」モデル画面が表示されます。
  2. 「Add PDF」ボタンをクリックして、制限をかけたいPDFを選択します。
  3. 閲覧を制限する
    「Set User Password(ユーザーパスワードを設定する)」にチェックを入れ、パスワードを入力します。

    ドキュメントの操作を制限する
    「Set Owner Password(マスターパスワードを設定する)」にチェックを入れ、パスワードを入力します。
    また、各項目の許可/拒否を設定できます。
    ※ チェックを入れると許可します。
    • Allow document content copying
      コンテンツのコピーを許可する
    • Allow Comment and annotaitions
      コメントと注釈を許可する
    • Allow text and graphics extraction
      テキストとグラフィックの抽出を許可する
    • Allow document content modification
      コンテンツの変更を許可する
    • Allow Printing
      印刷を許可する
    • Allow HD printing
      HD印刷を許可する
    • Allow Screen Readers
      スクリーンリーダーを許可する
    • Allow filling forms
      フォームの入力を許可する

    すべて禁止にしたい場合は「All Permission Disallowed(すべての権限が許可しない)」にチェックを入れます。

    設定が終わったら「Start」ボタンをクリックします。
  4. 「Process finished」ウィンドウが表示され、「Path」に指定された場所にPDFが保存されます。
    ※ 保存先に既に同じファイル名がある場合は「Saving failed. File exists」ウィンドウが表示されて失敗します。

パスワード制限を解除する

  1. 画面右上の「PDF Password Protect」プルダウンをクリックして「PDF Password Remover」を選択すると、「PDF Password Remover」モデル画面が表示されます。
  2. 画面左の「Click to Add Your File」をクリックしてパスワード保護を解除したいPDFを選択します。
  3. PDFファイルが読み込まれると、画面左にプレビューが表示されます。
    ※ 閲覧制限がかかっている場合はプレビュー表示されません。

    閲覧制限を解除する場合は「User Password」、コピー禁止・印刷禁止などの制限を解除する場合は「Owner Password」を入力して「Remove」ボタンをクリックします。
  4. 「Process finished」ウィンドウが表示され、「Path」に指定された場所にPDFが保存されます。
    ※ 保存先に既に同じファイル名がある場合は「Saving failed. File exists」ウィンドウが表示されて失敗します。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?