多目的に利用できるクロスプラットフォーム対応のデスクトップ電卓ソフト

Qalculate! のアイコン

Qalculate!

  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows 7 以降, macOS, Linux
バージョン:
5.0(2024/03/11)
価格:
無料

数式処理、単位変換、グラフ描画、関数プロットおよび解析機能を持つオープンソースの電卓ソフトです。
数学、物理学、工学、財務、プログラミングなど、さまざまな分野で使用できるよう設計されており、数値計算、方程式の解法、微積分、統計解析、行列計算、グラフ描画などを行うことが可能です。
また、数値を自動的に他の単位に変換したり、数式をグラフにプロットしたり、データを CSV ファイルにエクスポートしたりすることもできます。

提供元:

Qalculate! の使い方

ダウンロード

  1. GitHubへアクセスし、「qalculate-5.0.0-x64.msi」リンク、または「qalculate-5.0.0-i386.msi」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「qalculate-5.0.0-x64.zip」リンク、または「qalculate-5.0.0-i386.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合は、提供元サイトのダウンロードページへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(qalculate-5.0.0-x64.msi または qalculate-5.0.0-i386.msi)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

スタートメニューまたはデスクトップの「Qalculate! (classic)」から起動します。
画面上部にキーボードから直接入力するか、画面下部のキーパッドをクリックして入力します。
入力が終わったら Enter キーを押すか、画面右下の「=」をクリックすると、画面中央に計算結果が表示されます。
掛け算の計算

掛け算の計算


計算式が正しいかどうかも判定可能です。
※ 正しいと true 表示、間違っていると false 表示。
式が正しいかどうか判定

式が正しいかどうか判定



数学ライブラリ


計算と解析
  • 基本的な操作と演算子
    + - * / mod ^ E () && || !< > >= <= != ~ & | << >> xor
  • 文字列のフォールト トレラントな解析
    log 5 / 2 .5 (3) + (2( 3 +5) = ln(5) / (2.5 * 3) + 2 * (3 + 5)
  • 式は、数値、関数、単位、変数、ベクトルと行列、日付の任意の組み合わせが可能
  • 複素数・無限大に対応
  • 不確実性の伝搬
  • インターバル算術
  • すべての一般的な数値ベースに加え、負の値や非整数の基数、性差数、時間フォーマット、ローマ数字をサポート
  • 関数、変数、単位、未知の変数を無効にすることで、混乱を防ぐことができます。例えば、(a+b)^2が(are+barn)^2ではなく、(「a」+「b」)^2という意味にしたいときなど。
  • カスタマイズ可能な暗黙の掛け算
  • 行列とベクトル、および関連する演算(行列式など)。
  • 詳細なエラーメッセージ
  • 任意精度
  • RPN モード

結果表示
  • すべての一般的な数値ベースに加え、負の値や非整数の基数、性差数、時間フォーマット、ローマ数字に対応
  • 多くのカスタマイズオプション:精度、最大/最小小数、複素数形式、乗算記号など。
  • 正確または近似:sqrt(32) は 4 * sqrt(2) または 5.66 を返す。
  • 単純分数と混合分数 4 / 6 * 2 = 1.333... = 4/3 = 1 + 1/3
ルートの計算

ルートの計算



記号的な計算
  • 例:(x + y)^2 = x^2 + 2xy + y^2; 「りんご」4個 + 「みかん」3個
  • 因数分解と簡略化
  • 差別化と統合化
  • ほとんどの方程式と不等式を解くことができる
  • 仮定をカスタマイズすることで異なる結果が得られる(例:x を正と仮定した場合、ln(2x) = ln(2) + ln(x) )。
x を含めた計算

x を含めた計算



関数の数々
  • 何百もの柔軟な関数:三角法、指数と対数、組合せ論、幾何学、微積分、統計、金融、時間と日付など。
  • 簡単に作成、編集、標準的な XML ファイルへの保存が可能

単位
  • すべての SI 単位と接頭辞(2進数を含む)、およびインペリアルやその他の単位系をサポートします。
  • 自動変換:ft + yd + m = 2.2192 m
  • 明示的な変換:5m/s→mi/h=11.18マイル/時
  • スマートコンバージョン:5kg*m/s^2 を 5N に自動変換します。
  • 日々の為替レートを検索しての通貨換算。
  • 異なる名称形式:略称、単数形、複数形(m、meter、meters)
  • 標準的な XML ファイルを簡単に作成、編集、保存することができます。
通貨の計算

通貨の計算

単位(MegaByte)の計算

単位(MegaByte)の計算

単位(MegaByte)の計算結果

単位(MegaByte)の計算結果



変数と定数
  • 基本定数:π、e など。
  • 物理定数(単位の有無は問わない)、化学元素の性質が多い
  • CSV ファイルのインポート/エクスポート
  • 標準的な XML ファイルを簡単に作成、編集、保存することができます。
  • 柔軟性 - 単純な数、単位、または全体の式を含むことができます。
  • オブジェクトと関連するプロパティをデータベース的な構造で持つデータセット
円周率(π:パイ)の計算

円周率(π:パイ)の計算



プロット
  • Gnuplot を使用します。
  • 関数やデータ(行列やベクトル)をプロットできる
  • プロットを PNG 画像や Postscript などに保存することができる。
  • 複数のカスタマイズオプション

更新履歴

Version 5.0
(2024/03/11)
  • 潜在的なスペルミスの検出 (警告が表示されます)
  • 一連の数値に対する n...m、j:k、および j:i:k 構文のサポートを追加します。例: 1...3 = (1:3) = (1:1:3) = [1 2 3] (時間形式との競合を避けるために、コロン構文には括弧が必要になる場合があることに注意してください)
  • 解析された式の出力の改善、以前に定義されていなかった変数名のサポート、式の前の代入 (例: "a=2, b=2, a^b") など、「where」演算子の改善
  • 新しい単位: LightSecond、LightMinute、LightHour
  • 新しい関数: bitget()、bitset()、setbits()、integerDigits()、digitGet()、digitSet()、flip()、collon()、および foreach()
  • その他の丸め方法
  • 0x...p... 表記 (0x1.4p3 = 0x1.4 * 2^3 = 10) を使用した 16 進浮動小数点リテラルのサポート
  • 「小数」から「へ」への変換のサポートを追加 (小数として表示)
  • 1 (true) より大きいプロット グリッド値で線幅を指定できるようにする
  • newtonsolve() および secantsolve() でのゼロ解と初期推定の処理を改善し、解の妥当性をチェックします。
  • 複数の関数引数 (非ベクトル型) でのベクトルの処理を変更 - 行列の代わりにベクトルを返し、同じ数の要素を必要とし、各関数インスタンスのすべての引数に同じベクトル インデックスを使用します (例: atan2([1 2], [3 4]) = [atan2(1, 3) atan(2 4)]
  • テキスト、日付、およびブール引数、およびグローバル非組み込み関数の引数に対して、タイプを指定せずにハンドル ベクトル プロパティをデフォルトで設定し、テキスト引数のベクトルの解析を有効にします。
  • 単位付きの値の整数指数に「読み取り精度」設定を適用しないでください。
  • 不連続点が多いデータのプロット スタイルを線から点 (または点) に変更する
  • より多くの場合、科学表記の数値に括弧を使用します
  • lambertw(x*e^x, 0)=x if x>=-1
  • dsolve(diff(y, x) = y) などを修正
  • log(1, 1) を修正 (未定義)
  • プレフィックスへの「to」変換を修正し、「プレフィックス」変換オプションを追加しました (最適なプレフィックス用)
  • 方程式に変数が含まれていない場合の newtonsolve() および secantsolve() のセグメンテーション違反を修正
  • 複素角度、シスおよび極形式の角度単位への変換を修正しました。
  • 為替レートの修正
  • E-notation の代わりに 10^x を使用して科学表記法を表示するオプション (CLI)
  • 2 の補数入力の設定 (短い設定「twosin」および「hextwosin」) およびデフォルトのビット数 (「bits」) を追加します (CLI)
  • 変数と関数を非一時的なものにするための「keep」コマンドを追加 (CLI)
  • 単一の --set (-s) コマンド ライン引数 (CLI) を使用して、セミコロンで区切って複数のオプションを許可します。
  • 「/」が使用されていない場合でも、引数のないコマンドのエラー メッセージを表示します(適切な式でない場合)(CLI)
  • コマンドライン式でエラーが発生した場合、エラーステータスコードで終了します (CLI)
  • 二重ダッシュを使用する場合の -no... コマンド ライン オプションを修正します (例: "--nocurrency" (CLI))
  • 結果/ベースドックの 2 進数をクリックしてビットを反転します (GTK、Qt)
  • プロット ダイアログ (GTK、Qt) を使用するときにペア行列の x と y が反転する問題を修正しました。
  • 変換完了とメニューの改善/修正 (GTK、Qt)
  • 設定、定義、またはワークスペースの保存に失敗した後のエラー ダイアログに再試行ボタンとキャンセル ボタンを追加します (GTK、Qt)
  • 空の式で Enter キーを押したときに最後の結果をスタックに追加する (意図せずに無効になった) (GTK、Qt)
  • プログラミング キーパッド (GTK) での 2 進数および 16 進数のデフォルトのビット数の選択
  • ビット数が 16 より大きい場合は常に結果にバイナリの位置番号を表示し、外観を改善します (GTK)
  • ハンドル ベクター関数の引数プロパティの保存を修正 (Qt)
  • 既存のユニット(QT)の編集後の複数の名前の保存を修正
  • デフォルト以外のワークスペースが現在開いており、一般設定ファイルが存在しない場合の設定の保存を修正しました (Qt)
  • 軽微なバグ修正と機能強化

Version 4.9
(2023/11/27)
  • 分数を表示するための固定分母の指定のサポート (例: 「0.3 フィート ➞ 1/8 ≈ (3 + 5/8) インチ」)
  • 非整数の有理数を使用する gcd() の分子の gcd を分母の lcm で割った値を返します。また、lcm() の場合はその逆を返します。
  • 平均グレゴリオ年と熱帯年の単位を追加します
  • 数値内のアンダースコアを無視する
  • 廃止された為替レートのソースを置き換え、ビットコインの為替レートを修正します
  • a に角度単位が含まれており、デフォルトの角度単位が設定されている場合の、asin(x)=a、acos(x)=a、および atan(x)=a を修正しました。
  • 分母に数値乗数を入れた単位式に変換した値の出力を修正(例:「→ L/(100 km)」)
  • "(x*sqrt(x)-y*sqrt(y))/(sqrt(x)-sqrt(y))=x+sqrt(x*y)+y" を解こうとするときのセグメンテーション違反を修正しました。
  • 式内で別の Unicode 文字が続く場合、Unicode 文字で終わる大文字と小文字を区別しないオブジェクト名 (例: "микрометр") の解析を修正しました。
  • 式に乱数を生成する関数 (GTK、Qt) が含まれている場合は、結果が常に履歴に追加されます (前と同じ場合でも)。
  • 関数名 (GTK、Qt) を完成させるときは、大文字の関数名を優先します (アンダースコア付きの名前よりも)。
  • 最後の文字が演算子である場合に、入力時に計算される結果を更新する (しない) 決定を改善しました (GTK)
  • 有理数形式メニュー (GTK) にパーセントとパーミルの出力オプションを追加
  • 式履歴を循環するためのキーパッド ボタン (上/下) を修正しました (GTK)
  • プログラミング キーパッド (Qt) を閉じた後に 10 進数の基数を復元する
  • 変換メニューの外観を改善しました (Qt)
  • サイズがデフォルトから変更されていない場合でもメインウィンドウの位置を保存する (Qt)
  • カスタムの中クリック ボタン アクションを修正しました (Qt)
  • 変換完了選択後の即時計算を修正(Qt)
  • 式履歴をリストする履歴コマンドを追加 (CLI)
  • 式内の唯一の指数である場合、Unicode の上付き文字を使用して 0 ~ 9 のすべての指数を表示します (CLI)
  • 軽微なバグ修正と機能強化

Version 4.8.1
(2023/09/18)
  • 変更点
    • besselj() と bessely() を修正
    • 長方形 (デフォルト) 以外の複素数形式の行列とベクトルの表示を修正しました。
    • デシベル単位 (例: 「0dB」) と 12 進数の 0d… 構文間の競合を修正しました (現在は少なくとも 2 桁が必要です)
    • 関数plot()のタイトルオプションを修正
    • 一般的なキーパッド (Qt) にボタンとボタン メニューを追加します。
    • ツールボタンメニューにすべての関数、単位、変数を表示するオプションを追加 (Qt)
    • 最近使用したオブジェクトを関数、ユニット、変数メニューに追加する (Qt)
    • メニューの関数のダイアログをバイパスするオプションを追加 (Qt)
    • コンテキスト メニューにツール ボタンのテキストを表示するオプションを追加します (Qt)
    • 長押しまたは右クリック (矢印ボタンに加えて) を使用して関数、単位、および変数のツール ボタン メニューを開き、キーボード ショートカットを追加します (Qt)
    • キーパッド ツール ボタン メニューをコンテキスト メニューとして使用し、キーパッドのタイトル バーにキーパッド タイプを表示します (Qt)
    • 入力時に計算が無効になっている場合でも、単純な整数を入力するときにプログラミング キーパッド上の基数を自動更新します (GTK)

ユーザーレビュー

  • 5

    素で20桁を超える数値を計算表示できる計算機が少ない中

    psw
    psw
    1
    Linux

    素で20桁を超える数値を計算表示できる計算機が少ない中
    Linuxのコマンド bc よりは扱いが簡単で数式を考えずに入力できる

    試しに πの計算を 4*atan(1)で出してみたが、451桁まで瞬時に計算してくれた
    他にも、nPr/nCr のような順列組み合わせの問題はあっという間に
    通常計算機の桁数を突破してしまうので大変便利に使える

    MathematicaやMaximaよりは普通の計算機の見た目に近く
    いろいろな単位換算もできるので優秀だと思う

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?