緊急地震速報を PC で確認できる SignalNow Express の後継ソフト

SignalNow X のアイコン

SignalNow X

2.38
8件)

ダウンロード

お住まいの地域の緊急地震速報を通知してくれるソフトです。
以前まで提供されていた SignalNow Express の後継ソフトで、気象庁の高度利用者向け緊急地震速報を受信し、指定した地域の予測震度、到達猶予秒数が警報音とともに通知されます。
地震が来る数秒~数十秒ほど前にお知らせしてくれるので、災害に備えて準備しておくことができます。

対応OS:
Windows 10
バージョン:
1.4.0.0(2020/06/08)
価格:
無料
提供元:

SignalNow X の使い方

ダウンロード

  1. 窓の杜へアクセスし、「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SignalNowX_Installer_1_4_0_0.zip)を解凍し、セットアップファイル(SignalNowX_Installer_1_4_0_0.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動するとホーム画面が表示されます。
    ホーム画面では次の情報が表示されます。
    • 現在時刻
    • 起動時刻
    • 稼働時間
    • 接続状況
    • 受信回数
    • 通報回数
    ※ 「外観」に設定されている Windows プルダウンをクリックしてテーマを変更することもできます。
    SignalNow X - ホーム

    SignalNow X - ホーム

  2. 画面左のアイコンにマウスカーソルを乗せるとメニューが表示れます。
    「設定」をクリックします。
    メニュー表示

    メニュー表示

  3. 「設定」画面が表示されます。
    「県庁所在地一覧」ボタンをクリックします。
    設定

    設定

  4. 「県庁所在地の選択」画面が表示されます。
    最寄りの県庁所在地を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    県庁所在地一覧

    県庁所在地一覧

  5. これで準備完了です。
    画面右上の「最小化」ボタンまたは「閉じる」ボタンをクリックすると、タスクトレイicon アイコンが表示されるようになります。
  6. 緊急地震速報を受信すると、サウンドと通報画面でお知らせしてくれます。
    緊急地震速報の通知

    緊急地震速報の通知


その他の設定

  • ネットワーク設定
    プロキシサーバーの設定ですが、現在提供されていません。
    ネットワーク設定

    ネットワーク設定

  • 履歴
    履歴を確認できます。
    履歴

    履歴

  • 訓練
    「震源情報」内の「震源地」のプルダウンをクリックして、任意の地震を選択した後、「地震発生」ボタンをクリックすると、震度の程度と地震発生までの予想時間が表示されます。
    警報音サンプル(NHKチャイム音)、予報音サンプル(REICサイン音)のボタンをクリックして警報音、予報音を聞くこともできます。
    訓練

    訓練


更新履歴

Version 1.4.0.0
(2020/06/08)
  • 通報ウィンドウのプラグイン対応など。

Version 1.3.11.0 - Private
(2019/03/17)
  • DBファイルの配置場所の変更。
  • プラグインインターフェース変更によりリリース中止。

Version 1.3.10.2 - Private
(2019/02/05)
  • リリース用にバージョン更新。仕様の変更は無し。
  • リリース中止。

ユーザーレビュー

  • コメント

    OS 終了時に設定を保存する仕様らしく、

    暇人@京都
    暇人@京都
    1
    Windows 10

    OS 終了時に設定を保存する仕様らしく、
    Windows 10 で高速シャットダウンが導入されてからはうまく保存できなくなったようです。
    設定を変更したら一度タスクトレイアイコン右クリメニューから終了させると
    次回からは設定どおりに起動するようになります。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    【メリット】

    Jquakeを入れてる人
    Jquakeを入れてる人
    4
    Windows 10

    【メリット】
    ・初心者でも使える設計
    ・所在地情報を設定することで予測震度と予測秒数が表示可能
    ・履歴の確認ができる
    ・仮想的な訓練ができる
    【デメリット】
    ・更新することが少ない
    ・県庁所在地を入れることになるので、自宅やオフィスの場所の予測震度や予測秒数を正確に知りたい人は有償版がおすすめ
    ・地震が起きても反応しない時がある

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    express時代から使っていたが、そちらは開発終了しXとなったと…

    楽したい
    楽したい
    2
    Windows 10

    express時代から使っていたが、そちらは開発終了しXとなったとの事なので入れ替え。
    一番の問題は、明示的に終了しないと設定が保存されない事。
    以前のものも明示的に終了しないと保存されないとの事だったがちょっと不便。
    少し大きめの地震があった時でもちゃんと反応してくれていい感じ。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

SignalNow X に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)