USB メモリーのフォーマット、USB メモリー起動ディスクを作成できるソフト

Rufus のアイコン

Rufus

ダウンロード

対応OS:
Windows 7 以降
バージョン:
3.21(2022/11/28)
価格:
無料

USB メモリーから起動可能な「起動ディスク」を作成するためのライティングソフトです。
既に起動ディスク用の ISO イメージが用意してある場合は、
1.USB メモリーを接続する
2.起動ディスクイメージを選択する
3.「スタート」ボタンをクリックする
というだけの簡単操作で起動ディスクを作成可能。
その他、FreeDOS のブートディスク作成にも対応しており、USB メモリーのフォーマットもできます。

提供元:

Rufus の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Rufus 3.21」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした rufus-3.21.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

ISOイメージファイルから起動ディスクを作成する

  1. あらかじめ ESET SysRescue LiveAvira Rescue System のような ISO イメージを用意しておきます。
  2. PC に USB メモリーを接続します。
  3. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「ドライブ プロパティ」項目、「ブートの種類」右の「選択」ボタンをクリックして「ISO イメージ」を選択します。
    Rufus - メイン画面

    Rufus - メイン画面

  4. 「状態」の項目が「準備完了」になるので、「スタート」ボタンをクリックすると、ライディングを行います。
    起動ディスクの作成中

    起動ディスクの作成中


USB メモリーをフォーマットする

  1. PC に USB メモリーを接続します。
  2. 「ドライブ プロパティ」項目、「ブートの種類」のプルダウンから「非ブート用」を選択します。
  3. 「フォーマット オプション」項目、「詳細なフォーマット オプションを表示」をクリックして「クイック フォーマット」にチェックが入っていることを確認します。
    ※ 「機能拡張されたラベルとアイコン ファイルを作成」にチェックを入れておくと、Autorun.inf ファイルを作成して起動時にアイコンとボリュームラベル表示を行う設定ファイルが追加されます。
    ドライブ プロパティ、フォーマット オプションの詳細を表示

    ドライブ プロパティ、フォーマット オプションの詳細を表示

  4. 「状態」の項目が「準備完了」になるので、「スタート」ボタンをクリックするとフォーマットを行います。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 3.21 Build 1949
(2022/11/28)
  • Windows ユーザー エクスペリエンス ダイアログで任意のローカル アカウント ユーザー名のプロビジョニングを許可する
  • ISO/.wim からの Windows バージョン レポートの改善
  • UEFI:NTFS の NTFS ドライバーを v1.4 に、exFAT ドライバーを v1.9 に更新します。
  • 非標準 GRUB (Fedora 37、openSUSE Live、GeckoLinux) のリモート ダウンロードに切り替える
  • UEFI:NTFS パーティションが 4GB を超えるファイルを含む ISO の MBR モードで設定されない問題を修正しました (UwUntu)
  • 非 FAT 準拠のラベルが使用されている場合の、Arch および派生物の GRUB サポートを修正
  • 非標準の接頭辞を持つ GRUB の誤った検出を修正
  • Windows ユーザー エクスペリエンス ダイアログでタブ オーダーが機能しない問題を修正

Version 3.21 BETA
(2022/11/17)
  • Windows ユーザー エクスペリエンス ダイアログで任意のローカル アカウント ユーザー名のプロビジョニングを許可する
  • ISO/.wim からの Windows バージョン レポートの改善
  • UEFI:NTFS の NTFS ドライバーを v1.4 に、exFAT ドライバーを v1.9 に更新します。
  • 非標準 GRUB (Fedora 37、openSUSE Live、GeckoLinux) のリモート ダウンロードに切り替える
  • UEFI:NTFS パーティションが 4GB を超えるファイルを含む ISO の MBR モードで設定されない問題を修正しました (UwUntu)
  • 非 FAT 準拠のラベルが使用されている場合の、Arch および派生物の GRUB サポートを修正 (#2086)
  • 非標準の接頭辞を持つ GRUB の誤った検出を修正
  • Windows ユーザー エクスペリエンス ダイアログでタブ オーダーが機能しない問題を修正

Version 3.20 Build 1929
(2022/08/03)
  • Windows 10 に適用可能な Windows ユーザー エクスペリエンス オプションを有効にする
  • セッション間で最後に選択した Windows ユーザー エクスペリエンスを記憶する
  • ローカル アカウントの自動作成と地域オプションの複製を追加する
    (注: これは、現在のユーザーと同じ名前で、最初の再起動後にユーザーが変更するように求められる空のパスワードを持つアカウントの作成に限定されます)
  • /isolinux/ (Knoppix) への syslinux シンボリック リンクを持つ ISO の回避策を追加します。
  • 可能であれば、TPM/SB/RAM バイパスのレジストリ キーのオフライン挿入に戻す
  • これは何もしない偽のバイパスであるため、ストレージ バイパスを削除します。
  • 「UEFI ブートのみ」警告メッセージを表示する際の BIOS の互換性を改善
  • Windows To Go で Windows ユーザー エクスペリエンス ダイアログが 2 回表示される問題を修正
  • Windows ユーザー エクスペリエンス オプションが ARM64 に適用されない問題を修正
  • TPM/SB/RAM バイパスが選択されていない限り、Microsoft アカウントのバイパスが適用されない問題を修正
  • 非標準のプレフィックスを持つ GRUB2 ブートローダーの過剰な検出を修正

ユーザーレビュー

  • 3

    ・ブータブルUSB用のソフトなのにデフォルトでGPTパーティション…

    嫌な感じがする
    嫌な感じがする
    投稿数: 1件
    Windows 7

    ・ブータブルUSB用のソフトなのにデフォルトでGPTパーティション
    ・USBメモリのフォーマットがNTFS以外選択できなかった(Windows7標準の方では可能)
    ・フォーマットが強制的に行われる

    上記の理由から、基本的な部分についての知識が乏しい人が手を入れたような、一抹の気持ち悪さを感じて使用するのをやめてしまいました。
    isoをD&Dで読み込める点、シンプルで使いやすそうなUIは良かったのですが・・・。

    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】先日、Windows11のインストール条件以下の友人のPCにWin…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 439件
    Windows 11

    先日、Windows11のインストール条件以下の友人のPCにWindows11(22H2)をインストールする為に利用しました。(その他、諸々の対応も有)
    ※本人も、当機がWindows11のインストール非対応を理解しており、あくまで臨時対応との事。
    非常に、スムーズにインストールが出来ました。

    Youtube等には、レジストリを操作する方法や、.dllファイルを操作する方法などの動画がアップされていますが、個人的には、このRufasを利用する方が簡単で、トラブルが少ないのではと思います。
    Youtubeの中には、Rufasが誰がソースコードに手を入れたか分からないから危険だ、というのもありますが、RufasはGitHubで公開されているオープンソースですので、原則安全なアプリと思います。


    Windows11を非対応機にインストールする事を、推奨するコメントではありません。当然、セキュリティー的な面でもお勧めできません。
    ただ、飽くまで「非対応」であり、またMicrosoft公式のページでも、インストール時のチェックをバイパスする方法をアップしていますので、インストール自体は問題ありません。
    インストールの際は、マシントラブルが生じても当人の責任となります。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    Windows10のパソコンで使ってみました

    USBは接続方法やUSBメモリや!
    USBは接続方法やUSBメモリや!
    投稿数: 1件
    Windows 10

    Windows10のパソコンで使ってみました。Zorin OS (Linux)のLive USBを作るのに使いました。使い方は非常に簡単。しかし、うちのパソコンがUSBブートに対応していないようで、きちんとできているのかどうかは不明。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Rufus に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)