プラネタリウムのように星空を表示することができるソフト

Stellarium のアイコン

Stellarium

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, macOS 10.12 以降, Linux
バージョン:
0.21.1(2021/06/24)

惑星、星座名以外の名称は英語表記ですが、グラフィックが美しく、星の瞬きや大気のかすみ等がリアルに再現できます。
昼間の時間に見えていない星空を表示したり、月の満ち欠けや月食・日食等もシミュレートできるので、日周運動をはじめとしたあらゆる天体現象観測が行えます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

stellarium デモ動画(英語)

Stellarium の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、ページ上部の「Windows 64 ビット」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版は「OS X」ボタン、Linux 版は「Linux」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(stellarium-0.21.1-win64.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトの使い方については、次の記事を参照してください。

※ USBメモリー対応 : Stellarium Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 0.21.1 (2021/06/24)
  • macOS でファイル拡張子によって Stellarium スクリプトを処理する機能が追加されました
  • 接眼レンズモードの Oculars プラグインで比例DSOヒントを無効にすることを追加しました(GH:#1572)
  • スクリプトを使用して月食の光度を取得する機能が追加されました(GH:#747)
  • 新しいプラグインを追加しました:OnlineQueries(GH:#355、#962)
  • 地球の影の中心のマーカーを追加しました(GH:#1687)
  • 陰影と半影のラベルを表示するための回避策を追加しました(GH:#1560)
  • 惑星マップ上の誤った場所を修正する試みを追加しました(GH:#1026)
  • カーディナル間(または順序)方向とセカンダリカーディナル間方向の可視性を切り替えるツールが追加されました
  • ビューを所定の量(1秒あたりの度数)でパンするためのスクリプト可能なメソッドが追加されました
  • Angle Measure プラグインの測定の可視性の場所を切り替えるオプションを追加しました(GH:#1708)
  • カーディナル間およびセカンダリカーディナル間ポイントにアクションを追加しました
  • パルサーのサポート固有運動を追加
  • IRNSS、TDRSS、QZSSの3つの新しい衛星グループを認識するためのコードを追加しました
  • スクリプトエンジンに2つの新しいメソッドを追加しました
  • サテライトプラグインのサテライトタブにスプリッターを追加しました(GH:#1696)
  • サテライトプラグインの説明ボックスにリマインダーを追加しました(GH:#1696)
  • 「古い」望遠鏡をロードする機能が追加されました(GH:#1651)
  • 単一のアステリズム選択モードを追加しました(GH:#541、#921)
  • 検索結果テーブルに流星群コード/IDを追加しました(GH:#1663)
  • 星とDSO(スカイカルチャー)の翻訳不可能な名前(指定など)のサポートを追加しました
  • ConstellationMgr クラスに3つの新しいスクリプト可能なメソッドを追加しました
  • いくつかの新しいDSOテクスチャを追加しました
  • 星の指定の長いリストに外観上の修正を追加しました:データを数行に分割します
  • 星の固有名詞の長いリストの外観上の修正を追加しました:データを数行に分割します
  • 名前でアステリズムを分離して選択するためのスクリプト可能なメソッドを追加しました(GH:#541、#921)
  • データ処理を改善するために、拡張DSOカタログのファイル名にバージョン番号を追加しました(GH:#1433)
  • 「ポリゴンのみを描画する」および「ピクセル単位の線の太さ」オプションの値を保存およびロードするための欠落した機能を追加しました(LP:1923489)
  • 検索および選択操作用のスクリプトエンジンに下位互換性レイヤーを追加しました
  • HiDPI デバイスに線の太さの倍率を追加しました(GH:#1618)
  • 太陽系本体の新しい命名法を追加しました
  • …(省略)

Version 0.21.0 (2021/03/28)
  • 月の秤動を含む正確な惑星軸に関する作業がようやく完了しました
  • 月食のための地球の影の可視化
  • 月面のテクスチャーの改善
  • 惑星の大きさに関する最新のアルゴリズムを追加しました
  • 強化されたカレンダープラグイン
  • 「arabic」をより正確な「al-Sufi」スカイカルチャーに置き換えました
  • 惑星はスケーラブルになり、太陽のまぶしさは教訓的なアプリケーションに切り替え可能になりました

Version 0.20.4 (2020/09/27)
  • バリのバリ暦をカレンダープラグインに追加しました
  • 多角形の風景に関するメモを追加しました(技術的な制限)(GH: #1397)
  • …(省略)

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 4

    フリーとは思えないほどグラフィックが美しく、機能も充実している

    Tenryu
    Tenryu
    投稿数: 2件
    Windows 7

    フリーとは思えないほどグラフィックが美しく、機能も充実している。
    しかし、使い勝手はあまり良くない。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?