データを安全に管理できるようにする、オープンソースの暗号化仮想ドライブ作成ソフト

VeraCrypt のアイコン

VeraCrypt
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8.1/10, Mac, Linux
バージョン:
1.24-Update7(2020/08/07)

手軽に暗号化された仮想ドライブを作成できるオープンソースの仮想ドライブ作成ソフトです。
任意のファイルに仮想暗号化ドライブを作成し、マウントすると実際のドライブと同様に利用でき、アンマウントするとただのファイルに戻る仕組みです。
本ソフトでパスワード入力してマウントしない限りデータを閲覧・編集できないため、他の人には見せたくない、触られたくないデータを保存しておく用途などに便利です。
暗号化アルゴリズムは AES / Serpent / Twofish / Camellia などから選択でき、パスワード入力だけでなくパスワード変わりとなる、キーファイルの指定も可能。
本ソフトは TrueCrypt の後継ソフトで、TrueCrypt に存在していた脆弱性やセキュリティの問題を解決し、パスワード総当たり攻撃であるブルートフォースアタックにも対応したバージョンとなります。
海外製のソフトですが、標準で日本語で利用できます。

提供元:

VeraCrypt の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「VeraCrypt Setup 1.24-Update7.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「Portable version:」横の「VeraCrypt Portable 1.24-Update7.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(VeraCrypt Setup 1.24-Update7.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に「展開のみ」を選択すると、インストールせずにポータブルモードとして利用できます。
    インストールモードの選択

使い方

仮想ディスクを作成して利用する

仮想ディスクを作成する
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    「ボリュームの作成」ボタンをクリックします。
    メイン画面
  2. 「VeraCrypt ボリューム作成ウィザード」画面が表示されます。
    • 暗号化されたファイルコンテナを作成
      ファイルとして仮想化ディスクを作成します。
    • 非システムパーティション/ドライブを暗号化
      システムパーティション以外のパーティション、ドライブを暗号化します。
    • システムパーティションあるいはシステムドライブ全体を暗号化
      システムドライブ(Windows がインストールされているディスク)あるいはシステムパーティションを暗号化します。
    ここでは「暗号化された暗号化されたファイルコンテナを作成」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 「ボリュームタイプ」画面が表示されます。
    • VeraCrypt 標準ボリューム
      通常のオプションです。
    • VeraCrypt 隠しボリューム
      隠しボリュームとして作成します。
    ここでは「VeraCrypt 標準ボリューム」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「ボリュームの位置」画面が表示されます。
    「ファイルの選択」ボタンをクリックして、仮想ディスクを作るファイルを指定して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ ファイルを作りたい場所を選択し、ファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックすればOKです。
  5. 「暗号化オプション」画面が表示されます。
    暗号化アルゴリズム、ハッシュアルゴリズムを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ 暗号化アルゴリズム … AES, Serpent, Twofish, Camellia, Kuznyechik, AES(Twofish), AES(Twofis(Serpent)), Serpent(AES), Serpent(Twofish(AES)), Twofish(Serpent), Camellia(Kuznyechik), Kuznyechik(Twofish), Camellia(Serpent), Kuznyechik(AES), Kuznyechik(Serpent(Camellia))
    ※ ハッシュアルゴリズム … SHA-512, Whirlpool, SHA-256, Streebog
  6. 「ボリュームのサイズ」画面が表示されます。
    仮想ディスクのボリュームサイズを指定します。
    ここでは 300MB を指定して「次へ」ボタンをクリックします。
  7. 「ボリュームのパスワード」画面が表示されます。
    パスワード、確認入力を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ 「キーファイルを使用」にチェックを入れ、「キーファイル」ボタンをクリックしてキーファイルを指定することで、ファイルをキー代わりに設定することも可能です。
  8. 「ボリュームのフォーマット」画面が表示されます。
    ファイルシステム(NTFS / FAT / exFAT / なし)、クラスターを選択して「フォーマット」ボタンをクリックします。
    ※ 本画面でマウスを動かせば動かすほど暗号鍵の強度が上がるようです。
  9. フォーマットが終わると「VeraCrypt ボリュームの作成に成功しました。」ウィンドウが表示されます。
    「OK」ボタンをクリックします。
  10. 「ボリュームが作成されました」画面が表示されます。
    「終了」ボタンをクリックして終了します。

仮想ディスクをマウントする
仮想ディスクをマウントすることで、ドライブとして利用できるようになります。
  1. メイン画面下部の「ファイルを選択」ボタンをクリックして、先ほど作成したファイルを選択します。
  2. メイン画面上部の利用したいドライブを選択して「マウント」ボタンをクリックします。
    ここでは Eドライブを選択します。
    マウントする - ボリュームを入力する
  3. 「VeraCrypt パスワードを入力してください。」画面が表示されます。
    先ほど設定したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
    マウントする - ボリュームのパスワードを入力
  4. メイン画面のEドライブの場所にボリューム、サイズ、暗号化アルゴリズム、タイプが表示されます。
    マウント完了
  5. エクスプローラーでもEドライブが追加されていることを確認できます。

仮想ディスクをアンマウントする
仮想ディスクをアンマウントすることで、ドライブとしの利用を終了します。
メイン画面上部のアンマウントしたいドライブを選択し、画面左下の「アンマウント」ボタンをクリックするとアンマウントできます(マウントを解除できます)。

更新履歴(英語)

Version 1.24-Update7 (2020/08/07)
  • All OSes
    ・Don't allow Hidden volume to have the same password, PIM and keyfiles as Outer volume
    ・Fix random crash in 32-bit builds when using Streebog.
    ・Enable FIPS mode in JitterEntropy random generator.
    ・Update Beginner's Tutorial in documentation to use "MyVolume.hc" instead of "My Volume" for file container name in order to avoid confusion about nature of file nature.
    ・Minor code cleanup
  • Windows
    ・Fix wrong results in benchmark of encryption algorithms when RAM encryption is enabled
    ・Fix issue when RAM encryption used, AES selected and AES-NI not supported by CPU that caused the free space of newly created volumes not filled with random data even if "quick format" is not selected.
    ・Fix UI for blocking TRIM in system encryption not working in MBR boot mode.
    ・Support password drag-n-drop from external applications (e.g. KeePass) to password UI fields which is more secure than using clipboard.
    ・Implements compatibility with Windows 10 Modern Standby and Windows 8.1 Connected Standby power model. This makes detection of entring power saving mode more reliable.
    ・Avoid displaying waiting dialog when /silent specified for "VeraCrypt Format" during creating of file container using /create switch and a filesystem other than FAT.
    ・Use native Windows format program to perform formatting of volume since it is more reliable and only fallback to FormatEx function from fmifs.dll in case of issue.
    ・Don't use API for Processor Groups support if there is only 1 CPU group in the system. This can fix slowness issue observed on some PCs with AMD CPUs.
    ・Don't allow to encrypt the system drive if it is already encrypted by BitLocker.
    ・Implement detection of Hibernate and Fast Startup and disable them if RAM encryption is activated.
    ・Warn about Fast Startup if it is enabled during VeraCrypt installation/upgrade, when starting system encryption or when creating a volume, and propose to disable it.
    ・Add UI options to control the behavior of automatic bootloader fixing when System Encryption used.
    ・Don't allow a directory path to be entered for the file container to be created in Format wizard.
    ・Don't try to use fix for CVE-2019-19501 if Windows Shell has been modified or is not running since there is no reliable way to fix it in such non standard configuation.
    ・MBR bootloader: fix incorrect compressed data size passed to decompressor in boot sector.
    ・Add warning message when typed password reaches maximum length during the system encryption wizard.
    ・Fix wrong error message when UTF-8 encoding of entered password exceeds the maximum supported length.
    ・Fix crash when using portable 32-bit "VeraCrypt Format.exe" to create hidden volume on a 64-bit machine where VeraCrypt is already installed.
    ・Update libzip to latest version 1.7.3.
    ・Update translations.
  • …(省略)

  • Version 1.24-Update6 (2020/03/10)
  • Windows
    ・Fix PIM label text truncation in password dialog
    ・Fix wrong language used in installer if user selects a language other than English and then selects English before clicking OK on language selection dialog.

  • Version 1.24-Update5 (2020/03/09)
  • Windows
    ・Optimize performance for CPUs that have more than 64 logical processors (contributed by Sachin Keswani from AMD)
    ・Support specifying keyfiles (both in tokens and in filesystem) when creating file containers using command line (switches /keyfile, /tokenlib and /tokenpin supported in VeraCrypt Format)
    ・Fix leak of keyfiles path and name after VeraCrypt process exits.
    ・Add CLI switch /secureDesktop to VeraCrypt Format.
    ・Update libzip to version 1.6.1
    ・Minor UI fixes
  • ユーザーレビュー

    • 5

      個人的な動画の機密対策として最適です

      asdfaoisjdfoiads
      asdfaoisjdfoiads
      投稿数: 1件
      Windows 10

      個人的な動画の機密対策として最適です。

      pim=1にすればi7-7700kくらいの環境だと2.5インチHDDが対象でも、
      マウントやアンマウントにそれぞれ1,2秒しかかかりません。

      ディスク全体を暗号化するのは保存領域の作成に時間かかりすぎるので、
      初心者おすすめって書いてある通り、ファイルコンテナを作るほうがおすすめです。

      3人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?はい
    • 5

      いろいろなフォルダ、ファイル隠蔽ソフトを試しましたが、Everyt…

      夏が苦手
      夏が苦手
      投稿数: 3件
      Windows 10

      いろいろなフォルダ、ファイル隠蔽ソフトを試しましたが、Everythingとかで検索したりWiseCare365のファイル管理とかを使えば、中身までは見えずとも、フォルダ名、ファイル名は見えてしまうソフトばかりでした。
      いくら中身が見えなくても、「巨乳」「女子校生」なんて付いたタイトルが見られてしまうかもしれないと思うのは不安ですよね。
      かと言ってタイトル無しでは、どれが何やらわからなくなりますし。
      その点、このVeraCryptは検索しようが何しようが、中身はもちろん、フォルダ、ファイル名すら見ることができなくなります。
      フォルダ、ファイルの名前さえ隠しておきたい人には是非お勧めいたします。

      9人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?はい
    • 5

      暗号化された仮想ドライブ=ボリュームを作ることが出来、マウントする…

      gesu48
      gesu48
      投稿数: 19件
      Windows 10

      暗号化された仮想ドライブ=ボリュームを作ることが出来、マウントすると実際のドライブとして使用できるので非常に便利です。仮想ドライブは複数作ることもできますし、また不要になればアンマウント後に削除するだけです。
      仮想ドライブを作成する際は、そのボリュームサイズによっては少し時間がかかりますが、作成後はマウント、アンマウントの動作は速く簡単です。
      特に複数のフォルダやファイルを暗号化する場合は、いちい暗号化する必要がなく、マウントした仮想ドライブに格納してアンマウントするだけで済むので、処理も速く簡単です。
      アンマウントすると、元のフォルダやファイルが消えてしまうので、秘密の格納庫として使用できるという言うことです。
      拡張子は.hcですが、必ずしもそのまま使う必要がなく、またファイル名も自由につけることが出来ます。

      今のところ全く正常に動作しており、格納したファイルが壊れたこともなく、また暗号化したファイルを格納しても異常なしです。(二重に暗号化することになり、その必要もないとは思いますが。)

      11人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?はい

    VeraCrypt に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)