ファイルを暗号化する技術、SSH(Secure Shell)の機能を使用してファイル転送を行える海外製のFTPツール

WinSCP のアイコン

WinSCP
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012
バージョン:
5.19.2(2021/07/21)

SCP(Secure Copy Protocol)サービスを行なっているSSHサーバーに接続してファイル転送を行えるFPTソフトです。
SSH機能のうち、SFTP(SSH File Transfer Protocol)とSCPを使っており、ローカルやサーバーとの間でのファイル転送を安全に行うことができます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

WinSCP の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「DOWNLOAD WINSCP」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版をダウンロードする場合は、「Portable executables」項目下の「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(WinSCP-5.19.2-Setup.exe)からインストールします。

使い方

FTP接続する

  1. 本ソフトを起動すると、「WinSCP ログイン」画面が表示されます。
  2. 画面右の「セッション」内の次の項目を設定します。
    • 転送プロトコル(SFTP / SCP / FTP)
    • ホスト名
    • ポート番号
    • ユーザ名
    • パスワード(未入力でも可)
    設定が終わったら「保存」ボタンをクリックします。
  3. 「セッションの保存名」画面が表示されます。
    表示名を設定して「OK」ボタンをクリックします。
  4. 画面左に設定した接続先が追加されていることを確認できます。
    その項目をダブルクリックするか、クリックして選択した後「ログイン」ボタンをクリックすると、接続できます。

※ USBメモリー対応 : WinSCP Portable

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 5.19.2.11614 (2021/07/21)
  • 翻訳完了:フランス語。
  • ディレクトリリストに不正な形式のcdirおよびpdirエントリを返すFTPサーバーとの互換性を復元しました。 #2004
  • PuTTY 0.76 からの修正:セッションの再起動時に MIT Kerberos for Windows でクラッシュしないようにします。
  • SSH秘密鍵ツール(PuTTYgen および Pageant)が PuTTY 0.76 にアップグレードされました。 それは次の変更をもたらします:30かそこらの同時セッションの後、ページェントは動作を停止します。 #win-pageant-max-connections
  • バグ修正:空のローカルドライブを入力できませんでした。 #2000
  • バグ修正:ログインダイアログを開いたときに、デフォルトのサイト設定のTLS設定が復元されない場合があります。 #2001
  • バグ修正:完了したバックグラウンド転送を削除する際のメモリリーク。
  • バグ修正:セッションロギングが有効になっているタスクスケジューラまたは同様のサービスで実行するとハングします。 #2005

Version 5.19.1.11552 (2021/06/30)
  • URLから拡張機能をインストールする場合、拡張機能をBOMで保存しないでください。
  • ファイルの削除中または相違点の検索中に接続が失われ、セッションが再接続された場合に、「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」機能を中止しない。
  • バグ修正:既存のWinSCPインスタンスでURLを処理する場合、URLホスト名にちなんで名付けられた保存済みサイトのセッション設定が使用されません。
  • バグ修正:進行状況ウィンドウのツールバーを移動することが可能でした。
  • バグ修正:ファイルから拡張機能をインストールすると、元のエンコーディングを無視して、常にBOMを使用してUTF-8に保存されます。
  • バグ修正:コマンドラインから「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」機能を開始すると、切断が検出されませんでした。
  • バグ修正:接続が失われ、再接続されなかった場合、「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」ウィンドウが閉じられませんでした。

Version 5.19.0.11512 (2021/06/17)
  • URLから拡張機能をインストールする場合、拡張機能をBOMで保存しないでください。
  • ファイルの削除中または相違点の検索中に接続が失われ、セッションが再接続された場合に、「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」機能を中止しない。
  • バグ修正:既存のWinSCPインスタンスでURLを処理する場合、URLホスト名にちなんで名付けられた保存済みサイトのセッション設定が使用されません。
  • バグ修正:進行状況ウィンドウのツールバーを移動することが可能でした。
  • バグ修正:ファイルから拡張機能をインストールすると、元のエンコーディングを無視して、常にBOMを使用してUTF-8に保存されます。
  • バグ修正:コマンドラインから「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」機能を開始すると、切断が検出されませんでした。
  • バグ修正:接続が失われ、再接続されなかった場合、「リモートディレクトリを最新の状態に保つ」ウィンドウが閉じられませんでした。

ユーザーレビュー

  • 5

    ネット上のファイルを、手動でダウンロードすること無くテキストエディ…

    野苺ロビン
    野苺ロビン
    投稿数: 19件
    Windows 10

    ネット上のファイルを、手動でダウンロードすること無くテキストエディターで編集保存できるので便利です。
    通信が途切れた後の再接続なども地味に便利です。PuTTYの扱いが今一つって感じがしますが・・・

    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    最悪

    animal
    animal
    投稿数: 1件
    Windows 8/8.1

    最悪。すぐに切断される。
    他のソフトはそんなことないのに。
    バージョン和了るたびにひどくなる感じ。

    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    わたしは使っているホームページスペースのセキュリティが変わり、これ…

    さかっぺ
    さかっぺ
    投稿数: 79件
    Windows Vista

    わたしは使っているホームページスペースのセキュリティが変わり、これにしたのですが、
    とても使いやすいです。日本語化は面倒ですが、とても使いやすく、シンプルでよいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?