シンプルな2ペイン型FTPクライアント

Classic FTP のアイコン

Classic FTP

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1, Mac OS X 10.3以降

ドラッグ&ドロップでファイルのアップロード、ダウンロードができます。
フィルターによる必要ファイルのみの表示、同期機能によるローカルとサーバーデータの同期などが行えます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 個人利用かつ家庭内利用に限り、無料で利用できます。
※ 「無料版のダウンロードはこちらから。」リンク以外のダウンロードリンクは有料版の体験版となります。

Classic FTP の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「無料版のダウンロードはこちらから。」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ それ以外のダウンロードリンクは有料版の体験版となります。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(cftpsetup.exe)からインストールします。
    ※ インストール時に「関連プログラム」画面が表示されます。チェックボックスにチェックを入れることで、同社提供のソフトを同時インストールできます。

使い方

ソフトを起動すると、「新規サイトを追加する」画面が表示されます。
FTP情報をセットアップできます。
後で設定する場合は「キャンセル」ボタンをクリックします。
新規サイトを追加する - FTPサイトのプロパティー


サイト情報を追加する

次の方いずれかの法にて、FTP接続するサイト情報を登録します。
  • メニューバーから「ファイル」⇒「セットアップウィザードを実行する…」とクリック
  • ツールバーから「サイト…」横の「▼」をクリックし、「新規サイト」をクリック
  • ツールバーから「接続…」横の「▼」をクリックし、「新規サイト」をクリック

サイト名(任意の名前)、ホストのURL、ユーザー名、パスワード(任意)を入力し、FTPの種類(標準FTP / 明示的SSL/TSL / 暗黙のSSL/TSL)を選択して「OK」ボタンをクリックします。
入力したサイトへFTP接続をテストし、サイト情報が登録されます。

サイト管理

登録したサイト情報を管理します。
  1. メニューバーから「ファイル」⇒「サイト…」とクリックするか、ツールバーの「サイト…」アイコンをクリックします。
  2. 「サイト管理」画面が表示され、登録しているFTP接続情報が一覧で表示されます。
    「サイトを追加する…」ボタンをクリックして新規サイトの追加、「サイトのプロパティー」ボタンをクリックして登録サイトの編集ができます。
    セットアップウィザードを使わないので、FTP接続情報を素早く登録できます。
  3. サイトを選択して「接続」ボタンをクリックすると、FTP接続を行います。

FTP接続

接続すると、左ペインにローカルディレクトリ、右ペインにリモートディレクトリが表示され、上部にアドレスバー、下部にファイル/フォルダー一覧が表示されます。

フィルター
フィルターを利用することで、必要ファイル以外を非表示にできます。
例えば、フィルターのテキストボックスに html と入力して「フィルター」ボタンをクリックすると、HTMLを含むファイル以外がすべて非表示とすることができます。

ファイルのダウンロード・アップロード
ファイルのドラッグ&ドロップ、または Upload ボタンをクリックしてアップロード、Download ボタンをクリックしてダウンロード、同期 ボタンをクリックして、ローカルとリモートのファイル/フォルダーの同期を実行できます。

ユーザーレビュー

  • コメント

    Mac Catalinaにアップグレードしたら、ClassicFT…

    usan11
    usan11
    投稿数: 1件
    Mac

    Mac Catalinaにアップグレードしたら、ClassicFTPが起動しなくなりました。
    有償版を使用していたのに、残念です。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい