オープンソースで開発されている高機能マインドマップ作成ソフト

XMind のアイコン

XMind

  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入

対応OS:
Windows 10 以降 (64bit), macOS 10.13 以降, Linux, iOS, Android
バージョン:
24.04.10311(2024/05/24)
価格:
¥9,898

豊富な機能を備えたマインドマップ作成ソフトです。
マップ、魚骨図(フィッシュボーン)、組織図、ツリー、ロジック図などをベースにマインドマップを作成できます。
トピック、サブトピックに対して、マーカー、ステッカー、画像、メモ、音声メモ、ラベル、リンクなどを追加してわかりやすくポップなマインドマップの作成が可能。
アウトライナー表示にすると箇条書き表示になるので、内容を違った形で把握しやすくなります。
作成したマインドマップは Word/Excel/PowerPoint、PDF、画像ファイル(PNG/SVG)などの形式へエクスポートできます。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはシェアウェアですが、無料で試用できます。体験版では画像を挿入できない、ブランチのみの表示ができない、PDFや画像ファイルへのエクスポートの背景にウォーターマーク(透かし)が追加される、などの制限があります。

XMind の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Windows (64-bit)」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac版、Linux 版をダウンロードする場合はそれぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ 本ソフト起動時に「サインイン」画面が表示されますが、「スキップ」をクリックしてサインインしないことも可能です。
    XMind - サインイン

    XMind - サインイン

使い方

マインドマップを作成する

本ソフトを起動すると「最近使用した項目」画面が表示されます。

最近使用した項目
「新規」をクリックしてマインドマップを新規作成したり、最近作成したマインドマップを再編集したりできます。
最近使用した項目

最近使用した項目



テンプレート
次のようなテンプレートを利用可能です。
  • 家系図
  • 旅行プラン
  • クラススケジュール
  • 講座シラバス
  • ToDo リスト
  • 事業計画
  • 式調達計画
  • プロジェクト管理
  • 原因・結果分析
  • 会議議事録
テンプレートから選択

テンプレートから選択



ライブラリ
様々にデフォルメされたテンプレートを利用可能です。
ライブラリから選択

ライブラリから選択



基本操作
ここでは「最近使用した項目」から「新規」をクリックしたものとして進めていきます。
最初にマインドマップが開きます。
マインドマップの新規作成

マインドマップの新規作成


次の操作で編集可能です。
  • トピックをクリックして選択し、Enter キーを押すとトピックの作成、Tab キーを押すとサブトピックを作成できます。
    サブトピックの追加

    サブトピックの追加

  • 何もない背景をダブルクリックしてフリートピックを作成し、ドラッグ&ドロップで任意の場所に配置できます。
  • トピックを選択した後、画面上部の「挿入」から、メモ、ラベル、リンク、マーカー、ステッカーなどを追加できます。
    リンクの挿入

    リンクの挿入

    マーカー、ステッカーの挿入

    マーカー、ステッカーの挿入

  • Ctrl + マウスホイールのスクロールで表示の拡大・縮小が可能です。
    ※ または画面左上の メニュー をクリックして表示されるメニューの「表示」から 拡大表示 / 縮小表示 / 実際サイズ / フィットマップ から表示の拡大・縮小が可能です。
  • 画面左上の メニュー をクリックして表示されるメニューから「ファイル」⇒「エクスポート」とクリックして次の形式の保存が可能です。
    • PNG
    • SVG
    • PDF
    • Markdown
    • Word
    • Excel
    • PowerPoint
    • OPML
    • TextBundle
    ※ 体験版の場合は背景にウォーターマーク(透かし)が追加されます。
    PNG形式でエクスポート

    PNG形式でエクスポート


トピックを箇条書き表示にする
画面左上の メニュー をクリックして表示されるメニューから「表示」⇒「アウトライナー」とクリックすると、箇条書き表示になります。
※ 元の表示に戻すには、画面左上の メニュー から「表示」⇒「マインドマップ」とクリックします。
アウトライナー表示

アウトライナー表示



更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 24.04.10311
(2024/05/24)
  • メイン ブランチによる分割モードでの PNG へのエクスポートのエクスペリエンスが向上しました。
  • いくつかのインターフェースのデザインと文言を最適化しました。
  • マップを保存するときに発生する可能性のあるエラーを修正しました。
  • アウトライナー モードでの改行に関する問題を修正しました。
  • ラベルの削除オプションが機能しない問題を修正しました。
  • 数式の編集中にスペースを入力すると発生する可能性のあるエラーを修正しました。
  • その他の既知の問題もいくつか修正しました。

Version 24.04.10291
(2024/04/29)
  • 重要なアップデート
    • グリッド: 革新的で柔軟なレイアウトと垂直方向のマインド マッピングのための多用途の構造。
  • 改善点
    • JPEG へのエクスポートのサポートが追加されました。
    • 複数の要素を選択するための簡単なメソッドを追加しました。
    • サインインのエクスペリエンスを最適化しました。
    • イラストリストのインタラクティブなエクスペリエンスを最適化しました。
    • トピック リンクに間違ったターゲット マップ名が表示される問題を修正しました。
    • その他の既知の問題をいくつか修正しました。

Version 24.01.14362
(2024/03/25)
  • リッチ テキスト コンテンツのコピー/ペーストのエクスペリエンスを最適化しました。
  • アプリ内サブスクリプションに関連するエクスペリエンスを最適化しました。
  • アウトライナー印刷のエクスペリエンスを最適化しました。
  • その他の既知の問題をいくつか修正しました。

ユーザーレビュー

  • 5

    素晴らしすぎる

    wrx
    wrx
    1
    Windows 10

    素晴らしすぎる。
    作った後もタイプを変えられたり、自由に背景の色、線、オブジェクトの
    色・太さ、線のタイプ(直線・曲線、ジグザグ、他)などをCTRLで選択してから
    変更することにより一括で変更可能。
    ハイパーリンクもURL、フォルダパス区別なく入れられる。
    オブジェクトの挿入はEnterかTabで行える。
    Excelと同様に一つのマインドマップファイルの中に複数のシートを入れることができる。
    文句なし。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    これまでのマインドマップの中では

    バグが多い
    バグが多い
    1
    Windows 7

    これまでのマインドマップの中では
    機能だけで言えば優秀で揃っている
    特に添付関連は他にそうそうない性能。

    但し、
    では本格的に使用できるのか?といえば
    同ファイルの継続使用の数日で速攻で重くなり、
    次にバグの嵐で巻き戻され何も作成できなくなる

    最初にちょこっとだけ利用できるアプリ

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    使いやすかった

    TRAN
    TRAN
    2
    Windows 7

    使いやすかった。 特にブレインストーミングモードがいい。
    サポートに問い合わせたら、1ライセンスで2台までインストールしていいらしい。

    10人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

XMind に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)