ファイルを一定サイズで分割する分割書庫(マルチボリューム)によって、サイズの大きいファイルでも高スピード、高圧縮率で圧縮が可能なソフト

WinRAR のアイコン

WinRAR

  • 海外
  • 日本語✕
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
6.11(2022/03/14)
価格:
4,466円

LZH より圧縮率が高く、ZIP より圧縮スピードが高いといわれる RAR の圧縮形式に対応しています。
自己解凍書庫の作成ができるほか、信頼証明情報(署名)を付加できる「書庫の署名」、書庫の不用意な更新を防止する「書庫のロック」、破損したファイルを復元できる「リカバリボリューム」、ファイル名・サイズ・属性・コメントなども暗号化できる「暗号化」などの様々な機能を備えています。

提供元:
● 圧縮形式 : rar, zip
● 解凍形式 : rar, zip, 7z, ace, arj, bz2, cab, gzip, iso, jar, lzh, tar, uue, xz, z
※ 本ソフトはシェアウェアですが、40日間無料で試用できます。

WinRAR の使い方

ダウンロード

  1. WinRAR 公式ストアへアクセスし、32bit OS の場合は「WinRAR 6.11 32 ビット OS 用 体験版 ダウンロード」リンク、64bit OS の場合は「WinRAR 6.11 64 ビット OS 用 体験版 ダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(wrar611jp.exe または winrar-x64-611jp.exe)からインストールします。

使い方

圧縮する

本ソフトを起動し、圧縮したいファイル/フォルダーを選択して、ツールバーの「圧縮」をクリックするか、圧縮したいファイル/フォルダーを右クリックし、「書庫に圧縮」をクリックします。
「書庫名とパラメータ」画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックすると圧縮ファイルを作成します。
圧縮時に下記の内容を設定できます。
  • 全般
    書庫名(圧縮ファイル名)、書庫形式(RAR / ZIP)、圧縮方法、ファイル分割、圧縮後の元ファイル削除、自己解凍書庫作成、リカバリレコードの付加など
    圧縮時オプション - 全般

    圧縮時オプション - 全般

  • 高度
    NTFS オプション、圧縮完了後にPC終了、パスワード付きの設定など
    圧縮時オプション - 高度

    圧縮時オプション - 高度

  • オプション
    圧縮後の元ファイル削除設定時に、ファイルの削除、ごみ箱へ移動、ワイプ消去を選択できる
    圧縮時オプション - オプション

    圧縮時オプション - オプション

  • ファイル
    圧縮対象ファイル、除外ファイル、ファイルパス、メール送信など
    圧縮時オプション - ファイル

    圧縮時オプション - ファイル

  • バックアップ
    圧縮前に圧縮先のディスク内容を消去、アーカイブ属性のファイルのみ圧縮、圧縮後にアーカイブ属性をクリア、共有ファイルを開く、マスクから書庫名を生成、ファイルの以前の版を残す
    圧縮時オプション - バックアップ

    圧縮時オプション - バックアップ

  • タイムスタンプ
    格納するタイムスタンプ、書庫に含めるファイル、書庫のタイムスタンプ
    圧縮時オプション - タイムスタンプ

    圧縮時オプション - タイムスタンプ

  • コメント
    コメントの付加
    圧縮時オプション - コメント

    圧縮時オプション - コメント


解凍する

  1. 本ソフトを起動し、解凍したいファイル/フォルダーを選択して、ツールバーの「フォルダに解凍」をクリックするか、解凍したいファイルを右クリックし、「解凍」をクリックします。
  2. 「解凍先のパスとオプション」画面が表示されます。
    解凍先パス、上書きについて、タイムスタンプ、属性、書庫の削除などについて設定できます。
    「OK」ボタンをクリックすると解凍できます。
    パスワード付きの圧縮

    パスワード付きの圧縮


更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 6.11
(2022/03/14)
  • 大きなアーカイブコメントを含む Gz アーカイブのサポートが追加されました。
    以前は、コメントサイズが 16 KB を超えると、抽出コマンドでgzアーカイブを解凍できませんでした。
  • gz アーカイブのアーカイブコメントはコメントウィンドウに表示され、[情報を表示]コマンドで認識されます。大きなコメントは部分的に表示されます。
    以前のバージョンでは Gzip コメントが表示されませんでした。
  • 予約済みのデバイス名の後にaux.txtなどのファイル拡張子が続く場合は、[互換性のない可能性のある名前を許可する]オプションまたは -oni コマンドラインスイッチがなくても、Windows 11 の場合と同じように抽出されます。
    以前の Windows バージョンとは異なり、Windows 11 はそのような名前を通常のファイルとして扱います。
    aux などの拡張子のないデバイス名でも、Windows のバージョンに関係なく、これらのオプションをそのまま解凍する必要があります。
  • Switch -mes を使用して、パスワードプロンプトを抑制し、暗号化されたソリッドアーカイブにファイルを追加するときに中止することもできます。
  • 安全でないリンクの抽出を防ぐための追加の対策が実装されています。
  • 修正されたバグ:
    ・コンソール RAR で暗号化されたアーカイブを解凍するときに127文字を超えるパスワードが入力された場合、127文字以降のテキストは、後で発行されるさまざまなプロンプトによってユーザーの入力として誤って認識される可能性があります。
    ・ZIP アーカイブからファイルを抽出するときに、誤ったアーカイブファイルの時刻が上書きプロンプトに表示されることがありました。そのようなアーカイブに拡張ファイル時間が含まれていて、別のタイムゾーンで作成された場合に発生しました。抽出時に適切に設定された実際のファイル時間には影響しませんでした。

Version 6.10
(2022/02/07)
  • WinRAR は、Zstandard アルゴリズムを利用して .zst および .zipx アーカイブのコンテンツを解凍できます。
  • Windows 11 エクスプローラーのコンテキストメニューのサポートが追加されました。
    Windows 11 以降、アプリケーションはエクスプローラーのコンテキストメニューに1つのトップレベルコマンドまたはサブメニューのみを追加できます。
    [統合設定]ダイアログの[カスケードコンテキストメニュー]がオンになっている場合、この単一の項目は、必要なすべての WinRAR コマンドを格納するサブメニューです。
    このオプションがオフの場合、アーカイブ用の1つの抽出コマンドと通常のファイル用の1つのアーカイブコマンドのみが使用可能です。
    これらのコマンドは、「統合設定」ダイアログの「コンテキストメニュー項目...」ボタンで選択できます。
  • 「設定/統合」ダイアログの「レガシーコンテキストメニュー」オプションは、「その他のオプションを表示」Windows レガシーコンテキストメニューまたはサードパーティのファイルマネージャのコンテキストメニューに WinRAR コマンドがない場合に Windows 11 で使用できます。 WinRAR コマンドがすでにここに存在する場合は、それらが重複しないように、[レガシーコンテキストメニュー]オプションをオフのままにしておきます。
    このオプションは、Windows 10 以前では使用できません。
  • Windows XP はサポートされなくなりました。 最低限必要なオペレーティングシステムのバージョンは Windows Vista です。
  • アーカイブダイアログの「詳細」ページの「完了」リストに「閉じる」項目が追加されました。 アーカイブが完了すると、WinRAR ウィンドウが閉じます。
  • 抽出ダイアログの「オプション」ページに「完了したら」リストが追加されました。 コンピュータの電源を切る、抽出の完了後に WinRAR を閉じるなどのアクションを選択できます。
  • Switch -si は、次のような stdin からアーカイブデータを読み取るために抽出またはテストするときに使用できます。
    docs.rar と入力します | rar x -si -o+ -pmypwd dummy docs\
    このスイッチではアーカイブ名は無視されますが、コマンドラインで任意のダミーアーカイブ名を指定する必要があります。
    このモードでは、後方シークを必要とする操作は使用できません。
    これには、アーカイブコメントの表示、リカバリレコードのテスト、クイックオープン情報の利用、マルチボリュームアーカイブの処理が含まれます。
    ユーザーの操作を必要とするプロンプトは許可されていません。
    -o[+|-|r]、-p<pwd>、または -mes スイッチを使用して、このようなプロンプトを抑制します。
  • 新しい -ep4 <path> スイッチは、アーカイブ名の先頭にこのパスが見つかった場合、アーカイブまたは抽出時にパスプレフィックスを除外します。
    パスは、ドライブ文字や先頭のパス区切り文字なしで、アーカイブに保存するためにすでに準備されている名前と比較されます。 例えば:
    rar a -ep4texts\books アーカイブ c:\texts\books\technical
    アーカイブされた名前から「text\books」を削除するため、「technical」から始まります。
  • 新しい -mes スイッチは、抽出またはテスト時に暗号化されたファイルをスキップします。 以前の -p- スイッチを置き換えます。
  • 新しい -op <path> スイッチは、「x」および「e」抽出コマンドの宛先フォルダーを設定します。<path_to_extract\> コマンドラインパラメータとは異なり、このスイッチは末尾のパス区切り文字なしでパスも受け入れます。
  • 'p'コマンドを使用してファイルを stdout に出力すると、情報メッセージがファイルデータと混ざらないように自動的に抑制されます。
  • 「マスクによるアーカイブ名の生成」オプションとスイッチ -ag は、「H」の後の最初の2つの「M」文字のみを分として扱います。 以前は、そのような文字の量は分と見なされていました。
    -agHHMM-DDMMYY のように、日付の前に時間フィールドを配置することができます。 以前のバージョンでは、この文字列のすべての「M」を分と見なしていました。
  • RAR5 リカバリレコードの最大許容サイズは、保護されたデータサイズの 1000% に増加します。RAR5 リカバリボリュームの最大数は、保護された RAR ボリュームの10倍になる可能性があります。
    以前の WinRAR バージョンでは、リカバリレコードのサイズが 99% を超える場合、リカバリレコードを使用して壊れたアーカイブを修復することはできません。
    同様に、以前のバージョンでは、リカバリボリュームの数が RAR ボリュームの数以上の場合、リカバリボリュームを使用できません。
  • …(省略)

Version 6.02
(2021/07/05)
  • ZIP SFX モジュールは、アーカイブコメントに保存されている SFX コマンドが、Authenticode デジタル署名の開始後に存在する場合、そのコメントの処理を拒否します。これは、署名の本文に ZIP アーカイブを含めることで攻撃の可能性を防ぐために行われます。
    WinRAR 6.01 では、このような不正な形式のアーカイブのコンテンツを抽出することはすでに禁止されています。
  • WinRAR は、Web通知ウィンドウ、ホームページ、およびテーマのリンクで http の代わりに https を使用します。また、Web 通知機能内に追加のチェックを実装します。これは、悪意のある Web ページがユーザーのコンピューター上で既存のファイルを実行するのを防ぐために行われます。このような攻撃は、侵入者がユーザーの DNS レコードを偽装または制御した場合にのみ可能です。この攻撃の実際の適用を制限することには、他のいくつかの要因も関係しています。
  • …(省略)

ユーザーレビュー

  • コメント

    ファイル圧縮・解凍では、非常にメジャーなアプリになります

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 428件
    -

    ファイル圧縮・解凍では、非常にメジャーなアプリになります。
    25日付で、Ver.6.20bata1が公表されています。(日本語はなし)
    https://www.rarlab.com/download.htm
    ただ、私は以前の件以来当アプリに対して信用がなく、別のアプリを導入しています。
    windows10/11ですと、対応する圧縮ファイル・解凍ファイルが少ないですが、一応標準でありますので、zipファイル程度なら右クリックから標準の圧縮/解凍で使っています。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    RAR圧縮ができるソフト

    ななみす
    ななみす
    投稿数: 13件
    Windows 10

    RAR圧縮ができるソフト。リカバリレコードと呼ばれる特別な情報を付加することで信頼性を高められます。
    7ZIPや他の圧縮形式はリカバリレコードに対応してないので、そこに価値を見出すなら。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    無料試用が可能です

    UtauHiKitsune75
    UtauHiKitsune75
    投稿数: 64件
    Windows 10

    無料試用が可能です。
    RAR圧縮など、一時利用として使う分には良いかもしれませんが、試用期間が終了すれば金を取られます。
    常用利用をするなら、オープンソースのソフトのように永年無料で利用できるソフトを使う方が賢明だと思います。
    7ZIPとかね。
    ※7ZIPのRAR対応は展開(解凍)のみ

    このレビューは参考になりましたか?

WinRAR に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 31 件)