Windows の起動時間を計測し、起動速度の評価をチェックできるソフト

BootRacer のアイコン

BootRacer

  • 海外
  • 日本語✕
  • アドサポート

ダウンロードアップグレード

※ 上位版:BootRacer Premium

対応OS:
Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/11, Windows Server 2003
バージョン:
9.10.2023.1220(2023/12/20)
価格:
無料

Windows の起動時間を計測し、★5つの評価で起動速度が速いか遅いかを計測できるソフトです。
本ソフト自体で起動速度を改善することはできませんが、おおよそどのくらいの起動速度なのかを確認することができます。
起動速度を計測した履歴の確認や、コンテストに参加して他のユーザーがどのくらいのスペックでどのくらいの起動速度なのかをチェックする機能も用意されています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 非商用利用に限り無償で利用できます。

BootRacer 9.10 のビデオガイド(英語)(※注:ボリュームが大きいです)

BootRacer の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Accept & Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ ベータ版をダウンロードする場合は「Stable Beta」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(bootracer_free.zip)を解凍し、セットアップファイル(BootRacerSetup.exe)からインストールします。

使い方

日本語化手順

本ソフトを起動し、メイン画面右の メニュー ⇒「Language」⇒「Japan」とクリックすると、日本語表記に変わります。
メニューから「Language」⇒「Japan」とクリックして日本語化

メニューから「Language」⇒「Japan」とクリックして日本語化



起動時間を測定する

Windows の起動時間を測定するソフトです。

フルブート時間を測定する
フルブート時間(= Windows の総起動時間)を測定します。
  1. メイン画面左の「1 起動時間テスト」ボタンをクリックします。
    「1 起動時間テスト」をクリック

    「1 起動時間テスト」をクリック

  2. 「スタートアップ制御」画面が表示されます。
    テスト開始 ボタンをクリックします。
    スタートアップ制御画面から「フル起動テストの実行」右の「テスト開始」ボタンをクリック

    スタートアップ制御画面から「フル起動テストの実行」右の「テスト開始」ボタンをクリック

  3. 「PC を再起動します。よろしいですか?」ウィンドウが表示されるので、「はい」ボタンをクリックすると Windows を再起動します。
    PC の再起動確認

    PC の再起動確認

  4. Windows を再起動すると、Windows の起動時間を測定、分析します。
    しばらくするとデスクトップ右下に測定結果が表示されます。
    PC 再起動後にデスクトップ右下に測定結果を表示

    PC 再起動後にデスクトップ右下に測定結果を表示

  5. 詳細 ボタンをクリックすると、メイン画面にデスクトップ表示までの時間や起動時間の傾向などを確認できます。
    • プレブート
    • Windows ブート
    • パスワード タイムアウト
    • デスクトップ
    メイン画面に結果の詳細を表示 - 「2 クリーン起動テスト」をクリック

    メイン画面に結果の詳細を表示 - 「2 クリーン起動テスト」をクリック


クリーンテストを実行する
  1. フルブート時間を測定するとメイン画面左の「1 起動時間テスト」が「2 クリーン起動テスト」に変わっているので、その「クリーン起動テスト」をクリックします。
  2. 「スタートアップ制御」画面が表示されます。
    「クリーンテスト実行」横の テスト開始 ボタンをクリックします。
    スタートアップ制御画面から「クリーンテストの実行」右の「テスト開始」ボタンをクリック

    スタートアップ制御画面から「クリーンテストの実行」右の「テスト開始」ボタンをクリック

  3. 「PC を再起動します。よろしいですか?」ウィンドウが表示されるので、「はい」ボタンをクリックすると Windows を再起動します。
    PC の再起動確認

    PC の再起動確認

  4. Windows を再起動すると、各スタートアッププログラムについて計測を行います。
    PC 再起動後にデスクトップ右下にスタートアッププログラムの起動時間の測定経過を表示

    PC 再起動後にデスクトップ右下にスタートアッププログラムの起動時間の測定経過を表示

  5. 計測が終わったらスタートメニューからメイン画面を表示させます。
    メイン画面左の「2 クリーン起動テスト」が「3 結果の確認」に変わっているので、その「3 結果の確認」をクリックします。
    メイン画面に結果の詳細を表示 - 「3 結果の確認」をクリック

    メイン画面に結果の詳細を表示 - 「3 結果の確認」をクリック

  6. 「スタートアップ制御」画面が表示され、計測したフルブート時間、クリーン起動時間が表示されます。
    速度低下検出 ボタンをクリックします。
    スタートアップ制御画面から「スタートアップ プログラム時間」右の「速度低下検出」ボタンをクリック

    スタートアップ制御画面から「スタートアップ プログラム時間」右の「速度低下検出」ボタンをクリック

  7. スタートアッププログラムが一覧表示されます。
    各項目の左から順に「プログラム名とパス」、「起動時間」、「日付と時刻」が一覧表示されます。
    スタートアップ制御

    スタートアップ制御


    • 画面右上の エクスポート ボタンをクリックすると、一覧を XLS/HTML/DOC/CSV 形式で保存できます。
    • 各項目左のアイコンをクリックするか、項目をクリックして選択した後 スペース キーを押すと、画面下部にその項目の「開始時間」、「ロード時間」、「パス」が表示されます。
      アイコンクリックか項目を選択してスペースキーを押すとフッターに海自艦やロード時間を表示

      アイコンクリックか項目を選択してスペースキーを押すとフッターに海自艦やロード時間を表示

    • 右クリックメニューから「スタートアッププログラムの制御」をクリックすると、スタートアッププログラムの削除、起動順序の入れ替えができます。
      スタートアップ制御画面

      スタートアップ制御画面


      1. 順序の設定 ボタンをクリックするとプログラムの起動順番を変更できます。
        ↑ をクリックして1つ上の順番へ、↓ をクリックして1つ下の順番へ移動できます。
        元に戻したい日時を選択して <<77-レストア>> ボタンをクリックすると、選択した状態へ戻すことができます。
      2. 順序を変更したら、配置完了 ボタンをクリックします。
      スタートアップ制御画面 - 順序の設定

      スタートアップ制御画面 - 順序の設定


その他の機能

メイン画面内から次の機能を利用できます。
  • 時間短縮!
    「時間短縮!」をクリックすると、「コンピュータの高速化」画面が表示されます。
    • マルウェアの除去
      ブラウザーで同社のシェアウェアのマルウェア対策ソフトの紹介ページ(英語)へ移動します。
    • スタートアップ制御
      スタートアッププログラムの実行、情報表示、削除、起動順序変更などを行える「スタートアップ制御」画面を表示します。
    • Ultimate Services オプティマイザー
      プレミアム機能の紹介画面が表示されます。
      プレミアム機能の紹介

      プレミアム機能の紹介

    • Protect Privacy and Boost PC Speed using Quick Tweak
      PC の起動をすばやく高速化する「Quick Tweak」画面を開きます。
      「Start Tweaking」ボタンをクリックします。
      「Quick Tweak」画面 - 「Dashboard」タブ画面 - プレミアム機能のみ

      「Quick Tweak」画面 - 「Dashboard」タブ画面 - プレミアム機能のみ


      「Tweaking」タブ画面が表示されて PC を高速化するためのこうもくの ON/OFF 画面が表示されますが、プレミアム機能限定で ON/OFF の調整可能です。
      ※ 無料版では調整できません。
      「Quick Tweak」画面 - 「Tweaking」タブ画面 - プレミアム機能のみ

      「Quick Tweak」画面 - 「Tweaking」タブ画面 - プレミアム機能のみ

    メイン画面 - 「時間短縮!」

    メイン画面 - 「時間短縮!」

  • スタートアップ制御
    スタートアッププログラムの実行、情報表示、削除、起動順序変更などを行える「スタートアップ制御」画面を表示します。
  • 履歴
    • 起動時間の履歴
      Windows の起動時間の履歴を表示します。
      アイコンクリックか項目を選択してスペースキーを押すとフッターに海自艦やロード時間を表示

      アイコンクリックか項目を選択してスペースキーを押すとフッターに海自艦やロード時間を表示

    • 実行したスタートアップ プログラムの履歴
      スタートアップ制御画面が表示されます。
      「履歴」⇒「起動時間の履歴」

      「履歴」⇒「起動時間の履歴」

  • コンテスト
    起動が最も早いコンピュータを決めるコンテストに参加できます。
    コンテストへの参加

    コンテストへの参加


更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 9.06.2023.1220
(2023/12/20)
  • 新機能: スタートアップ プログラム用のカスタムブロック フィルターの導入。
    この機能を使用すると、ユーザーは特定の条件を設定して、起動時に特定のプログラムの実行をブロックできます。
    ブロック フィルターは、ファイル パスを頻繁に変更するプログラムを扱う場合に特に役立ちます。

Version 9.06.2023.922
(2023/09/22)
  • QuickTweakの問題を修正しました。

Version 9.05.2023.830
(2023/08/30)
  • プログラムの速度と安定性が向上しました。
  • 互換性の問題を修正しました。
  • ローカリゼーションを更新しました。

ユーザーレビュー

  • コメント

    新Ver.8.0.2021.0126 を試用してみた

    Gonbe
    Gonbe
    1,343
    Windows 10

    新Ver.8.0.2021.0126 を試用してみた。
    このVer. には、「QuickTweak」というユーティリティが追加されています。
    どうやら「プライバシー保護」と「PC高速化」の機能が含まれている模様。
    なお、このユーティリティについては、何故か日本語化が出来ませんでした。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    【追記あり】「SSD」に換装後「クリーンインストール」(07/29)をし、私が…

    緩やかに
    緩やかに
    170
    Windows 10

    「SSD」に換装後「クリーンインストール」(07/29)をし、私が必要としない「Win10Ver.1803,デフォルトソフト」を”極力”アンインストール『Unchecky』と
    本ソフト『BootRacer』をインストール後、通常シャットダウン>再度電源ON、で何と「9.9秒台」(2回)をマークしたが、
    「いやいや流石にそれは今だけ」と思い現在の「累積KB」更新&厳選したFreeソフトを
    「インストール」したら「23~25秒台」に落ち着いた。

    ■今までは携帯のストップウォッチ(電源on>デスクトップ表示)で計測してたが、
    本ソフトは「パスワードタイム」カット&「ユーザーが操作出来る」まで正確にカウント
    されるのと、スタートUpを遅くしてるソフトを提示してくれるので目安となり、
    良いと思います。

    ※直、余談ですが私のPcは「ブルーレイ」使用ですが、BD-RW>ブートメニュー
    (英文,DVD・・・表示)で読み込み出来ず、「インストール」不可で、再度「USB」で
    「インストールメディア」を作成し、「インストール」しました。


    訂正:始めに『Unchecky』『CCleaner』インストール&
    『Windows 10 App Remover』V1.2
    (日本語非対応インストール不要)というFreeソフトで
    「Win10デフォルトソフト」を削除し『BootRacer』をインストール計測
    致しましたことを、付け加えさせていただきます。


    『Bootrace』7.60.0.560が更新され
    Desktop表示後 Englishのロゴ?が「スタイリッシュ」で
    気に入りました。

    ■日本語のDLサイトで5秒以内に始まらない場合は下記
    http://www.greatissoftware.com/bootracer_free_jap.zip
    反映無URL、DL開始します。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    現在のVer.7.1は、以前のVer.6.5と比較すると、目覚まし…

    Gonbe
    Gonbe
    1,343
    Windows 10

    現在のVer.7.1は、以前のVer.6.5と比較すると、目覚ましく機能向上しています。
    本ソフトの特長は、ログオンまでの時間と起動全体の所要時間が測定できること。
    ここで、ログオンまでの時間とは、ユーザーが操作可能になるまでの時間であり、
    この時点では、未だバックグラウンドでPC起動処理が行われています。
    そして、起動全体の所要時間とは、バックグラウンドでの処理が終わり、CPUが
    完全に解放されるまでの時間ということです。
    本ソフトは、タスクトレイにアイコン表示されず、最低限リソースで動作します。
    また、Ver.6.5で追加されたスタートアップ制御が高精度な診断をしてくれます。
    私のPCは約21秒で起動しますが、ハイバネーションの効果が大きいと思います。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

BootRacer に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)