クリップボードにコピーされているテキストデータを20個まで保存して利用できるソフト

ClipAT20 のアイコン

ClipAT20

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows Me/2000/XP
バージョン:
2.70(2010/02/23)

Ctrl + Shift キーでクリップボードデータ一覧を呼び出し、キーを押したまま AT キーを押すことで対応するデータをクリップボードに転送できます。
一度に複数のテキストデータを繰り返し使う場合に便利です。

提供元:
タスカルヌマデン

ClipAT20 の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした自己解凍形式ファイル(ClipAT20Ver270.exe)を展開し、ClipAT20.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

更新履歴

Version 2.70
(2010/02/23)
  • 不具合の修正
  • クリップボードのクリアボタンを設けました。
  • クリップボードが空の時はタイトルバーを表示しないようにしました。
  • タイトルバーにテキストボックスのA~Tを表示するようにしました。

Version 2.63
  • 不具合の修正

Version 2.62
  • 不具合の修正
  • クリップボード履歴が登録されなくなったときはCtrl+Shiftで復活するようにしました。
  • 取説更新

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?