ファイルを比較し、同一か異なっているかを判定するソフト

CompFile のアイコン

CompFile

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
1.640(2022/03/25)

2つのファイルを比較し、同一のファイルか異なっているファイルかを判定するソフトです。
どこがどのように違うのかなどの詳細を調べることはしないため、瞬時に結果がわかります。
ネット上からダウンロードするファイルが同じものか違うものなのかをすぐに判断したい場合などに便利です。
ファイルをドラッグ&ドロップするか、ファイルパスを貼り付けるなどして比較します。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

CompFile の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(CompFile.zip)を解凍し、CompFile.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
CompFile - メイン画面

CompFile - メイン画面


同じ内容のファイルをドラッグ&ドロップすると、「同一ファイルです。」と表示されます。
「同一ファイル」ウィンドウ

「同一ファイル」ウィンドウ

同一ファイルと判定

同一ファイルと判定


異なる内容のファイルをドラッグ&ドロップすると、「相違ファイルです。」と表示されます。
「相違ファイル」ウィンドウ

「相違ファイル」ウィンドウ

相違ファイルと判定

相違ファイルと判定



メニューバーの操作

  • File
    比較したいファイルを一つずつ選択します。
  • Reset
    ファイルの選択をリセットし、ファイルパスの表示を消去します。
  • Paste
    クリップボードにコピーしてあるファイルパスを貼り付けます。
  • Not
    クリックすると表示が「Top」に変わり、最前面に固定表示されます。
    「Top」をクリックすると表示が「Not」に戻り、最前面の固定表示が解除されます。
  • About
    About 画面を表示します。
  • Exit
    本ソフトを終了します。

更新履歴

Version 1.640
(2022/03/25)
  • 使用した後 リソースがクリアーされない事が有るのを修正しました。
  • 内部的に動作をやり取りするメッセージポストが機能をしたり表示を変えたりする ウィンドウズメッセージに 係らない様に順序正しく廻る様にして 長い時間 確認している時の表示と動作の安定性を上げました。

Version 1.600
(2020/09/25)
  • マルチモニター環境に対応しました。
  • メッセージ表示にアイコンを入れるようにしました。
  • 基本的な操作は IME を使用した入力は無いので IME は使用しない宣言をして常駐メモリー量を減らしました。

Version 1.500
(2019/12/05)
  • メッセージボックスは API のままでは常に画面の中央に位置して違和感が出るので 意味の解りやすい 見やすい 位置に移動して表示する様にしました。
  • 内部で使用するタイマーが続いてしまうのを必ず切るようにして無駄を無くしました。

フィードバック


※ 本ソフトは hagemage 様のご投稿を参考に掲載させていただきました(掲載日:2020年11月9日)。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?