外付け HDD、USB メモリーにも対応した、Mac 版で実績のあるデータ復元ソフト

Disk Drill のアイコン

Disk Drill

  • 海外
  • 日本語○

ダウンロードアップグレード

※ 上位版:Disk Drill 5 Pro

対応OS:
Windows 10/11 (64bit), Windows Server 2016/2019/2022, macOS 10.15/11/12/13
バージョン:
5.4.844(2024/01/06)
価格:
無料

白衣を着た男性のキャラクターがデータを復旧させてくれそうな、ファイル/フォルダーの復元ソフトです。
Windows 内部ディスクや、外付け HDD、USB メモリー、iPod、SD カードなどの外部メディアにも対応。
ファイルシステムは Windows 標準の FAT / exFAT / NTFS だけでなく、Mac の HTFS+、Linux の EXT2/3/4 もサポートしています。
クイックスキャン、ディープスキャンを用意し、必要なデータが見つかるまで徹底的なスキャンが可能。
見つかったファイルをプレビューして、必要なファイルのみ復元できます。
スキャンを途中で中断して再開できるレジューム機能を備えているほか、ドライブをイメージファイル(DMG / IMG / ISO)として保存できます。

提供元:
※ 無料版では、最大容量 500MB まで、かつ累積 500MB までという制限があります。

Disk Drill 5 の紹介(英語)

Disk Drill の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac の場合は提供元サイトの Mac 版ページからダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(disk-drill-win.exe)からインストールします。

使い方

データを復元する

  1. 対象にしたいドライブをクリックして選択し、画面右にある「消失データの検索」ボタンをクリックするとスキャンを開始します。
    ※ 画面右の「すべての復元メソッド」ボタンをクリックして、クイックスキャン、ディープスキャンなどのスキャン方法を選択することも可能です。
    DiskDrill - メイン画面

    DiskDrill - メイン画面

  2. スキャン中の状態が表示されます。
    画面右上の「見つかったアイテムのレビュー」ボタンをクリックします。
    スキャン中

    スキャン中

  3. 画面左にカテゴリー、画面右に検出ファイルをフォルダーの階層構造で表示します。
    スキャン結果の表示

    スキャン結果の表示



    カテゴリー
    • Windows(すべてのファイル)
    • 写真
    • ビデオ
    • オーディオ
    • 文書
    • アーカイブ(圧縮ファイル)
    • その他

    フィルター
    • ファイルサイズ
      0KB ~ 4GBの間でサイズ指定
    • 削除してからの経過時間
      すべて、または 1day ~ 2years の間で日時指定

    プレビュー表示
    各項目にマウスカーソルを乗せたときに表示される プレビューパネルを表示/非表示 をクリックすると、ファイルをプレビュー表示できます。
    プレビュー表示

    プレビュー表示



    復元する
    目的のファイルにチェックを入れ、画面下部の「復元」ボタンをクリックすると復元を行います。

イメージを作成する

ディスクイメージ、パーティションイメージを作成できます。
  1. メイン画面のドライブ横にある「他のツール」項目下の「ドライブ バックアップ」をクリックします。
  2. 「バックアップしたいパーティションを選択」画面が表示されます。
    ディスクまたはパーティションにチェックを入れ、画面右上の「バイトツーバイトバックアップ」ボタンをクリックします。
    ドライブ バックアップ(ディスクイメージの作成)

    ドライブ バックアップ(ディスクイメージの作成)

  3. 「バイト単位のディスクイメージにバックアップ」ウィンドウが表示されます。
    保存形式を DMG/ISO から選択し、フォーマット等を選択して「OK」ボタンをクリックして保存します。

ディスクイメージの読み込み
ディスクイメージの読み込みにも対応しており、読み込んだイメージからデータを復元できます。
画面左上の メニュー をクリックし、「ディスクイメージを追加」をクリックしてイメージファイルを読み込むことができます。
対応フォーマットは次の通り。
  • Apple disk images (*.dmg)
  • Raw disk images (*.raw)
  • Forensic DD images (*.dd)
  • Sector - by sector disk images (*.img)
  • Uncompressed disk images (*.iso)
  • Byte - to byte disk images (*.dsk)
  • Generic disk images (*.bin)
  • Legacy binary images (*.dat)
  • Virtual VMware disks (*.vmdk)
  • 仮想ディスク ファイル (*.vhd)
  • 仮想ディスク ファイル (*.vhdx)

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 5.3.844
(2024/01/06)
  • 新しい
    • ドライブを整理整頓した状態に保つクリーンアップ モジュールの紹介
    • Disk Drill のアイコンとビジュアルの新しい外観
    • SMART モニタリング モジュールの大幅なアップデート: AMD RAIDXpert2、Intel VROC、JMicron USB RAID、Sandisk/WD CloudSpeed Gen II SSD、およびその他の 16 デバイスのサポートを追加
    • Disk Drill のディープ スキャンでは、MBS (Opera Mailbox File)、Notes Template Facility (NTF) ファイル、EML (電子メール形式またはプレーン テキストで保存された電子メール) ファイルを回復できるようになりました。
  • 改善点
    • SMART の詳細がデフォルトでディスクの ID に従って並べ替えられるようになりました
    • Disk Drill のインストール プロセスにはいくつかの微妙な改善が加えられています
    • HEX ビュー操作がより高速に処理されるようになりました。
    • Disk Drill のインターフェース全体のインターフェースとメニューの修正
    • MFT (マスター ファイル テーブル) が破損した NTFS パーティションからのリカバリの向上
    • Disk Drill アップデートのインストールがよりスムーズに
    • Disk Drill のアップデータ ウィンドウのリンクがデフォルトの Web ブラウザで適切に開くようになりました。
    • MBOX、EMLX、EWD、RTF ファイルのディープ スキャンとラベル付けの改善
    • Apple パーティション マップ、GUID パーティション マップ、およびマスター ブート レコード スキームを使用した、暗号化されたおよび暗号化されていない .sparseimage ファイルの検出の向上
    • Apple パーティション マップ、GUID パーティション マップ、マスター ブート レコード スキームによる、暗号化された .dmg ファイルと暗号化されていない .dmg ファイルの検出が向上しました。
    • 標準サイズではない外部参照テーブルを含む PDF ファイルのディープ スキャンが改善されました
    • 暗号化された .sxi、.sxd、.sxc、.sxw ファイル署名のディープ スキャンの改善
    • 暗号化された .odt、.ods、.odp、.odg ファイル署名のディープ スキャンの改善
    • 暗号化された .docx、.xlsx、.pptx ファイル署名のディープ スキャンの改善
    • 暗号化された .xmind ファイル署名のディープ スキャンの改善
    • MacOS MSExcel 2008 で作成された .xls ファイル署名のディープ スキャン検出が改善されました。
    • .ppt ファイルの回復可能性予測の向上
  • 修正
    • ディープ スキャン プロセスが改訂され、マイナーな修正が適用されました
    • クイック スキャンでファイルに使用できない文字のラベルが付けられると軽度のクラッシュが発生する
    • .eml ファイルの署名をスキャンすると時々クラッシュする
    • 特定の .doc ファイルの署名をスキャンすると時々クラッシュする
    • .rtf ファイル署名のディープ スキャン中に例外が発生する
    • 特定の種類のスキャン中の「重複を非表示」メニュー オプションの動作が修正されました
    • リカバリ先の選択時にドライブが切断されるとクラッシュが発生する場合がある
    • ドライブ切断時のスキャン一時停止/停止ボタンの誤った動作を修正しました。
    • 16 進ビュー ウィンドウが開いていて、スキャンされたドライブが切断されたときにランダムにクラッシュする
    • 破損したセッションファイルを開こうとすると時々クラッシュする
    • .flac ファイル署名のディープ スキャン検出時にアプリがフリーズする可能性がある
    • 失われた NTFS パーティションの回復中に時折クラッシュする

Version 5.3.826
(2023/07/13)
  • 新規
    • RAID アレイのバックアップが利用可能になりました
    • ディープ スキャンでサポートされる新しいファイル タイプ - Lotus Notes アーカイブ (.nsf)
    • macOS コンピュータ上で作成された Apple RAID 0/1/JBOD のリカバリがサポートされるようになりました
    • スキャン結果リストのコンテキスト メニューには、便宜上「エクスプローラーで表示」オプションが追加されました。
    • GUID パーティション テーブルと MBR パーティション テーブルの識別が改善され、失われたパーティションを探す際の結果が最大化されます。
  • 改善点
    • スキャンされた RAID アレイの一部のディスクがオフラインの場合、アレイは赤色で強調表示され、すぐに注意を引くことができます。
    • ディスクの 1 つがオフラインの場合の、JBOD 構成を使用した RAID アレイのスキャンが改善されました。
    • 失われたパーティションを探すときのインターフェイスのパフォーマンスが向上しました。
    • スキャン結果のフィルタリングが 35 ~ 50% 高速になりました
    • スキャン結果を検索する際のパフォーマンスの向上
    • 元の変更日を正しく復元できない場合に備えて、見つかったファイルの処理を改善しました。
  • 修正
    • スキャン結果のコンテキスト メニューの 16 進ビュー オプションが無効になる場合がある
    • スキャン結果のスクロール動作が正しくない
    • Hex View ウィンドウを最大化すると不具合が発生する
    • オフライン スキャン セッションでのスペース キーの不具合によるスキャン結果の選択
    • ディスクの切断と再接続中にクラッシュが発生する
    • ディスクの再スキャン中にアプリを閉じるとクラッシュが発生する
    • Disk Drill が終了後もバックグラウンドでアクティブなままになることがある

Version 5.2.817
(2023/05/15)
  • 新規
    ・グローバル スキャン ETA インジケーターを追加しました。以前は、ディープ スキャンのみに推定時間が表示されていましたが、最初からプロセス全体にかかる推定時間が確認できるようになりました。
    ・新しいフィルターを使用してスキャン結果内の重複ファイルを非表示にします
    ・データ損失前のファイルの構造に関係なく、復元されたすべてのファイルを単一のフォルダーに保存できるようになりました。
    ・ディープ スキャンでサポートされる新しいファイル署名 – GZ、TGZ、ALS、FC (FlipaClip: 2D アニメーション作成アプリ)
    ・Disk Drill 4 で作成されたスキャン セッションは Disk Drill 5 ではサポートされなくなりました
  • 改善点
    ・複数のディスク イメージを同時に Disk Drill に追加してスキャンします
    ・Linux RAID 6 の検出と処理の向上
    ・Windows 記憶域スペース内の BitLocker 暗号化ボリュームの検出の向上
    ・回復されたファイルの回復先にマウス カーソルを置くと、フル パスが表示され、適切なフォルダーを選択できます。
    ・あらゆる種類のコンピュータ モニタ、特に解像度が低いモニタでのファイル プレビュー エクスペリエンスの向上
    ・スキャン結果の日付フィルターの変更
    ・アップデートのチェックメカニズムが最適化されました
    ・右クリック メニューから Windows 記憶域ドライブを読み取り専用から書き込み可能に切り替えることができるようになりました
  • 修正
    ・割り当て解除されたオブジェクトが Disk Drill によって検出された場合の NTFS スキャナの安定性の問題
    ・デバイスが切断され、Disk Drill アプリが閉じられると、時折クラッシュする
    ・全画面アイコンが 16 進ビューに表示されない
    ・Disk Drill ウィンドウを最大化して元の位置に戻すと、ウィンドウがずれてしまう
    ・オフラインアクティベーション中の軽微な不具合
    ・プレビューされたファイルがリカバリ リストに追加されると、切り離されたファイルのプレビュー ウィンドウがバックグラウンドで隠れてしまう問題を修正しました。
    ・選択した回復確率フィルターがデフォルトにリセットされない
    ・[非表示のシステム ファイルを表示] および [重複を非表示] フィルターのリセット動作が正しくない
    ・スキャン ソースを選択した後でも、ディスク イメージのスキャン ツールチップが表示されたままでした (障害のある Windows 記憶域スペース ドライブでのみ発生しました)
    ・プレビュー画像が拡大縮小された場合、切り離されたプレビュー ウィンドウの動作が正しくない
    ・コンピュータが再起動または電源オフになった場合、スキャンされたディスクが読み取り専用モードに切り替わる問題
    ・見つかったファイルの合計サイズが誤って検出されると、クラッシュが発生する場合がありました。

ユーザーレビュー

  • 1

    ファイル検索にはしっかりファイルが表示されて、これはいけると思い

    nekonekokoneko
    nekonekokoneko
    投稿数: 2件
    Mac

    ファイル検索にはしっかりファイルが表示されて、これはいけると思い
    期待しながら購入し、いざ復旧と思いきや。。。。。

    復旧されたファイルは全く開かずでした。
    気になってファイルをエディターでチェックしてみたところ、ファイルの中身は全て
    00で埋め尽くされていました。
    そりゃぁ、再生できるわけないわなぁ〜という感じです。

    indexを読み込むところまでは順調だったんですが、復旧する能力は無いと判断。
    返金はできないので、泣き寝入りです。

    ここを見ている人に忠告しておきます。
    まず、復旧対象のハードディスクは早急に本体から外してください。
    なにも書き込んでいないから大丈夫と思ったら大間違いです。
    OSは勝手にデータを追記します、例えばSpotlightのインデックス情報などです。

    それで、一呼吸置いて、冷静になって復旧作業に取り掛かってください。
    復旧ソフトで迷っているうちは、特定のソフトで復旧するなんてことは絶対避けてください、
    知らない間にデーターが上書きさてて、本当にデーターが復旧できなくなります。

    ダミーのHDDを用意して、一通りアプリを試してみると良いと思います。
    多分ここで、おすすめのアプリとか書くと、ステマとか思われるので書きませんが
    フリーのものや、安いものでも優秀なものがたくさんあります。

    そのうち、目が肥えてきて、ソフトの優劣がわかるようになってきます。
    アプリのサイトがどれだけ真剣にソフトを開発しているかは、サイトやマニュアルで
    技術的な説明がしっかりされているかを見ればわかります。

    ここを見た方が同じ悔しい思いをしないために、記載しました。

    10人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    外付けHDDが不具合を起し、PCに認識されなくなりデーター復元のた…

    yamamusa
    yamamusa
    投稿数: 1件
    Windows 10

    外付けHDDが不具合を起し、PCに認識されなくなりデーター復元のために購入。Wondershare RecoveritやEaseUS Data Recovery Wizard Pro 13.3を購入しましたがどちらも時間がかかるのと、データー復旧が芳しくなく、評価も良かったので望みをかけてDisk Drill 4 Proを購入しましたが、時間ばかりかかり復元結果も他のソフトと変わりがない状況です。最大の欠点は時間がかかりすぎることと、復元対応拡張子が少ないことです。
    幸、素晴らしいデーター復元ソフトを見つけることが出来ました。
    そのソフトは、これら3つのソフトが一晩かかっても復元出来なかったデーターを短時間(7時間ぐらい)で物の見事に復元してくれました。
    値段も変わりません、皆さんこのようなソフトを購入しない方がよろしいかと思います。

    12人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    まったく使えない

    drichin
    drichin
    投稿数: 1件
    Windows 10

    まったく使えない。
    HDD20台テストしてみた。
    1台も復元、読み込みができない。
    おそらく何十台に一台くらいは復元できるかもしれないが、
    とりあえずそのあたりのソフトウェアとなんら性能は変わらない。
    高いだけ。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Disk Drill に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 5 件)