iPhone / iPad のGPS位置情報を変更するソフト

EaseUS MobiAnyGo のアイコン

EaseUS MobiAnyGo
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10

iOS デバイス(iPhone / iPad)のGPS位置情報を変更するソフトです。
USBケーブルで iOS デバイスを接続し、本ソフトで移動したい位置を指定するだけで、現在地を変更できます。
移動速度を指定して徒歩/自転車/自動車で移動しているかのようにGPSを移動させるモードも用意されています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはシェアウェアですが、無料で試用できます。体験版では、テレポートモード、2か所モード、マルチスポットモードを各2回利用できます。

EaseUS MobiAnyGo の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(mobianygo_trial_installer.exe)からインストールします。

使い方

GPSを変更する

テレポートモードを利用してGPSの位置を変更します。
※ 本ソフト起動時の状態で、画面右上の テレポートモード が選択されている状態がテレポートモードです。
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    USBケーブルで iOS デバイス(iPhone / iPad)を接続して「スタート」ボタンをクリックします。
    ※ ここでは iPhone を接続したものとします。
  2. 地図が表示され、現在地が表示されます。
  3. 画面をドラッグして移動したり、画面左上の検索ボックスで検索したりして移動したい位置を探し、クリックして ピン を置きます。
    ※ 画面右下の 現在位置 で現在位置に戻る、マウスのホイールでスクロールしたり、ズームイン でズームイン、ズームアウト でズームアウトします。
  4. 「移動」ボタンをクリックすると注意メッセージ(ロケーションベースアプリを閉じてください)が表示されます。
    内容を確認して「OK」ボタンをクリックします。
  5. GPSが変更され、ピンが ピン から 現在地 に変更されます。
  6. iPhone でも位置情報が変更されていることを確認できます。
    iPhone のマップアプリでも移動

実際の現在位置に戻す

本ソフトで移動した位置情報を、実際のリアルな現在位置へ戻します。
  1. 画面右下の リアルなGPS座標に戻ります をクリックします。
  2. 注意メッセージ(ロケーションベースアプリを閉じてください)が表示されます。
    内容を確認して「今すぐ再起動」ボタンをクリックします。
  3. iPhone が再起動し、GPSの位置情報がリアルの現在地に戻ります。

移動スピードを指定してGPSを変更する

画面右上の 2か所モード をクリックすると、2か所モードになります。
テレポートモード同様に移動したい行き先をクリックして ピン を立てた後、画面左のメニューで移動スピードをスライダーを動かして指定できます。

複数個所を移動するようにGPSを変更する

画面右上の マルチスポットモード をクリックすると、マルチスポットモードになります。
移動したい行き先をクリックしていくと、移動ルートが表示されます。
2か所モード同様に、画面左のメニューで移動スピードをスライダーを動かして指定できます。
お気に入りの位置/ルート を利用するとルートを記憶できますが、体験版では利用できません。

地図の表示を変更する

画面右下の マップスキンを変換 をクリックして、4パターンの地図(デフォルト、ライトカラー、ダークカラー、航空写真)から地図の表示を変更できます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?