タブレットやスマートフォン画面をマルチディスプレイとして活用できるソフト

spacedesk のアイコン

spacedesk
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 8.1/10
バージョン:
Beta III v0.9.70(2020/11/09)

PC、タブレット、スマートフォンの画面をマルチディスプレイの画面として利用できるようにするソフトです。
Windows PCの画面をもう少しだけ画面を広くしたい場合に、スマートフォン(iPhone / Android)やタブレット(iPad / Andoird タブレット)をマルチディスプレイの拡張画面として利用できるので、今は使っていない少し古いデバイスを再活用させることも可能です。
使い方はソフトやアプリをインストールするだけと、トラブルさえなければ比較的簡単に利用できます。

提供元:

spacedesk demo

spacedesk の使い方

ダウンロード

サーバー側
操作する側のメインPC用のソフトをダウンロードします。
  1. 提供元サイトへアクセスし、「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリックします。
  2. 「DOWNLOAD」項目へスクロールするので、「SPACEDESK DRIVER SOFTWARE FOR WINDOWS PRIMARY PC (SERVER)」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ インストール途中の「Add an exception to the Windows firewall for spacedesk(spacedesk を Windows ファイアウォールの例外に追加する)」はチェックを入れたままにしておきます。

セカンダリ側
ディスプレイとして利用する側のソフト/アプリをダウンロードします。
提供元サイトのサーバー側ソフトから下へスクロールし、「SPACEDESK VIEWER SOFTWARE FOR SECONDARY MACHINE (CLIENT)」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトをインストールすると自動で起動します。
セカンダリ側でソフト/アプリを起動して接続します。
接続すると、マルチディスプレイのように利用できます。
PCやスマートフォンをマルチディスプレイとして利用

ディスプレイ設定からディスプレイの位置を変更することで快適に利用できるようになります。
※ ディスプレイ設定は、デスクトップの右クリックメニューから「ディスプレイ設定」をクリックして表示できます(Windows 10の場合)。

設定画面

タスクトレイicon アイコンをクリックすると設定画面が表示されます。
spacedesk - 設定画面

画面上部に次の項目が表示されます。
  • Computer
    PCのコンピューター名。
  • Status
    ステータスです。
    ONの場合は本ソフトが有効、OFFの場合は本ソフトが無効です。
  • Conections
    PCに接続しているデバイスの数です。

画面下部については次の通りです。

「Network Interfaces (local)」タブ
PCのネットワークとIPアドレスが表示されます。

「Network Interfaces (remote)」タブ
接続しているデバイス情報が表示されます。
  • Machine Name IPAddress:Port
    デバイスの名称、IPアドレス、ポート番号。
  • Client
    接続クライアント名。
  • Desktop
    画面表示方法。
    • attached (extend) … 拡張表示
    • attached (mirror) … 複製表示
接続しているデバイスを表示


本ソフトを無効にする
本ソフトを無効にすることで、他のデバイスをまとめて切断できます。
設定画面の「…」ボタンをクリックし、「OFF」をクリックすると本ソフトが無効になり、他のデバイスをすべて切断できます。
※ もう一度「…」ボタンをクリックして「ON」をクリックすると、本ソフトが有効になります。
ディスプレイ接続を無効にする


また、「…」ボタンをクリックして表示される「Display Settings」をクリックすると、Windows のディスプレイ設定画面が表示されます。

その他

VMware Workstation Player などの仮想マシンをインストールしている場合、正常に動作しない可能性があります。
※ アンインストールするなどすると正常に動作する場合があります。

更新履歴

Version Beta III v0.9.70 (2020/11/09)
  • -

Version Beta III v0.9.69 (2020/10/28)
  • -

Version Beta III v0.9.68 (2020/10/22)
  • -

※ 本ソフトは TranslucentFoxHuman 様 のご推薦により掲載させていただきました(掲載日:2020年4月07日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    在宅勤務が導入されて、会社支給のWindows10のノートPCをメ…

    ishinno_co
    ishinno_co
    投稿数: 1件
    Windows 10

    在宅勤務が導入されて、会社支給のWindows10のノートPCをメイン、自宅で使わなくなったWindows7のノートPCをサブモニターとして接続しています。
    サブモニター側は単独のアプリとして起動するので、フルスクリーンでなくても縮小表示すれば、通常通り2台のパソコンとして使用できます。
    少々タイムラグはありますが、資料の表示で程度であれば実用上の問題はありません。
    私のケースでは、無線LANは会社のネットワーク、有線LANはサブモニターと接続しているので、Windows7のセキュリティーのリスクも低減できていると思います。
    teamsなどのネットミーティングでも、2画面あれば、資料が見れるので助かります。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    こういったリアルな複数のデスクトップの使い道は、仮想デスクトップの…

    Real_D
    Real_D
    投稿数: 1件
    Windows 10

    こういったリアルな複数のデスクトップの使い道は、仮想デスクトップの用途とはまったく別物だと思います。自分はデュアルディスプレイにプラスして、8インチUSB接続ミニモニターを使っていますが、このソフトでも同じような使い方ができると思います。

    描画の遅延や、表示が小さくても気にならないタイル型のランチャやブックマーク管理ソフト、KeePass2 などがアプリ起動時にミニモニターに来るようにしています。前回起動時のウィンドウの状態を記憶できないソフトは、ウィンドウ位置記憶ソフトでは無理っぽいので、UWSC で自動化して一発でミニモニターに移動できるようにしてます。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】私も余っていたたブレットPCがあったので、こちらを利用しています

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 379件
    Windows 10

    私も余っていたたブレットPCがあったので、こちらを利用しています。
    デュアルディスプレイというと、基本的にグラボと2台以上のディスプレイを繋いで…というのが一般的ですが、これはローカルWifiで繋いでデュアルディスプレイ化する方法です。
    勿論、USB接続でも可能のようですが、調べてみると結局、Wifiを介してUSB接続しているようですので、それですとあまりUSB接続する必要がありませんね。

    デュアルディスプレイ化する事で、作業性が向上するとよく言われますが、私も当初は必要性があるのか疑問に思う一人でした。
    実際にやってみると、非常にわかります。
    例えば、デュアルディスプレイ化したタブレットPCは大元の資料などを表示させておきながら、PC側(メイン画面)で新しい資料を作成するなどする作業用にすると、一々タブをクリックするなどして画面を変える必要がなくなります(目の移動だけ)ので、また、大元の資料からデータをコピーする時も、タブレットPC側の必要なデータの位置にマウスポインタを合わせてコピーペーストするだけですので、この様な単純作業でも差が感じる事がわかります。

    利点と欠点(あくまで、私の私見)をあげておきます。
    ■利点
    1.手元にあるスマホやタブレットPCを使用してデュアルディスプレイ化ができる。
    つまり、新しくディスプレイを買う必要がない。
    2.何より無料でできる。
    3.GUIが英語ですので多少煩雑(?)な面がありますが、当サイトの説明で十分接続可能。

    ■欠点
    1.スマホやタブレットPCの画面サイズが小さいので、この点が一番のネックになると思います。設置場所などで、ある程度は対応できますが…
    2.若干のタイムラグを感じる事があります。完璧を求めるユーザには不向きと思います。


    現在、私も漏れずテレコミューティングで仕事をしていますが、資料をタブレットPCに表示させながら、メイン画面をチャットなどに資料して作業しています。
    1画面の場合、一々画面下のタスクバーにマウスポインタを移動させたり、タブを切り替えたりするのでかなり面倒でしたが、このアプリを導入することによって、格段に作業性が向上しました。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

spacedesk に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)