タブレットやスマートフォン画面をマルチディスプレイとして活用できるソフト

spacedesk のアイコン

spacedesk
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 8.1/10
バージョン:
Beta RC v1.0.18(2021/10/08)

PC、タブレット、スマートフォンの画面をマルチディスプレイの画面として利用できるようにするソフトです。
Windows PCの画面をもう少しだけ画面を広くしたい場合に、スマートフォン(iPhone / Android)やタブレット(iPad / Andoird タブレット)をマルチディスプレイの拡張画面として利用できるので、今は使っていない少し古いデバイスを再活用させることも可能です。
使い方はソフトやアプリをインストールするだけと、トラブルさえなければ比較的簡単に利用できます。

提供元:

spacedesk demo

spacedesk の使い方

ダウンロード

サーバー側
操作する側のメインPC用のソフトをダウンロードします。
  1. 提供元サイトへアクセスし、「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリックします。
  2. 「DOWNLOAD」項目へスクロールするので、「SPACEDESK DRIVER SOFTWARE FOR WINDOWS PRIMARY PC (SERVER)」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。
  3. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。
    ※ インストール途中の「Add an exception to the Windows firewall for spacedesk(spacedesk を Windows ファイアウォールの例外に追加する)」はチェックを入れたままにしておきます。

セカンダリ側
ディスプレイとして利用する側のソフト/アプリをダウンロードします。
提供元サイトのサーバー側ソフトから下へスクロールし、「SPACEDESK VIEWER SOFTWARE FOR SECONDARY MACHINE (CLIENT)」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

使い方

基本的な使い方

本ソフトをインストールすると自動で起動します。
セカンダリ側でソフト/アプリを起動して接続します。
接続すると、マルチディスプレイのように利用できます。
PCやスマートフォンをマルチディスプレイとして利用

ディスプレイ設定からディスプレイの位置を変更することで快適に利用できるようになります。
※ ディスプレイ設定は、デスクトップの右クリックメニューから「ディスプレイ設定」をクリックして表示できます(Windows 10の場合)。

設定画面

タスクトレイicon アイコンをクリックすると設定画面が表示されます。
spacedesk - 設定画面

画面上部に次の項目が表示されます。
  • Computer
    PCのコンピューター名。
  • Status
    ステータスです。
    ONの場合は本ソフトが有効、OFFの場合は本ソフトが無効です。
  • Conections
    PCに接続しているデバイスの数です。

画面下部については次の通りです。

「Network Interfaces (local)」タブ
PCのネットワークとIPアドレスが表示されます。

「Network Interfaces (remote)」タブ
接続しているデバイス情報が表示されます。
  • Machine Name IPAddress:Port
    デバイスの名称、IPアドレス、ポート番号。
  • Client
    接続クライアント名。
  • Desktop
    画面表示方法。
    • attached (extend) … 拡張表示
    • attached (mirror) … 複製表示
接続しているデバイスを表示


本ソフトを無効にする
本ソフトを無効にすることで、他のデバイスをまとめて切断できます。
設定画面の「…」ボタンをクリックし、「OFF」をクリックすると本ソフトが無効になり、他のデバイスをすべて切断できます。
※ もう一度「…」ボタンをクリックして「ON」をクリックすると、本ソフトが有効になります。
ディスプレイ接続を無効にする


また、「…」ボタンをクリックして表示される「Display Settings」をクリックすると、Windows のディスプレイ設定画面が表示されます。

その他

VMware Workstation Player などの仮想マシンをインストールしている場合、正常に動作しない可能性があります。
※ アンインストールするなどすると正常に動作する場合があります。

更新履歴

Version Beta RC v1.0.18 (2021/10/08)
  • -

Version Beta RC v1.0.17 (2021/10/01)
  • -

Version Beta RC v1.0.15 (2021/09/21)
  • -

フィードバック


※ 本ソフトは TranslucentFoxHuman 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2020年04月07日)

ユーザーレビュー

  • 4

    【追記あり】あまりそういう発想をする人がいないのかもしれませんが、折角大画面を…

    yastoma
    yastoma
    投稿数: 1件
    Windows 10

    あまりそういう発想をする人がいないのかもしれませんが、折角大画面を搭載しているのに入力ポートのないiMacを、どうにかしてWindowsノートのディスプレイとして使えないかと調べていたところでこのアプリを見つけました。
    macOS用のクライアントアプリもないせいか記事でもほとんどMacについて触れられていませんが、HTML5 Viewerでブラウザで開くことで簡単に実現できますね。
    若干動作が遅いので満点ではありませんが、そのあたりは改良に期待します。


    ブラウザで開いているだけだと、iMac側ディスプレイ内のWindowsを操作し続けていても、操作として認識されないのかスリープがかかってしまいます。
    そこで、caffeinateコマンドを使用して、ブラウザ実行中はスリープさせなくする必要があるようです。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    古iPadを無料でサブディスプレイに出来ます

    片平政男
    片平政男
    投稿数: 1件
    -

    古iPadを無料でサブディスプレイに出来ます。設定も簡単でとても便利です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    Macbook airのユーザーです

    まいずまいず
    まいずまいず
    投稿数: 1件
    Windows 10

    Macbook airのユーザーです。エクセルの作業を依頼され、依頼主とのデータ交換の必要上Win10ノートPCを購入しまた。その流れで、作業性向上のために、Spacedesk HTML5 ViwerでMacbook airをサブディスプレイ化してみました。接続方法については種々の記事がwebにあるのでそれらを参考にしましたが、自分としてはあまりwifiを飛ばしたくないため、Win10とMacbook airをUSBアダプタを使ってイーサーケーブルで直接接続しました。クロスケーブルでなくても特に問題なかったです。ブラウザはChromeが文字の再現性など良好でした。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

spacedesk に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 8 件)