ハードディスク/パーティションをイメージファイルとして丸ごとバックアップできるソフト

EaseUS Todo Backup Free のアイコン

EaseUS Todo Backup Free

ダウンロードアップグレード

上位版:EaseUS Todo Backup Home

対応OS:
Windows XP/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14/10.15
バージョン:
12.0(2019/11/19)

ディスク/パーティション、フォルダー/ファイル、システムをイメージファイルとしてバックアップでき、スケジュール設定による定期的なバックアップにも対応してます。
イメージファイルをマウントして内容を参照できるほか、OneDrive、Dropbox、Google ドライブへのクラウドバックアップ、Windows PE / Linux ブータブルディスクの作成、イメージファイルのエラーチェック機能などもサポートされています。

Free/Home 版の最新バージョン 12.0 では次の内容が改善されています。

  • Windows 10の最新バージョンに対応
  • Office Outlook 2019の最新バージョンに対応
  • バックアップ性能を改善
  • その他の細かな改良点

ビジネス版(Workstation/Server/Advanced Server/Technician 版)の最新バージョン 13.2 では次の内容が改善されています。

  • SQL Server 2019に対応
  • バグ修正
  • ユーザーエクスペリエンスを向上

Mac 版の最新バージョン 3.5.2 では次の内容が改善されています。

  • アクセス不可能なシステムファイルやフォルダーを除外することでバックアップ・アチーブ・同期の質を向上
  • macOS 10.15で重複バックアップの問題を修正
  • 利用可能なディスクボリュームの情報の収集と処理を加速
提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 私的使用の目的または家庭用コンピュータでの使用に限り、無料で利用できます。
※ Free 版でもメールサポートを利用できます。
※ Mac 版に Free 版はありません。

EaseUS Todo Backup Free の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「無料ダウンロード」ボタンをクリックします。
    ※ Mac 版は提供元サイトの Mac 版ページからダウンロードします。Mac 版は Free 版はありません。
  2. メールアドレスを入力して「無料版をダウンロード」ボタンをクリックします。
  3. ダウンロードリンクが表示されるので、リンクをクリックしてダウンロードします。
  4. ダウンロードしたセットアップファイル(tb_free_12.0.exe)からインストールします。

使い方

初期設定

本ソフトを始めて起動すると、ライセンスの入力画面が表示されます。
Free 版を利用する場合は、「後で」ボタンをクリックします。

メニューを展開する

メイン画面左側にメニューアイコンが表示されます。
アイコンをクリックしてバックアップ設定などを行いますが、アイコンのみだと直感的に利用しづらい場合があります。
画面左上の 展開 をクリックすると、メニューが展開され、何のメニューなのかがテキスト表示されます。
メニュークリックで説明テキストを表示


ディスク/パーティションバックアップ

ディスク/パーティションのバックアップを行います。

スケジュール設定
「スケジュール:オフ」をクリックすると、「バックアップ方法」画面が表示されます。
スケジュールを次の中から設定できます。
  • ワンタイムバックアップ(1回のみ)
  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • イベントごと(※ Home 版以上のみ)

バックアップ方法を次の中から設定できます。
  • 完全バックアップ
  • 増分バックアップ
  • 差分バックアップ


バックアップオプション
「バックアップオプション」ボタンをクリックすると、次のオプションを設定できます。
  • スペース(※ Home 版以上のみ)
  • パスワード設定
  • パフォーマンス(優先度、ネットワーク転送速度での調整)を行えます。
  • Eメール通知(※ Home 版以上のみ)
  • カスタムコマンド(※ Home 版以上のみ)
  • オフサイトコピー(※ Home 版以上のみ)
  • ファイル除外(※ Home 版以上のみ)
  • その他(バックアップのファイルセキュリティ設定の保存、など)

イメージの保存設定
イメージファイルの保存期限や保存するイメージ数などの指定が可能です。

※ 上記のスケジュール設定、バックアップオプション、イメージの保存設定は、以下のシステムバックアップ、ファイルバックアップでも設定できる項目となります。

システムバックアップ

Windows システムをバックアップできます。

ファイルバックアップ

任意のファイル、フォルダーを指定してバックアップできます。
画面上部の「種類」をクリックすると、ファイルの種類(ドキュメント、メール、計算書類、音楽、画像、ビデオ、など)を指定できます。

スマートバックアップ

選択したフォルダーが監視状態となり、変更があると自動的にバックアップを行います。
2週間前までのファイルに戻すことができます。
Home 版以上のみ。

ディスク/パーティションクローン

ドライブ、パーティションのクローンを作成します。

システムクローン

システムのクローンを作成します。
Home 版以上のみ。

ツール

メニュー左下の ツール をクリックして次のツールを利用できます。

イメージをチェック
バックアップタスクかバックアップイメージを選択して、イメージファイルのエラーがないかチェックします。

ブータブルディスクの作成
Windows PE または Linux のブータブルディスクを作成します。
このディスクを作成しておくと、Windows が起動しなくなったなどの緊急時に起動用ディスクとして利用でき、データを救出できる場合があります。

データ消去
ディスク/パーティションを復元できないように抹消します。
3~99回の消去回数を指定できます。
Home 版以上のみ。

iSCSIイニシエーター
iSCSI 接続を管理できるツール。

PreOSを有効化
PreOS モードを有効化/無効化できます。
PreOS を有効にして Windows を再起動すると、起動時に 元々の Windows OS か EaseUS Todo Backup Linux のどちらで起動するかを選択できるようになります。
EaseUS Todo Backup Linux で起動すると、ディスク/パーティションのリカバリ、システムリカバリ、ディスククローン、パーティションクローンが可能です(※ 英語のみ)。

製品の種類について

フリー版以外に、次の製品版が用意されています。
Windows 版
  • Todo Backup Free
    個人また家庭用、フリー版。
    無料で利用できる代わりに、メールバックアップ、システムクローンなどの一部機能が制限されています。
  • Todo Backup Home
    個人また家庭用、Todo Backup Free の上位版。
    バックアップ&復元が高速で一部ファイルを除外したバックアップ、異なるPCへのシステム移行にも対応。
  • Todo Backup Workstation
    ビジネス用、クラウドバックアップ、コマンドラインバックアップ、完全/増分/差分/スケジュールバックアップ、異なるPC、仮想PC、VMwareまでシステムを移行、ディスク/パーティションクローン、SSD/HDDまでの移行、MBR/GPTディスク、ハードウェアRAID、UEFI/EFIブートのサポートなどに対応。
  • Todo Backup Server
    ビジネス用、Todo Backup Workstation の上位版。Windows Server 2003/2008/2012 に対応し、PXEネットワークからのリストアに対応。
  • Todo Backup Advanced Server
    ビジネス用、Todo Backup Server の上位版。Exchange Serverのバックアップと復元、SQL Serverのバックアップと復元にも対応。
Mac 版
  • for Mac
    Mac 版。次の機能が用意されています。
    • 完全/増分バックアップ
    • バックアップ暗号化
    • 多種記憶媒体に対応
    • スケジュールバックアップ
    • appデータのテンプレート
    • 快速復元

更新履歴

Todo Backup Free/Home 12.0 (2019/11/19)
  • Windows 10の最新バージョンに対応
  • Office Outlook 2019の最新バージョンに対応
  • バックアップ性能を改善
  • その他の細かな改良点

Todo Backup Workstation/Server/Advanced Server/Technician 13.2 (2020/04/22)
  • SQL Server 2019に対応
  • バグ修正
  • ユーザーエクスペリエンスを向上

Todo Backup for Mac 3.5.2 (2020/05/13)
  • アクセス不可能なシステムファイルやフォルダーを除外することでバックアップ・アチーブ・同期の質を向上
  • macOS 10.15で重複バックアップの問題を修正
  • 利用可能なディスクボリュームの情報の収集と処理を加速
  • バグ修正

ユーザーレビュー

  • 1

    5月中旬にWorld of Tanksっていうネトゲでアップ…

    松ぼっくり
    松ぼっくり
    投稿数: 1件
    Windows 10

    5月中旬にWorld of Tanksっていうネトゲでアップデートが来ていたので、行ってみたらなぜか起動しませんでした。 それで、Wargaming.net Game Centerっていう(SteamとかOriginのようなもの)管理ソフト?に「チェックと修復」という項目があるので、試しても修復できず。

    その2日前にこのソフトのVer12でバックアップを取ってあったので、今までにシステムでもデータでも5~6回は復旧に成功していたこともあって、気軽な気持ちでシステムドライブを巻き戻し(イメージエラーが無いかはチェック済み)。

    が、再起動せず。 3回試してみるもやはり駄目。 そこで、LinuxをUSBメモリから起動して、GPartedで開いてみるとSSDのファイルシステムがNTFSでなくRAWと表示。 Windows10を別のUSBメモリにインストールメディアを作成して、スタートアップ修復を試すと1時間程かかって、NTFSに戻すことには成功するも、boot部が壊れていると表示されやはり起動せず。

    散々ググってコマンドプロンプトで試しても全然駄目。 1週間色々とやっても埒が明かないので、諦めて大っ嫌いなクリーンインスコをすることに。 マイドキュメンツを始め音楽等のデータは別のHDDに保存してあったこともあり、殆どのソフトは最新版をダウンロードし直して、設定を思い出しながら修復に成功。 ゲーム等もオンラインでアカウントとパスワードを入れるだけで元通り。 それ以外のソフトはコツコツと修復中。


    *結論:長々と書きましたが、このソフトでイメージにエラーが無いと表示しているのに、復元に失敗するんじゃ駄目だろ?!

    OS:Windows10Home 64bit 1909
    SSD:SanDisk SDSSDXPS480G

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    HDD 1TB 2パーティションをSSD 250GBへクロー…

    深夜族
    深夜族
    投稿数: 1件
    Windows 10

    HDD 1TB 2パーティションをSSD 250GBへクローンコピーしました。(実データ量は収まるサイズです)
    クローンとシステムクローンの2つ機能がありましたが、無料で使えるクローンを使いました。パーティションもそのままにうまくサイズも調整してくれて、コピーできました。(コピー後に1パーティションにしました)

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    ver12

    sasisu
    sasisu
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ver12
    わずか150GBHDのクローンを作ったが少し作成時間が遅い気がします FREEだから止む負えないかも知れないが。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

EaseUS Todo Backup Free に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 79 件)